ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


バゼルギウス


ヨミ: バゼルギウス
掲示板をミル!
391カキコ!

バゼルギウスとは、モンスターハンターシリーズに登場するモンスターである。


概要


飛竜
バゼルギウス
別称
別称 爆鱗
登場作品
モンスターハンターのモンスターテンプレート

モンスターハンター:ワールド」にて初登場。

発売前には情報開されておらず、上位に上がった後の探索で初めて邂逅したハンターも多いだろう。

非常に好戦的な性格かつ危険な特性を持っており、新大陸の至る所に獲物をめて飛来しては後述の特性を利用した狩りを行う。

外見は色やを基調とした体色で全体的に丸みを帯びた巨体を持っており、頭部と尻尾の下にびっしりと垂れ下がっている数のい鱗が別称の由来にして最大の武器。

このい鱗はバゼルギウスの体液が変質して作り出されたものであり、ちょっとした動作でも簡単に抜け落ち、一定時間が経過するか刺を与えると爆発する性質を持つ。また、バゼルギウスの身体が熱化することがあり、この状態の鱗は地面に落下した直後に爆発するようになる。この爆発が1個1個の範囲は狭いものの非常に強であり、バゼルギウス自身も鱗の特性を理解し、敵への攻撃手段に様々な形で利用する。前方に鱗を撒き散らしてからブレスで着火、鱗を落としながら突進、更には上飛翔し、から大量の鱗を落下させて周囲を巻き込んで爆撃するなど…さながら爆撃機である。

バゼルギウスは環境への適応が高いのか、新大陸のあらゆる地域に出没してはそこに他の大モンスターハンターが居ようとお構いなしに一方的爆撃を行い、フィールド荒らし回る。特にモンスターとの対峙中にバゼルギウスが乱入して来た時には辺り一面が地獄絵図と化すだろう。その際にはすぐにこやし玉をスリンガーに装填し、追い払う準備をしておきたい。

上位に上がりたての頃に邂逅するにしては高すぎる戦闘力没な行動範囲など、イビルジョーを彷彿とさせるモンスターである。ちなみに、今作の・守りの護符への調合素材にはバゼルギウスのが必要となる点もあり、ワールドにおける強大な乱入モンスターと言える。


評価


…とここまで読むとイビルジョーのような畏怖とある種のカリスマを感じさせるモンスターなんだな」と思われるかもしれないが、世間からの評価は賛否両論クソモンス」とまで呼ぶ

まず第一に出現頻度があまりにも高すぎることが挙げられる。 以前までのモンハンシリーズでは乱入が起きる確率は低く、そこからさらにイビルジョーなどの脅威が登場することはごくごく稀であった。 しかしワールドでは基本的にマップに複数体のモンスターが配置されており乱入日常茶飯事。それに加えてこのバゼルギウスは他のモンスターに積極的に飛んできて攻撃するためマップにいたら絶対乱入してくるほどである。 そのため次第に慣れてきて「うんざり」してくるのだ。

第二にタイマンだとそんなに強くないイビルジョーも(他の同ランクの古などとべると)慣れれば戦いやすいと言われる方だが、それでも最初戦ってみると一部有効部位以外非常に硬い質や強で素いモーション、耐震・ウチケシこやし玉などの対策は必須と苦戦要素が多く非常に強モンスターと言える。 しかしこのバゼルギウスはいざ戦ってみると「全身性感帯とか言われるほど質が柔らかく、動作も遅めで討伐クエ初見でも倒すことは難しくない。 上からの爆撃など乱入されると非常にウザい性をしているだけである

そして第三に…上から爆撃してくる様がトリがからフンを落とすように見える から落としてくる鱗は小さく、っぽいので嫌でもそんな気がしてくる。 しかも爆発せず残るものはますますそう見えてしまう。「クソモンス」の由来はここにもある。

とはいえ、バゼルギウスの爆撃は他のモンスターにも大きなダメージを与えるため、挑発の装衣でおびき出すなどして上手くぶつければ、部位破壊などを労せず達成することもできる。
バゼルギウス側も体が大きいため他モンスターの攻撃を受けやすく、ハンターがほとんど手を出さずに大きくHPが削れていることもある。
これは大モンスター同士で受けるダメージが低い過去作ではまずありえないことであり、良くも悪くもMHW仕様を体現しているモンスターと言えるだろう。


関連動画



■sm32652535[ニコ動]


関連商品


■azB075RZ4MN2


関連項目



最終更新日: 18/02/13 23:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ