ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


バウ(ガンダムシリーズ)


ヨミ: バウ
掲示板をミル!
6カキコ!

バウ(AMX-107)とは、アニメ機動戦士ガンダムΖΖ』及びその関連作品に登場する架人型ロボット兵器 / 人型機動兵器モビルスーツ(MSMobile Suit)である。


概要


AMX-107
頭頂高 18.5m
本体重量 34.7t
全備重量 67.5t
ジェネレータ出 2,410kW
ラスター推 75,040kg
武装 ビーム・ライフル
メガ粒子砲シールド
ビームサーベル×2
4連装グレネードランチャー×2
ミサイル×6

グリプス戦役当時、可変MSエゥーゴティターンズによって多数投入されたが、当時のアクシズが有するMSで可変可であったのはガザCのみであり、これらに対抗するMSの開発が急務であった。

開発には、アナハイムエレクトロニクスでΖ計画に携わっていたかつてのジオン技術者が参画したと言われ、機体各部にΖガンダムとの類似箇所が見られる。

本機の最大の特徴は、変形時に上半身(バウ・アタッカー)と下半身(バウ・ナッター)が分離する機構にある。開発当初は、下半身を遠隔操作とする案や復座式とし上半身と下半身を別々に制御する案(この方式はΖΖガンダムSガンダムに採用されている)が検討されていた。しかしながら、前者はミノフスキー粒子散布化での通信が困難であること、後者はアクシズの人員不足という理由から可変機構をされて再設計になる…ハズであった。テストパイロットを務めたグレミー・トトによって、バウ・ナッターに弾頭を搭載し慣性誘導で敵機に向けて射出するという戦術が考案され、可変機構が残されることとなった(アクシズの台所事情を鑑みるに、高価なMSの一部を敵にぶつけてしまって良かったのだろうか…)。なお、この戦術は時を越えてVガンダムに引き継がれることとなる。

試作機は、朱色カラーリングと左フロントアーマーに「飛」のマーキング(実際は縦に並んでおり、これで1字としてバウと読む)がなされ、グレミー・トトによって運用されておいる。


バリエーション



バウ (グレミー機)


前述の朱色カラーリング、「飛」のマーキングがなされた機体。

■im5258401(静画)
■azB00030EVHA


バウ (量産型)


レミー機の運用を受け、量産された機体。カラーリングで、「飛」のマーキングはない。劇中では、一度も変形・分離しておらず、変形機構がプログラム的にカットされているとも、パイロットの技量不足で使用できなかったとも言われている。


■im4273155(静画)
■azB07H5LBV1F


バウ (量産型・グレミー軍)


第一次ネオ・ジオン抗争終盤にグレミーが反旗を翻した際に運用された機体。灰色カラーリングがなされている。バウ (量産型)との違いは色のみ。

■im4271115(静画)
■azB0051XZG2I


バウ (袖付き仕様)


ジオン残党軍である「袖付き」によって運用された機体。手首部分に「袖付き」の意が追加されているほか、復座式となっており変形後の独立運用が可であったり、胸部にバルカン砲が追加されているなど、修が施されている。

■im4233675(静画)


関連項目



最終更新日: 20/04/20 18:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ