ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


バスク・オム


ヨミ: バスクオム
掲示板をミル!
15カキコ!

バスク・オムとは、アニメ機動戦士Zガンダム」などのガンダムシリーズ媒体に登場する架の人物である。CV郷里大輔


概要(主にZガンダム時代)


非常に大柄な体格で、禿げ上がった頭にゴーグル姿という特徴的な容姿の軍人。地球連邦軍の一組織「ティターンズ」の組織においてはジャミトフ・ハイマンに次ぐ準トップといえる人物である。階級は大佐だが、ティターンズに1階級上の待遇が与えられるという特権があることから、本人は准将同然としてふるまっているようである。

底したアースノイド義の人物として知られており、中立コロニー、都市、各スペースコロニーへは恫的行動や虐殺をいとわない強硬な姿勢で対応した。初期のティターンズの起こした、サイド1の30バンチコロニーへのガス攻撃はバスク大佐導による事件とされており、この「30バンチ事件」が、ティターンズに抵抗するエゥーゴの結成へつながった。

ティターンズに属しない「一般将校」あるいはティターンズであっても異を唱えた者への鉄拳なくふるうなど、傲慢イメージがぬぐえない人物であり、人望面に難があった結果であったか、グリプス戦役終盤にはパプテマス・シロッコの寝返りによって刺客のモビルスーツを差し向けられ、乗艦ドゴス・ギアとともに宇宙に散ることとなった。

人物面では低い評価が立つが政治的手腕や着眼には確かなものがあり、「地球育ちだけでティターンズの組織を形成していてはエゥーゴモビルスーツリック・ディアス)などの新たな戦を制することはできない」という趣旨の進言はグリプス戦役初期に割とあっさり受け入れている。木星帰りのシロッコを重用することをまっさきに決めたのもバスク大佐であり、サイド3・ジオン共和と取引をすることによって宇宙要塞・ゼダンの門の整備に着手、本拠であるグリプスの要塞化も短期間で成し遂げている。

バスク大佐たちの悪評がそのままティターンズの悪評につながった一方で、そもそもバスク大佐なくしてティターンズの拡大もなしえなかった、といえるかもしれない。


関連動画



■sm8555552[ニコ動]


関連商品


■azB01MAWA0XQ


関連項目



最終更新日: 19/06/06 20:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ