ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハンス・フォン・ビューロー


ヨミ: ハンスフォンビューロー

ハンス・フォン・ビューロー1830~1894)とは、世界初の職業揮者であり、音楽史に残る数々の名言を残した人であり、ワーグナー寝取られた人である。


概要


1830年ドイツ旧ザクセン)のドレスデンに生まれる。9歳のころクララシューマン父親であるフリードリヒ・ヴィークの師事を受けたものの、音楽趣味にとどめるとしてライプツィヒ大学法律を学んだ。

ところがピアノの腕をリストに認められ、一転して彼の子になることに。さらにリストのもとに出入りしていたワーグナーから作曲も学ぶ。ピアニストとしてはややもすればリストショパン以上に称賛され、リストからはコジマ結婚の認められた。……そう、のちにワーグナーのもとに走り彼と結婚ドレスデン音楽祭を継承していく彼の子孫を生んだあのコジマである。

この結婚騒動が彼の人生に影を落としたわけでは決してなく、1880年にはマイニンゲン宮廷管弦楽団揮者に就任し、リヒャルト・シュトラウスを助手に、さらに1882年には創設されたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の初代常任揮者へとなった。またピアニストとしての活動も精的に続け、チャイコフスキーピアノ協奏曲第1番や、リストピアノソナタ短調の初演を行っている。

アニストとしては正確な知性で彼の子にはカールバルトや同じくリスト兄弟子だったフレデリック・ラモンドといった名前が並ぶ。逆に揮者としては自由気ままな演奏法で後年ワインガルトナーから批判を受けることとなった。


残したとされる主な名言



関連動画



■sm20122937[ニコ動]


関連商品


■azB0000045XX


関連項目



最終更新日: 16/09/04 21:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ