ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


バロンドール


ヨミ: バロンドール

バロンドールBallon d'Or)とは、フランスサッカー専門誌「フランスフットボール」が催するサッカーの個人賞である。

2010年度よりFIFAの管轄する賞となり、「FIFAバロンドール」として表されていたが、2016年から元の形式に戻っている。


概要


1956年フランスサッカー専門誌「フランスフットボール」が創設したその年のもっとも活躍した選手に贈られる最優秀選手賞であり、現在FIFAが選定するFIFA最優秀選手賞よりも権威は上と位置づけられており、サッカー選手にとってもっとも名誉のある個人賞となっている。言葉の意味は、フランス語で「の球」という意味で、その年の受賞者には色のサッカーボールを模したトロフィが贈られる。

当初はUEFAが管轄するリーグプレーする欧州籍の選手に与えられる賞であったため、ディエゴ・マラドーナジーコペレといった過去伝説的なスーパースターたちは受賞歴がい。1995年より受賞資格者がUEFAに加盟するクラブチームプレーする選手であれば籍を問わないよう拡大され、2007年からは「世界プレーするプロサッカー選手」が受賞資格者となった。以降事実上の世界最優秀選手に与えられる賞となっている。

2010年より、FIFAが選出していたFIFA世界最優秀選手賞と統合されて「FIFAバロンドール」となっていたが、2016年FIFAフランスフットボールパートナーシップを解消したことによって再びフランスフットボールが独自に表する賞に戻っている。

現在の最多受賞者はリオネル・メッシ(6回)であり、2008年から2017年までの9年間はメッシクリスティアーノ・ロナウドが受賞を分け合うような形になっている。

2019-2020シーズンは、新型コロナウィルス世界的な感染拡大によって各リーグ要な際大会が相継いで日程が変更されたり、中止になったことから正な選考が不可能であるとして、史上初となる表中止が決定されている。


選考方法


かつては欧州52かサッカー記者投票によっておこなわれていたが、2007年の選考対者の拡大に伴い、世界中のサッカー記者が選考に加わることができるようになった。

毎年10月頃に30名の最優秀選手リストが発表され、この中から記者による投票ポイント制でおこなわれ、12月に受賞者が決定する。

なお、日本人選手では、中田英寿1998年1999年2001年、稲本潤一が2002年中村俊輔2007年投票ポイントは獲得しなかったものの補者としてノミネートされている。

また、FIFAバロンドール時代の2010年から2015年までの間は全世界記者による投票に加え、FIFA加盟の代表監督将の投票によって選出されていたが、両者の投票結果に差異が生じたことがあり、受賞の正さを欠くとして問題視するがあがっていた。


歴代受賞者



次へ»
最終更新日: 21/09/18 23:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ