ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


バトルえんぴつ


ヨミ: バトルエンピツ
掲示板をミル!
68カキコ!

「バトルえんぴつ」とは、エニックス、およびスクウェア・エニックスが発売した商品・ゲームのことである。通称は『バトエン』。

様々な作品のキャラクターバトル鉛筆があるが、ここでは『ドラゴンクエストシリーズ』のバトル鉛筆について触れる。


概要


おそらく、「ドラゴンクエストV」より後で「ドラゴンクエストVI」より前に当たる、1993年に初めて発売されたと思われる(2013年に、バトエン発売20周年を記念した展示会「バトエンバトルミュージアム」が開催されている記録がある[外部]ため)。

ポケモンと同じで「第~世代」という区分もあるようだが、これについては情報募集中。

専用のえんぴつを転がして、出た面に書いてあるダメージを相手に与え、相手を倒せば勝利である。基本的にすべての鉛筆HP100で固定である(例外は後述する「キングバトルえんぴつ」)。

プレイ人数は2人以上である。チーム戦などももちろん可である。

2019年10月現在のところ、2014年1月に発売されたドラゴンクエストシリーズ公式サイト「ドラクエ・パラダイス」内の新発売ニュースのログ[外部]ドラゴンクエスト バトエンGX005 魔王伝説編」と「ドラゴンクエスト バトエンGX ブラストパック」を最後として、新作のドラゴンクエストバトエンは長期にわたって発売されていない。


特徴


全てのバトル鉛筆には、キャラクターの絵と名前、属性のどちらか)が与えられている。

また鉛筆の各面には次のような文字が書いてある。

全員に~のダメージ
属性に関係なく、敵全員に表記のダメージを与える。最も基本的で、強な攻撃。
(または)に~のダメージ
書かれた属性の敵に表記のダメージを与える。それ以外の敵には「ミス」扱い。
ミス
にもダメージを与えられない。この面が多いキャラは基本的に弱い。

上記三つが基本的であるが、他に様々な特殊な面が存在する。例として、

など、きわめて個性的である。なお、キャラの強さは原作には準拠しておらず、たとえば「グレイトドラゴン」は「ドラキー」より明らかに弱い。


人間キャラクター


当初はモンスターバトル鉛筆だけであったが、やがて主人公などの人間キャラクターバトル鉛筆が登場するようになった。

人間キャラは、基本的にモンスターキャラより明らかに弱いが、人間キャラのみ、『装備』面を出すことで、『装備キャップ』(キャラは『職業キャップ』)をつけることができる。装備キャップは通常の面に追加のダメージを加える優秀なオプションであり、『装備』がうまく発動すれば人間キャラでも十分に戦うことができる。


キングバトルえんぴつ


ゾーマデスピサロなど、各シリーズラスボスは、「キングバトルえんぴつ」という、一回り大きいバトル鉛筆となっている。(一応、芯は入っているが、鉛筆として使うのは困難である。余談だが、そもそもバトル鉛筆鉛筆として使うのはもったいないが、あくまで遊び具ではなく筆記用具であるという言い訳を先生にするために、泣く泣く削っていた少年たちが当時多数いたと思われる。)

キングバトルえんぴつはHPが200であり、属性は特殊な「」である。この鉛筆と戦うときは、対戦相手は3本のバトル鉛筆を用いてよいことになっている。

メガザルロックなど、チームバトルに特化した鉛筆が活躍する時である。筆者の記憶では、キングバトルえんぴつは結構勝率は低かったように思う。あくまでボスは倒されるものというメッセージだろうか。


関連動画


最強バトルえんぴつ(ただしモンスターが登場する後期版、および人間キャラ除く)検証動画。わりと当時の使用感と同じ、納得の結果である。


■sm4707159[ニコ動]

im@s架空戦記投稿者は業者並みの本数を所持しており、非常にレアなものも所持(右動画参照)。

■sm35113529[ニコ動]
■sm35353948[ニコ動]


関連商品


■az4870259761


外部リンク



関連項目



最終更新日: 19/10/28 01:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ