ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハン(han)


ヨミ: ハン

もしかして


ハン(Han)とは、クトゥルフ神話におけるの名前である。


概要


ハンは『妖の秘密/De Vermiis Mysteriis』に〈暗きハンdark Han〉と書かれている予言のである。イグ(Yig)と共に言及されることが多い旧支配者である。

その存在はえるのような恐怖そのものでありイグの崇拝と結びつく存在であるといわれ、イグのもとで遺跡内部を守るために巨大な迷宮を警備していると言われている。

その冷たいと感じるハンの到来とともにゆっくりと濃くなっていき視界が2,3メートルまで濃くなっていく。そしての中でうめきが聞こえ始めることだろう。このの中心にハンはいるという。

文献によってはハンは3メートルほどの大きさをした外套を被った姿で骸のような顔をした存在であるともいわれている。しかしが濃いためにその姿は影のようにしか認識できずに包まれているのだろう。

のような顔にある口のなかには不浄の炎が燃えている。ハンが移動する際に外套はぼろぼろとはがれ、コウモリの姿になって夜空に舞うといわれている。そうして予言と悪夢を運んでくるのだ。

どうして予言のであるのか、イグバイアティス(Byatis)と言及されることが多い性である。なのでヘビ人間に崇拝されており、クンヤンやドリームランド教団がある可性があるといわれている。崇拝者には恩恵として未来を占うを与えるというが、未来を見るということが良いとは限らない。

イグイグ息子たちだと考えると、一緒にいることもあるかもしれないが……

ただイグは北バイアティスイギリスで見かけられている。

名前的には殺し屋のような感じがするが、古代中国で崇拝されていたということも噂されているハン

予言のと言われたのはいつの話なのだろうと考察すると面いかもしれない。


ハンは『から訪れたもの/The Haunter from the Stars』(ロバート・ブロック著)にて言及されている。


関連動画



■sm102579[ニコ動]


関連商品


■az4915333647
■az4757741421


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 18/06/17 20:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ