ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハーツ


ヨミ: ハーツ
掲示板をミル!
18カキコ!

ハーツとは、以下のことを表す。

ここではカードゲームについて解説する。


概要


ハーツとは、4人で行う対戦トランプゲームである。カードには得点がついており、ハートはすべて1点。スペードのQが13点で他のカードは0点。この得点は所謂ペナルティであり、かが100点に到達した時点で一番得点の少ない人が勝者である。
以降、得点を持つ14枚のカードを「ペナルティカード」と呼称する。


ゲームの流れ


トレード

配られた手札から3枚、他のプレイヤーに渡す。渡す先はラウンドごとに決まっており、第1ラウンドは左隣の人に。第2ラウンドは右隣の人に、第3ラウンドは向かい側の人と交換する。第4ラウンドは交換しない。第5ラウンド以降はまた左隣→右隣→対面→交換なしという流れになる。

プレイ

まずクラブの2を持っている人が切り出しゲームスタートする。時計回りに1枚ずつカードを出し、最も大きい数を出したプレイヤーが場のカードを総取りする。次はその人が1枚カードを出す。手札がなくなるまでこれの繰り返す。

出すカードは出せる限り同じスーツ(マーク)のカードでなくてはならない。つまり、1人がスペードを出して、自分の手札にスペードのカードがあるのにダイヤカードを出すといったことはできない。もし、1人が出したカードと同じスーツカードが手札になければ、好きなカードを出すことができる。この場合はいかに大きな数字であれ最弱扱いとなるため、ペナルティカードを切り出すチャンスである。後述するシュート・ザ・ムーンを狙うのでなければスペードのQか、出来るだけ大きな数のハートを出すべし。なお、1順に限り、手札にクラブがなくてもペナルティカードを出すことはできない。
1人の人は好きなスーツカードを出せるのだが、ハートカードだけはかがハートを出す(ハートブレーク)までは出すことができない。

得点集計

手札を使い切った時点で得点の集計をする。前述の通りかが100点を突破するまで続けられる。

シュート・ザ・ムーン

グランドラムなど、いろいろ呼び方はあるがここではWindows付属ハーツに準じる。本来忌避すべきペナルティカード14枚を全てを取った場合はシュート・ザ・ムーンとなり全員に26点を加える。強極まりないが、一歩間違えば自分自身が大ダメージを負うことになるハイリスクハイリターンな技である。

なお、自分の得点を26点減らす(回復する)というルールも存在する。


関連動画


にわかりやすいハーツ講座

■sm1719534[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 11/07/07 11:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ