ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


バルゴラ


ヨミ: バルゴラ
掲示板をミル!
8カキコ!

バルゴラとは、『スーパーロボット大戦Zシリーズ(以下『Z』シリーズと呼称)に登場するバンプレストオリジナル機動兵器である。な搭乗者はセツコ・オハラ、デンゼル・ハマートビーワトソンの三名。
後継・修機にあたるバルゴラ・グローリーについてもこの項で取り扱う。 


概要


地球連邦軍所属の戦技研究班「グローリースター」によって運用・試験評価がされている次期量産機
を基調としたカラーリングで全長は19.8m、出自や大きさでお察しの通り、いわゆるリアルロボット
十徳ナイフのようなフォルムをした全領域対応汎用武装システムガナリー・カーバー」を武装として戦闘を行う。
物語開始時点で三機が運用されていた。

一号機

冷えたビールをこよなく愛し、部下を傷つける相手には手痛い皮を飛ばすユーモアと優しさを併せ持った渋いオッサン
グローリースター隊長デンゼル・ハマーが搭乗。高出ビーム射撃兵器レイ・ストレイターレット」がガナリー・カーバーに内蔵されている。
実質的な隊長機といえるこの一号機は後述する二号機・三号機のデータを統合する機を持ち、データ収集のためガンカメラ、更には『Z』シリーズの根幹を為すアイテムスフィア』もガナリー・カーバーに内蔵されていた。
物語の最序盤でデンゼルから、主人公であるセツコへと託されることとなるが、この事がセツコ自身や彼女が後に属する部隊の運命に大きく関わることとなった。
特徴として、ガンダム系列MSに似た逆ハの字のアンテナを持ち、肩部パーツ塗装が施されている。 

二号機

故郷に婚約者がいてムードメーカーイケメン
同じくグローリ・スター所属トビーワトソンが搭乗。ビームサイズ兵器バーレイサイズ」をガナリー・カーバーにて運用する。 
汎用機というコンセプトトビーが得意とする間合いが中距離ということもあってか、ビームサイズるだけではなく撃状のエネルギー波を飛ばすことも可としてる。
特徴として、二号機と三号機が持つアンテナを持っておらず、撃を体とするコンバットモーションの都合上、他二機両腕でガナリー・カーバーを抱えているのに対してこの二号機は片腕で持ちすぐさま撃に移行できるようになっている。 

三号機

バンプレストオリジナルの先達に劣らぬブルンバストの持ちであり、バンプレストオリジナル主人公の中でも屈不幸属性を持つ、
スパロボZリアル女主人公セツコ・オハラが搭乗。
ガナリー・カーバーの十徳ナイフらしさを徴しているといえる実体武装「ジャックカーバー」を運用している。
前述の通り、当初はセツコの搭乗機体だったのだが、デンゼルがセツコの成長と将来を思って乗り換えることとなった。
特徴として、 アンテナ人間でいう側頭部に持ち、カメラアイの色が他二機は水色になっているのに対して、この三号機だけは淡いピンク色となっている。

バルゴラ改

紆余曲折を経て、二号機・三号機のデータと二号機の部品が一号機に統合されることにより完成したバルゴラ。
左肩部に塗装の施された一号機のパーツ、右肩部が二号機のパーツだったりとパッチワークじみてはいるが、ガナリー・カーバーの武装も統合されたことによりバルゴラは全領域に対応する機動兵器として完成することとなった。


機体スペック


機体の性については素晴らしいの一言。格別にった長所がない均的な機体ではるが、量産機としてすべき汎用性を見事なまでに高めている。
新兵からベテランまで受け入れる機体追従性の高さ・柔軟な動きを可としていながらも出20オーバーというとんでもないをしても問題ない堅さを併せ持つ間接構造をしており、
名機Ζガンダムを設計したカミーユ・ビダンからは「乗る人間が乗れば化ける」との高い評価を貰い、自他共に認めるメカオタ宇宙世紀最強と名高いアムロ・レイからは「兵器であることさえ忘れれば、動かしていてこれほど楽しい機体はない」とまで言わしめた。

まさに傑作量産機と呼ぶにふさわしい機体ではあるものの、「通常のジェネレーターでは出20などというスペックはどんなエースパイロットだって発揮できない」という不自然に頑強な点や、そこから導き出される結果として「通常のジェネレーターではない、より高出な動を積むつもりだったのだろうか?」ということが作中で推論されていた。
この異常ハイスペックな機体構造の的は、後継機バルゴラ・グローリーの誕生経緯で明らかとなった。

武器

前述した武装ガナリー・カーバーに加えて、部にマウントされたビームガン「レイピストル」が共通する武器として装備されている。
ここまででお気づきの方もいるだろう、このバルゴラには固定兵装と呼ばれるものが皆無であり、攻撃をガナリー・カーバー依存していると言っても過言ではない。打撃ですら加速とコンバットモーションの集積を利用した底攻撃「ヘルブ・ストライク」によって行っている。
次期量産機なんだから取り回しのきかない装備は付けないのが当然では?と思われるかもしれないが、宇宙世紀世界で誕生している人型機動兵器である以上、頭部バルカンすらいのは異端すぎる仕様といえよう。
この仕様も、後継機バルゴラ・グローリーの誕生によって明かされることとなる。

動力

設定上は宇宙世紀モビルスーツであり、機体動も武装もそれを動かすOSモビルスーツのそれに準ずるが、
一号機のバルゴラが扱うガナリー・カーバーにだけは『Z』シリーズの重要アイテムであるスフィアが搭載されている。ガナリー・カーバーには共通して中央部に橙色をした球体上の意が施されているが、一号機だけは明るい緑色をした球体の意が施されている。
このスフィアがなかなかのクセモノで、ただ何もない状態ならロボットものによくある限の動を生み出すアイテムなのだが、搭乗者の感情に呼応して『覚醒』すると生死に関わりかねないデメリットを搭乗者に与え、『覚醒』進んだ果てには平行世界にまで及ぶ影を発生させることも。詳しくは『スフィア(スパロボ)』を参照。 


バルゴラ・グローリー


『栄』(グローリースター)の名を冠するバルゴラの最後継機。
十二分に戦えるとはいえ急場しのぎの改造機でしかなかったバルゴラに、自他共に認める変態ジエー・ベイベル博士が全面修を施し、バルゴラ一号機から受け継いだ『スフィア』がセツコの「悲しみ」に呼応してガナリー・カーバー文字通り変質させたことによって誕生した。

パッチワークじみたパーツは全て新たなものへと取り換えられ、元々高い性を誇っていた関節部は更に強化、背部にはVWFSと呼ばれるV字形状の飛行を装備し、
これまでブースターによる上昇で対応していた対にも、これまで培ってきた汎用性の高さにも、更なる強化が施された。
ただ、これらを的としてバルゴラは強化されたわけではなく、あくまで本命は『スフィア覚醒による変質と強化によって進化を遂げたガナリー・カーバーを運用するためである。

覚醒を経て強になったスフィアによってガナリー・カーバーは本体であるバルゴラ・グローリーと違ってフォルムも性スーパーロボットじみたそれへと変貌を遂げており、
実体文字通りのからの具現化によって出現、ビームサイズは機体を軽くえる大きさを誇り、 元々のバルゴラですらそれなりの威を持っていた遠距離からの高出ビームはもはや対艦攻撃すら駕しているのではないかと思えるほど。
出身が同じ宇宙世紀モビルスーツに例えると、覚醒したガナリー・カーバーは『サイコパワー強化されたビームサーベルがいつでも使えて、ビームマグナムメガバズーカランチャー並の撃を撃ちまくることができる武装を全部乗せした、十徳ナイフのような武装』といったところだろうか。
こんなで取り回しにすこぶる苦労するであろう武装を、並の機動兵器だったならば柔軟かつ精密に・高機動で扱いきれるわけがない。量産機にしては異常ともいえる性をしていたバルゴラの構造は、この覚醒したガナリー・カーバーを運用することが前提であったのだ。

また、この機体を璧以上に扱うに至った、パイロットたるセツコ自身の努や苦労も並大抵のものではない。
自らに降りかかった「悲しみ」を乗り越えんと仲間と共に努し、
「変則的な撃」「高い機動を生かした加速からのり抜け」 「遠距離からの高火力攻撃」を軸とする「似た戦い方」との印を互いに持ったスーパーエースキラ・ヤマトを打倒せんとリアル系男主人公シン・アスカと共に切磋磨し、
そのキラや、場合によっては敵対するかもしれないシン、果ては敵の「悲しみ」を理解しようとすることを忘れない彼女の心と、
平行世界でも失われてはいなかった「グローリースター」の誇りがあってこそのバルゴラ・グローリーと言えるだろう。


関連動画



■sm5710656[ニコ動]

■sm18533336[ニコ動]


関連商品


■azB0017X60WG

■azB006ZHE0GM


関連コミュニティ


■co323


関連項目



最終更新日: 16/05/22 20:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ