ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハヤブサ


ヨミ: ハヤブサ
掲示板をミル!
15カキコ!

ハヤブサ()とは、タカハヤブサハヤブサ科ハヤブサ属に属する鳥類のことである。狭義にはそのうちの一種Falco peregrinusのみを言う。

その他曖昧さ回避は「はやぶさ」の記事にて行う。


概要


雌雄共に40cm以上の全長を持つ中猛禽類ヨーロッパの全域を含め世界各地に分布しており、日本でも少数ではあるが生育している。

冒頭で述べたFalco peregrinus一種の中にも複数の亜種が存在しているが、そのいずれも総じて「ハヤブサ」と呼べる。しかし日本に生息する亜種Falco peregrinus japonensisのみを単に「ハヤブサ」と呼んで他の亜種を呼び分けることもある。

なお日本でみられる他のハヤブサ属ののうち例えばシロハヤブサFalco rusticolusやチゴハヤブサFalco subbuteoなどは、種小名がperegrinusでないことからもわかるようにハヤブサFalco peregrinus亜種ではなく別の独立した種である。ただしこれらもハヤブサ属Falcoには属しているため、広義の「ハヤブサ」ではある。


最大の特徴はその飛翔スピードである。現存生物で最速といわれるその速度は降下時には時速300km以上に達し、上から戦闘機のように小・中鳥類に襲い掛かる。視人間の約10倍。

ではその高いハンティングから狩によく使用されていた。


片方が死ぬまで同じつがいですごし、獲物を狙いやすい開けた付近の岩場などで繁殖を行う。巣材などは使用せずには地面に直置きし、2個から4個程度のを産む。抱はメスがに行うがオスもそれをよく手伝い、交代交代で行っていることも多い。
繁殖期はよりちょっと前である。恐らく渡り鳥が生まれる頃に多く通りがかるため、に餌を与えやすい環境に合わせているからだと言われている。


非常に警心が強く人前には滅多に出て来ないため、日本では野生の姿を撃することがやや難しいになりつつある。いくつかの動物園では飼育・開されているため、見てみたい場合はそれらを訪問してみるのもよいかもしれない(この記事最下部の「関連リンク」参照)。


長らくは見たからタカとされていたが、DNA鑑定の結果、単独のハヤブサに分類されている猛禽類(どちらかというとスズメオウムに近い)。


関連動画



■sm6397145[ニコ動]

■sm7655706[ニコ動]


関連商品


■azB001KWX92I
■az4924603856


関連項目



関連リンク



最終更新日: 18/03/25 20:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ