ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


バルムンク(ファイアーエムブレム)


ヨミ: バルムンク
掲示板をミル!
31カキコ!

バルムンクとは、任天堂ゲームソフトファイアーエムブレム 聖戦の系譜」に登場する武具のひとつである。


概要


ゲームファイアーエムブレム 聖戦の系譜」に登場する伝説の武器『器』のひとつ。

攻撃30 重さ3 射程1  装備ボーナス:素さ+20、技+10


バルムンクの強さ


オードの直系子孫のみが扱えるとされ、ゲーム中でも最強のひとつに数えられる。

ゲーム中ではソードマスターシャナンのみが扱うことができ、彼の登場とほぼ同時にバルムンクも手に入るため、シャナンの基礎と強流星スキルと相まって無双、あるいは地雷戦法も可になる。

最大の特徴は素さ+20ボーナスを装備者に与える点である。また、その軽さも見逃すことはできない。もともと聖戦の系譜というゲーム自体が「避ける」ことが強さにつながるゲームである。軽い上に素さを上昇させ、回避率を大幅に上げてくれるこのはただでさえ優秀なソードマスターシャナンの回避率をさらに上昇させ、敵の攻撃がかすりもしない状態にしてくれるのである。

さらに、もうひとつの装備ボーナスである技の上昇もシャナンの発動すればほぼすべての敵を倒しきることが可な「流星」の発動率を上昇させてくれるため、もともとの高い攻撃と合わせて「相手の攻撃は当たらない、反撃すればほぼ確実に相手を倒す」というユニットが出来上がる。


バルムンクの問題点


戦闘では非常に優秀な反面、バルムンクはいくつかの問題点を抱えている。

第一に、コストパフォーマンスが非常に悪い。このゲームに登場する器はすべて共通であるが、一度使うごとに1000Gの修理代が発生する。耐久度は50あるので50回の連続使用が可ということになるが、一人のユニットが持てる資の最大値が5万Gのため、一度使い切ってしまうと全財産を投じて修理せざるを得なくなってしまう。後述するが、この器は利用頻度が非常に高くなる傾向があるため、どうしても修理代がかさむ傾向になる。利用する際には修理代を稼ぐ手段を用意しておいたほうがよいだろう。

だが、それ以上に深刻な問題が存在している。いや、むしろこちらの問題があるからこそ修理代がかさむという問題が二次的に発生しているといっても過言ではないかもしれない。

その問題点とは、使い手のシャナンえる存在がいる可性があることである。


バルムンクの使い手


シャナンを単体で見る分には十分に強ユニットである。ソードマスターという職種が持つステータス限界、追撃・連続という職種スキル流星という個人スキルという優遇されている武器というバルムンクがなくとも前線を支えられるだけのは備えている。

しかし、バルムンクを装備していない素の状態を較してみると彼以上の士が存在している。そのユニットとはシャナンのいとこである双子士、特にラクチェである。彼女を育てるとシャナンと同じソードマスターという職種に加え、高い成長率と下級職での登場によるレベルアップの機会の多さ、そして(シャナンスキル+α)というスキルを持つ、いわばシャナン上位互換といえる存在になる。十分に育てた彼女シャナンに同じ武器を持たせて戦わせた場合、ラクチェのほうがよい成績を残すはずである。

そのため、シャナン彼女一勝る点が「バルムンクを装備できる」ということだけになってしまう。ラクチェ販されている武器で勝てる相手に、シャナンバルムンクでないと勝てないという事態が発生する可性も存在する。

こうなってしまうと、むしろバルムンクこそがシャナンの本体といえるのではないだろうか。必然、シャナン戦地に立つ場合はバルムンクが手放せなくなり、修理代がかさむことになるのである。


バルムンクは誰のもの?


ところでさらに追い討ちをかけるようではあるが、ゲームの進め方によってはシャナン専用の武器であるバルムンクを使いこなせるユニットが他にも存在するという事態も発生する。そのユニットとは、またしてもいとこの双子士である。

このゲームでは通常は同一世代で器を扱えるほどに先祖の戦士の血が濃い者たち、いわゆる「戦士直系」と呼ばれる人物は1名しか存在しない。シャナンも直系のひとりであり、だからこそバルムンクを独占的に使いこなせる。

しかし、シャナン叔母にして双子士の母親であるアイラが、実は親戚であったホリンと結ばれると、親戚同士で交わったためにオードの血が直系並に濃くなり、双子士たちは設定上バルムンクを装備できるようになる。この状態のラクチェゲーム中でも最強士に成長するため、これにバルムンクが加わればまさに手がつけられない状態になる。そうなった場合、シャナンはきっと「私が一番うまくバルムンクを使いこなせるんだ…」と叫ぶことになるだろう。

もっとも、ゲーム仕様バルムンクシャナンから別のユニットに渡すことができないため、バルムンクを装備したラクチェ二次創作などでしか存在しない。シャナンもほっと胸をなでおろしたことだろう。


フォルセティという存在


ここにきて傷口にを塗りこむような事実がある。それは他の器であるフォルセティ魔導書である。

フォルセティバルムンクと立ち位置が似ており、の補正値が同等である。フォルセティの場合、直間両用であり射程の面で使い勝手がよいが、それを反映してかバルムンクより若干重い(重量5)。

これならばバルムンクの方が重量分だけ回避性で優れるが、やはり使い手の問題が付きまとう。フォルセティの場合、前半ユニットレヴィンカップリングにより異なってくるが最も強ユニットになるセティに継承させた場合、速さが全ユニット最高の30に軽々達してしまうのである。一方シャナンは期待値で27しかいかず、限界まで届かないことも多い。

さらにフォルセティは親世代から継承するため前半でをたくさんつけていた場合、後半での必殺補正を底上げしやすくなる。器の必殺攻撃の前にはほぼすべての敵が一撃で倒れてしまう。必殺の通用しない見切り持ち相手ではもちろん流星用である。そう、フォルセティにはバルムンク流星にも勝るとも劣らない攻撃性があったのである。


内助の功


だがここでシャナンにはうれしい知らせがあったのだ。

聖戦の系譜では様々な会話イベントが用意されており、その多くはパラメーターの上昇やアイテムの入手などのありがたい効果もある。今回注したいのは人ができた場合の会話イベントである。

終章でシャナン人がいた場合、会話することでの底上げが行われる。対である女性ラクチェ(ラドネイ)かパティデイジー)である。ここで注したいのはパティである。パティと会話すると速さが+3される。これが何を意味するかというと、速さ限界値と期待値の差である。30-27=3で見事に一致するではないか。

このイベントにより辛うじてシャナンは最速ユニットの座を取り返すことに成功したといえる。なに、戦場のどん中でお弁当広げる?いいじゃないかシャナン。補強ポイントを見抜いてくれる立がいるんだからそのくらい多めに見てやれよ。


関連動画



■sm8422067[ニコ動]


関連商品


■azB000065V6S


関連項目



最終更新日: 16/05/05 11:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ