ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハーケン・ブロウニング


ヨミ: カッコツケヤロウ
掲示板をミル!
35カキコ!

ハーケン・ブロウニングとは、DSソフト無限のフロンティア」の主人公である。
後に「PXZ」、「スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ」へも出演している。
CVは「檜山修之」であり称として「派遣王」とも呼ばれている。


概要


無限のフロンティア主人公であり、作中きっての最高にカッコいいチャラ男であり、陸上戦艦「ツァイトクロコディール」の2代目艦長であり、ロストエレンシア出身の賞稼ぎである。

レイデルシュタット代表ジョーン・モーゼスの養子であり、彼から譲り受けたブレードとステーク付きのマシンガンの複合兵装「ナイトファウル」及びビーム展開ギミックを持つロングバレル拳銃ロングトゥーム・スペシャル」、さらにはトランプカード爆弾(名称不明)を組み合わせて戦う。

無限のフロンティアにて共演した有栖零児に対して複雑な武器を用いた戦い方をしている(二刀流+2丁拳銃によるガン=カタ)とコメントした所、お前も人のことを言えないと返された。興味のある人は関連動画を見て欲しい。どっちもどっちと言いたくなるはずだ。

口癖は「OK」でニヒルクールな男を演じている。キザな人物でもあり女性に優しく接しているが、毒舌女性仲間になりがちな作品故に周囲からの扱いはすこぶる悪い。心の部下兼育ての母親であるはずのアシェンからも「カッコ付け野郎」と呼ばれるほど。もっともボケはするものの、較的言葉が丸いため、人妖問わずなんだかんだで慕われており、友人や腐れ縁も少なくない。

この性格や行動、戦闘スタイルは養であり伝説の賞稼ぎであったジョーン・モーゼスを真似た物であり、若かりし頃のジョーンを知る(慕している?)ドロシーには「あなた、自分で思ってらっしゃるほど、キマってませんわよ?」と切って捨てられてしまった。

そんな彼だが女性ファミリーとして認めた相手に対して弱みを見せず、さらには命をかける事も厭わないと言う熱い男である。

他人を渾名で呼ぶ事も多く、本名で呼ぶのは相応の仲というある意味逆転現が生じている。

EXCEEDでは、主人公がまだ若かったためか序盤から中盤までのまとめ役をなしくずし的に行っていた。だが、サモンナイトシリーズの傍迷惑召喚術により、突っ込み役不在のまま駄狐だけが舞い込んだり、ボケキャラがどんどん仲間になってしまったりしたため、まともな突っ込み役がいないことを嘆くシーンも。
PXZではと共に暴走してしまったファントムを追い、クロスゲートを抜けて物質界(ナムカプの基本世界)の悪覇原へ到達する事になった。戦闘後の掛け合いにおいてアレディ達に言及している点から共に世界を駆け回ったメンバーとの交友は続いているようである。

下ネタばれ反転

プランEFによりシャドウミラーが送り込んだ戦艦マイティエーラが時限転移中に失踪。その後エンドレスフロンティア世界に転移。当時賞稼ぎとして活動していたジョーンが内部に潜入した結果、赤子であったハーケンと一部のメモリーを失ったアシェンを発見。その後ジョーンの養子として育てられた。その正体はシャドウミラー製初期Wシリーズの試作体である「W00」である。Wシリーズの初期として「人工受精によって先的にPT操縦技術等の戦闘技術を刷り込んだ人間」であった。しかしこプロジェクトの問題点として生身の人間を一から育てる必要であるという点からW01以降のシリーズアンドロイドとして制作された。生身の人間でありながらWシリーズアインストと渡り合えていた点から先的な体強化も受けていた可性がある。

更にハーケン専用の専用機としてゲシュペンストハーケンも開発されていたが、無限のフロンティアではそのデータベースに3mサイズダウンサイジングしたレプリカファントム】が登場した。20mクラス1/7にするのはな気もするが、元々のゲシュペンストは2mサイズパワードスーツ(ヒーロー戦記参照)なので違和感い。

両親は不明であるが、特典ドラマCDゲーム内装備アイテムから遺伝的な母親レモン・ブロウニングであることが示唆されている。また父親台詞等からアクセル・アルマーが噂されていた。公式攻略本でのインタビューから「特徴、要素としてアクセルを意識している」旨の記述があるが、父親に関する公式の回答はい。だが無限のフロンティアEXCEEDでの初対面時のリアクション、ED後の別れ際の会話等から親子説が濃厚になっている。

また無限のフロンティアでは伝説の暗転エンドを極めたという伝説を持つ(続編の主人公達は青春物語を彷彿とさせるエンドだったのにこの差は何だ!?)。しかし客演したPXZではの身持ちが固いかの様な発言もあり、何処まで進展しているのかは不明。

モチーフピーターパンフック船長

(ハーケンドイツ語鉤、乗艦のツァイトクロコディールはフック船長の苦手な時計ワニ)

出自がスパロボOGシリーズ外伝作品であるスパロボOGサーガであり、本家スパロボへの参戦を望むが多数あった。そして遂にOGシリーズに参戦決定!!しかも搭乗機は再生産されたゲシュペンストハーケンであり、サブパイロットアシェンもいる事が明言された(鋼の感謝祭2016より)。なんとメインパイロットは乗せ変え可となっており、アシェンとの掛け合いが全キャラクターと用意されている模様である。

攻撃モーションも無限のフロンティアを意識した動きになっており会場を沸かせていた。


関連動画



■sm27921650[ニコ動]

■sm20896719[ニコ動]
■sm28983010[ニコ動]


関連静画


■im2502875(静画)


関連商品


■azB0019XVNR6
■azB009HKAR84


関連項目



最終更新日: 19/01/15 00:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ