ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハルウララ(ウマ娘)


ヨミ: ハルウララ
掲示板をミル!
24カキコ!

「次はきーっと1番になっちゃうもん!

[画像][外部]

ハルウララ(ウマ娘)とは、「ウマ娘 プリティーダービー」の登場キャラクター

実在競走馬ハルウララモチーフとするウマ娘である。CV:首藤志奈


概要


誕生日2月27日 身長140cm 体重:微増(でも気にしない) スリーサイズ:B74/W51/H73

元気とやる気が取り柄の爛漫なウマ娘。わがままで飽きっぽいゆえにレースではなかなか勝てないが、何度負けても持ち前の明るさで立ち直り、周囲のみんなと楽しく学園生活を満喫している。せ一勝!

ハルウララ|ウマ娘 プリティーダービー 公式ポータルサイト[外部]より

ウマ娘髪の色モチーフになったの毛色に由来するものが多い中でしいピンク髪。瞳にの紋様がある。勝負は一般的な体操服だが、トレセン学園定品ではなくモチーフのメンコのデザインを取り入れた地にラインが入った特注品。これもG1レースに出走しないと着られないわけだが…。


アニメでの活躍


1話から登場。トレセン学園に転入したばかりで右も左もわからないスペシャルウィークに最初にをかけたクラスメイト…ではなく他のクラスの生徒。ともあれ最初の友人の一人。スペシャルウィークと一緒にチーム「リギル」のテストを受けるが結果は案の定。

4話では高知でのデビュー戦から学園に帰還。結果は5着(元ネタデビュー戦は5頭中5着)だったが「レースって楽しいね」と屈託なく笑う様子に、日本ダービーを控えたスペシャルウィークや怪からの復帰をグラスワンダーは気持ちを新たにする。

[画像][外部]

高知戦場のためレースが描かれることはほぼいが、高知レース場はピンク救世主が現れて以来人気沸騰中だとか。


ゲームでの能力


現在ゲームサービス開始前のため、データはありません。追記をお願いします。


漫画


ウマ娘 プリティーダービー -ハルウララがんばる!-
原作Cygames 作画:皇(ZECO) ネーム中山かつみ
サイコミ2016年に連載された彼女主人公とした漫画ウマ娘メディア展開でも初期の作品である。トレセン学園が登場せず、実在競走馬ハルウララの半生やハルウララブームに取材し、ウマ娘世界設定でコミカライズしている。高知競馬競走馬が多く実名で登場しており、本作にのみ登場する高知ウマ娘が多い。サイコミリニューアルに伴い、配信終了。

史実


負け続けたことで有名になったアニメまでに発表されたウマ娘60人のモデルの中で一重賞勝ちではないが、おそらく知名度だけならオグリキャップと一二を争う。

1996年生まれ。ニッポーテイオーヒロインラッキーブリン。血統はそれほど悪くないが小柄で臆病なで、セリで売れ残ってしまい生産牧場が所有することになった。預託料が安いという理由で当時は地方競馬でも最もレベルが低いと言われた高知競馬デビュー。勝ち負けにはなるものの勝利か遠かったが、体は丈夫で年間20回ほど出走できたので出走手当で食い扶持は稼いでいた。

2003年に以前からハルウララの連敗記録に注していた高知競馬場実況アナ・橋口浩二が新聞社に売り込んだことで記事に載り、当時財政が悪化していた高知競馬彼女を売り出したことで全区のブームを巻き起こした。

営は最後に1回くらい勝たせてやろうと準備を進めていたが、権利を償で譲渡された彼女を強引に放牧に連れ出し、最後のレースを走れないまま引退と現役晩年は不遇。その後は千葉県の牧場に事実上放棄されたが、牧場側が引き取って支援団体を設立し、静かな余生を過ごしている。生涯成績113戦0勝。

ハルウララブーム止を免れた高知競馬場は、その後も営業努を続け好調に転じている(詳細は個別記事参照)。ハルウララレースを勝つことは出来なかったが、一つの競馬場を救った名には違いない。

わがままで飽きっぽい性格だったが、レースではいつも一生懸命走っていたというハルウララ
悲願の初勝利へ。受け継がれたその名前は決してハンデではない。

詳細は当該記事へ→ハルウララ


関連動画



■sm33013903[ニコ動]

■sm33308906[ニコ動]

■sm33322520[ニコ動]


関連静画


■im8023614(静画)
■im8059369(静画)

■im8070918(静画)
■im8079868(静画)

■im8126346(静画)


関連商品


■azB076CQ2VZ6


関連項目



最終更新日: 19/06/27 00:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ