ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハリアー


ヨミ: ハリアー
掲示板をミル!
41カキコ!

ハリアー(harrier)とは、英語の動詞「harry」(追い立てる、急かす、苦しめる、襲撃する)に「~する者」と言う意味の接尾辞「er」を付けた英単である。その意味合いから、食の、猟戦闘機などの名として使われている。

  1. 猛禽類「沢鵟(チュウヒ)」の類、学名「Circusキルクス)」の英名。以下の2.および3.はこのの名に由来する。
  2. イギリスのホーカーシドレー社開発のV/STOL戦闘機
  3. トヨタが販売する乗用車トヨタ・ハリアー
  4. 種の一つ。フォックスハウンドを小化したような、あるいはビーグルを大化したような見たの猟
  5. 南アフリカ共和国で製造されているウイスキーの銘柄。上記4.に由来する。

す。ここでは2.のV/STOL戦闘機ハリアー、及びシーハリアー、ハリアー2について説明する。


ハリアー(戦闘機)


戦後世界垂直離着陸機(VTOL)の開発が始まったものの、機体を垂直に着陸させるか、それともエンジンを二つ積むという方法がもっぱらで大成するものはなかった。
ほんの時々変態…もとい奇抜なアイデアをものにする英国で、推偏向エンジンアイデアが生まれたのがハリアーの始まりである。原機のP.1127は1960年完成しホバリングに成功。その後、実験機のケストレルが作られテストが行われた結果、1966年にハリアーGR.1が誕生した。

ハリアーが実用化されたことによりイギリス海軍向けのシーハリアーも作られることになる。

一方、滑走路を必要としない、あるいは短距離でよいという利点にをつけたアメリカ海兵隊海兵隊向けのAV-8Aハリアーを作ることになる。その後イギリス軍がAV-8BハリアーをハリアーGR.5として導入と、いささか複雑な経緯をたどることになる。その後、スペイン軍向けの「マタドール」などが作られた。またイタリアインドにも輸出されている。

80年代、後述するフォークランド紛争の活躍もあり、日本海上自衛隊が軽空母導入計画を内々で進めていたときの搭載機としてハリアー導入が検討されたことがあるとかないとか(当時、護衛艦に搭載するスカイフックなんつーイロモノ装備のアイデアもありまして…)。もっとも海上自衛隊のこの検討は政治的な都合で流れることになる。良かったのか悪かったのか…。


V/STOLを可能にしたペガサスエンジン


ハリアーが搭載する「ペガサスエンジンはノズルを前後各2つずつ備えており、前の2つからはファン圧縮された低温排気が、後ろの2つからは燃焼後の高 温ガスが噴出する。

ノズルの向きを後ろ~下方98.5度に変えることによって垂直・短距離離陸/着陸を行える。

なお、ノズルからは高温高圧のガスが噴出 しているため、未舗装の地面の上でホバリングでもしようものなら一にして燥・破壊された地面が吸気口より吸入されてしまうし、舗装マットの上であって も隙間があるとガスが入り込みマットを持ち上げたりしてしまうのでや隙間をしっかりと埋めておかなければならない。「どんな場所でも離着陸できる」とい うわけにはいかないようだ。

また、垂直離着陸を行うと今度は機体積載量が減するなどの問題もある。イギリス海軍空母スキージャンプを設置するなど、短距離離陸を行うことでハリアーの積載量をカバーする方法などを編み出すことになった。


フォークランド紛争~湾岸戦争での評価の変化


1982年に発生したフォークランド紛争において、イギリスシーハリアー、ハリアーをかき集めフォークランド諸島奪還のためアルゼンチン軍と戦うことになる。送り込んだシーハリアー20機では足りず、コンテナ船で残りの機体を送り込むなどして戦争で活躍。戦では被撃墜0に対して撃墜24機とかなりの功績を残した反面、ハリアーは様々な欠点も露呈した。

V/STOL機であるがために航続距離と巡航速度の遅さ(ペガサスエンジンは機体の中央を占めるほどの大きさで、燃料タンクのサイズは小さく、推も少なく、構造上アフターバーナーなど推増加装置もつけられないという問題)、中距離以上の空対空ミサイルの搭載がなく、装備はサイドワインダーミサイルのみ等、フォークランド諸島の制権を維持することは難しかった。
(擁護するわけではないが当時の英国海軍の防期警が貧弱で、エグゾゼ・ミサイルを恐れた空母との距離を大きくとったのもその理由の一つではある)

更に推コントロールが難しいペガサスエンジンの扱いは当然パイロットへの負担が重く、被撃墜こそいものの、着陸失敗や降着装置の故障などによる喪失の方が多いというシャレにならない事態になった。

このような欠点を抱えたうえでもフォークランド紛争にてハリアー部隊が活躍できた理由に、当時最新鋭であったAIM-9Lというサイドワインダーミサイルを装備していたことと、アルゼンチン軍側の戦闘機部隊もフォークランド諸島は行動限界ギリギリだったことでまともに戦を挑めず、むしろ戦を態々挑むよりも攻撃機のみで艦船に攻撃を集中してさっさと引き上げるほうが効率的と紛争中盤から護衛の戦闘機部隊を使用しなくなったこと等が挙げられる。

イギリス海軍側のシーハリアーは対レーダーを積んでいたが、軍向けのハリアーはレーダー非搭載で元々攻撃機として使用されていた。

上記の欠点が高速で防網を突破しつつ、対地上攻撃を行う、制圧後の地上部隊の支援など多様なミッションを遂行するアメリカ海兵隊にとっては不満だったようで、マクドネル・ダグラス社にシーハリアーの良を示、その後「ガワだけ似てる別物」ともいうべきハリアーが誕生する事になる。

 ハリアーが配備されたあと、湾岸戦争は参加7機のうち5機が撃墜されるという羽に。ここでもハリアー独自の機体構造がデメリットとなり、ペガサスエンジンから発するジェット噴射が赤外線誘導ミサイルのいい的になること、機体中心を複雑なエンジン要部が占めているため、ダメージが直墜落へとつながってしまうという欠点が露呈した。

結果的にハリアーに対する評価は微妙になった点があるものの、垂直離着陸、あるいは短距離離着陸をもつ航空機の必要性は確実なものであるため、イギリス軍/軍、海兵隊ともこの思想を受け継ぐF-35B型として開発をめている。


関連動画



■sm19822079[ニコ動]

■sm19882481[ニコ動]


関連立体



関連商品


■azB0017TCKS8


関連項目



最終更新日: 17/10/30 09:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ