ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハンバーグ


ヨミ: ハンバーグ
掲示板をミル!
106カキコ!
インフォメーション 【伯邑考からリダイレクトされてきた人へ】
意味がわからない方は当記事の最下部をご覧ください。

ハンバーグとは、挽肉(牛肉豚肉等)をこねて成し、焼き上げた料理である。


概要


[画像を見る]ハンバーグの名はドイツ都市ハンブルクに由来する。
日本人にとってはハンブルクとハンバーグは全然発音の違う言葉に聞こえるかもしれないが、ドイツ都市ハンブルクりは「hamburg」であり、「ハンバーグ」の発音はhamburgの英語圏での発音になる。
日本は「ハンバーグ」という単英語圏経由で入ってきたため発音も英単圏由来である。

ハンバーグの内容は、豚肉牛肉をミンチにして小判形に形作って焼き上げたものである。つなぎとしてパン粉や牛乳などを入れることも多い。

日本では、戦前から洋食店のメニューとして存在していたが、70年代レトルト食品として登場して以来、急速に普及した。

具材のにはの合い挽き(率は4:6もしくは3:7の場合が多い)が使われる。牛肉独特の食感や味わいを楽しむために牛肉100%で作る場合もあるが、一般的には豚肉を加えたほうが汁が豊富でジューシーな仕上がりになる。庭で作る際には鶏肉が使われる事はあまりいが、レトルトのハンバーグには価格が安い鶏肉が使われていることもある。

基本的に挽肉をこねて焼くだけの料理であるため、その汎用性、発展性は非常に高く、豆腐ハンバーグ、のミンチを使ったハンバーグ、餡かけハンバーグ、煮込みハンバーグ、大根下ろしと青葉青じそ)を上に載せて、醤油ソースポン酢等で食べる、和風おろしハンバーグ等、料理としてのバリエーションが増えた。


歴史


ハンバーグの由来を辿ると、モンゴル移民タタール」(トュルク系の民族モンゴル民族した「他の人々」という言葉が由来)がヨーロッパにもたらしたタルタルステーキルーツになっている。

タルタルステーキでは、生のまたは牛肉をミンチにした上でこしょうオリーブオイルで味付けし、薬味を添えた料理である。
食べる際にはこれらを混ぜる(ちなみに韓国料理ユッケも、タルタルステーキと同じルーツだと言われている)。

その後ドイツ牛肉を使った物に集約され、食べやすくするために焼いて出させるようになった物が、現在のハンバーグの原とされている。

18世紀後半から20世紀にかけて、アメリカに渡ったドイツ移民によって伝えられ、アメリカハンブルクステーキを意味する「ハンバーグステーキ」として食されるようになり、この呼称が日本にも伝えられた。


材料・調理法


[画像を見る]葱はみじん切りにして予め脂・オリーブオイル菜種油・胡麻油等で透明に成って艶が出る炒めておく。玉葱を冷まし、つなぎ小麦粉パン粉との臭みを消す牛乳挽肉を混ぜて大判状に形を整える。

脂・オリーブオイル菜種油・胡麻油等をひいたフライパン若しくはホットプレー鉄板で片面を三分程度強火にせずに焦げ付かせない様に注意して焼き、ひっくり返し、もう片面もひっくり返して、蓋をして7分間~10分程蒸し焼きにする。

焼き上がり時間はハンバーグの塊(パテ)の大きさ・厚みに依存する。を刺して、焼き具合を小まめに確認しても良い。

きのこ特性の違う二つのアミノ酸が織りなす味わいの相性は良いので、椎茸しめじ等をみじん切りにしてパティに混ぜ込むのもお勧めである。の臭みを消し、爽やかな味わいを付け加える人参セロリ生姜等の香味野菜との相性も良い。これらの小麦粉パン粉以外の素材パティ作り辛くならない程度に少し混ぜ込んでみるのもお勧めである。


関連動画



■sm15961621[ニコ動]

■sm28458462[ニコ動]
■sm6983741[ニコ動]
■sm1501982[ニコ動]
■sm11291106[ニコ動]
■sm619843[ニコ動]


関連静画


■im4815972(静画)
■im5708036(静画)


関連商品


■azB001HZNEOQ
■azB00180D2MY
■az4593560713
■az4591010686


関連項目


伯邑考からリダイレクトされてきた人へ

以下の記述はあまり精的に良くない可性があります。
見る人は反転にて閲覧して下さい。

伯邑考(はくゆうこう)とは、中国小説封神演義」に登場するキャラクターの名前である。

殷王の紂王に仕える諸侯の一人であったは紂王に背いた罰として閉されていた。息子である伯邑考はの助命嘆願のため都へ行く。しかし紂王の妃である妲己の手によって罪を着せられて処刑され、妲己の発案により伯邑考のはハンバーグの材料にされて、閉中の父親に何も伝えられず食事として出されるというにあった。

週刊少年ジャンプにて「封神演義」が漫画化され、そのシーンが描かれたことで広まった。そこから転じて、「人物/キャラクターが食べ物の材料にされること」や「食事として出されること」を伯邑考と呼ぶことがある。


最終更新日: 19/03/11 13:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ