ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


バイオハザード4


ヨミ: バイオハザードフォー
掲示板をミル!
542カキコ!

バイオハザード4(biohazard 4)とは、カプコンが開発し2005年1月27日ゲームキューブソフトとして発売したサバイバルホラーゲームである。海外版のタイトルは『Resident Evil 4』

後にPS2PC(Windows)、Wii移植された。PS3XBOX360の時はHD画質のリバイバルセレクションとして移植された。携帯電話用のモバイルエディションというものもある。


概要


CEROレーティングD定。当初は三上真司(ディレクター)がGC独占と謳っていた。後に稲船敬二(PS2版エグゼクティプロデューサー)の判断で移植が決定した。
従来のバイオハザードシリーズ世界観・時系列に沿いながらも、システムや操作性がフルモデルチェンジされており、恐怖感の演出も従来とは異なるものとなっている。

そのため、これまでとはまったく雰囲気が違う、革新的な作品となっておりバイオハザードに新たなファンを獲得することに成功している。しかし、革新的過ぎる故にこれまでのファンの中には本作品が受け入れられなかった人も少なからず存在する。ちなみに本作の要素・クリーチャーは続編のバイオハザード5に引き継がれている。

日本版の残酷描写は海外版より多少ソフトになっている。海外版では敵味方問わずグロテスクな死に方をするのは日常茶飯事。ちょっとした拍子で首がポロポロ取れてしまう。そのかわりアシュリーの胸がしく揺れる。

ニコニコ動画でもかなりの人気を誇り、プレイ動画は2万件以上も投稿され、名物動画投稿者も多々存在する。


変更点


カメラ位置

以前はカメラ配置が固定だったが、今作ではキャラクターの背後を追従するビハインドカメラになった。それに伴い、以前はほとんど動かせなかった照準も自由に動かせるようになり、TPSの様なゲーム性となった。ただし、操作は以前と同じくいわゆるラジコン操作で、照準操作中の移動も出来ない。

戦闘

戦闘もかなり異なっている。従来のシリーズでは戦闘はできるだけ避けるのがセオリーだったが、本作では敵がゾンビではなく、人間並みの知を持ち、走ったり普通に武器を投げてくる上、一斉に襲いかかったり背後を取ろうとしてくるため積極的に敵を倒すべき場面が増えている。もちろん、本作でも戦闘を避ける事ができなくはないが、敵が一斉に集団で襲い掛かってきたり、特定の敵を倒さないと先に進みにくいという状況がよく起こるため、逆に敵を撃退した方がリスクが少ない場面が多い。
しかも倒された敵がお金弾薬などのアイテムを一定の確率で落とす様になっているため、敵を倒すメリットが増えている。ただし残弾数を意識せず、駄撃ちを続けていると簡単に弾切れを起こす為、これまでのシリーズと同様にできるだけ駄弾を使わずに立ち回ることが重要になっている。
自動照準も止されているため、武器を構えた後で自分で狙いをつけなければならなくなっている。そのぶん、敵の部位を狙って撃つこともできる。なおナイフ以外のすべての武器でレーザーポインタやスコープの照準で弾丸がどこに飛ぶかはわかるようになっている。

探索のスムーズ化

シリーズで恒例だった〝解き〟がかなり簡略化されており、キーアイテムヒント・答え探しに広いマップを延々走り回るということがほとんどくなっている。例えば、拾えるアイテム立つようになっていたり、アイテムや仕掛けおよびえられる段差などの近くに行けば〝拾う、操作する〟などのコマンドが出てくるので「的の物がどこにあるかわからない」「行ける場所がわからない」という事態が起こりにくくなっている。

また、鍵といったキーアイテムとそれ以外の弾薬や武器などは全に別となったため、「アイテムがいっぱいでキーアイテムが拾えない」という事態も起こらなくなった。このような的地とアイテムボックス間を往復する手間もなくなっている。しかし、アイテムがこれまでよりたくさん持ち運べる関係か、アイテムボックスは止されており、不要になったり持てなくなったアイテムはその場で捨てるか、売却する必要がある。

なお、ファイルもこれまでのシリーズと同様に存在しており、本作ではプレイ中には見えない相手の行動や登場人物などのバックストーリーや、攻略ヒントを知るための要素となっている。

セーブとコンティニュー

本作は開始からクリアまでの尺がかなり長いことと、1発でも喰らったら死亡が確定する即死要素が大幅に増えた関係か、セーブコンティニュー仕様がこれまでと変更されている。

具体的には、セーブにはアイテムインクリボン」がなくなりタイプライターがあれば条件にセーブできるし、チャプター終了時もセーブになっている。コンティニューも、セーブしたデータ読み込んでやり直しではなく、チェックポイントから再開するようになっている。チェックポイント較的細かく、死んでゲームオーバーになってもそこから近い地点から再開できるようになっている。

アイテムの売買・改造

本作では武器などのアイテムを敵が落としたり壊せる木等から入手できるお金で売買できるようになった。拾える武器も存在するが、基本的に新しいは購入するようになっている。また、純な換アイテムである「宝」が追加されており、ものによっては単体で売るよりも組み合わせるとより高く売ることができる要素もある。

ただし任意の場所でできるわけではなく、各所に居る「武器商人」に話しかけることで武器やアイテムの売買、改造が可となる。また、武器は売っていても弾薬は売っていないため、お金さえあればヒャッハーできるというわけでもない。

武器の多様化

これまでは、最初はハンドガンから始まり上位互換武器としてショットガン<グレネードランチャー<マグナムというに後に出てくる武器ほど単純に強くなり最初の武器は使い途がなくなっていったが、本作からは武器に個性がつき、得手不得手がはっきりするようになった。また、強な武器ほどかさばる傾向にある。敵によっては弱点になる武器や逆にダメージが通りづらい武器が設定されているため、武器によっては少ない弾で楽に倒せたり、逆に苦労して駄弾を使う羽になってしまうことになる。

以下、要な武器の特性を挙げる。


登場キャラクター



次へ»
最終更新日: 18/02/03 12:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ