ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


バンジョーとカズーイの大冒険


ヨミ: バンジョートカズーイノダイボウケン
掲示板をミル!
744カキコ!

[画像を見る]

バンジョーカズーイ大冒険(英題:Banjo-Kazooie)とは、1998年任天堂から発売されたアクションゲームである。開発は『スーパードンキーコングシリーズ』で有名なレア社略称は「バンカズ」。


ストーリー


「おまえの わ~~~かさと、かわい~~~さ いただくよ!」

クマバンジョーとトリのカズーイが暮らすクルクルやまのふもと。彼らのを見下ろすようにそびえ立つのは、おそろしい魔女グランチルダのとりでです。グランチルダ今日オナベに向かって、世界で一番美しいのはかと問いかけます。もちろん自分と答えると思っていたグランチルダでしたが、オナベの答えはクマチューティという若くて可愛い子の名前でした。

「な~~~んぢゃと! わしよりきれいなコなど おるわけな~~~い!ホウキよ、チェックにいくよ!」

その頃、チューティはねぼすけなバンジョーを起こしにクルクルやまへとやって来ていました。そう、チューティとはバンジョーのことだったのです。モグラボトルズとおしゃべりをしていると、からブキミな影が飛んでくるのが見えました。

「ありゃゃゃ! わしより、ちょっっっとだけ きれいかも!」

チューティは、たちまちグランチルダに攫われてしまいました。このままでは、チューティの身が危険です。外の異変に気がついたカズーイは、この騒ぎでものんきにグースカ寝息をたてているバンジョーを起こしました。

「ようすが おかしいわ! すぐ おきて!」

チューティを助け出すため、魔女のとりでのてっぺんをします。バンジョーカズーイの大冒険、はじまりはじまり!


概要


レア社NINTENDO64向けに開発した3Dアクションゲーム及びそのシリーズ
NINTENDO64向けに『1』『2』が開発され、GBA版も発売(日本未発売)されたが、レア社マイクロソフト下となったことで、それ以降の続編である『ガレージ大作戦』はXbox 360での発売となった。

任天堂3Dゲームの基本である『スーパーマリオ64』と較すると、タイプステージ内で重要アイテムジグソー)を集めて先へ進んでいくという基本スタイルは共通しているが、アクションRPGに近い要素も含んでいる。

バンジョーリュックカズーイが入っているという一心同体の形態から繰り出される豊富なアクションはどれもユニークで個性に溢れている。ゲーム開始直後はど何もできないが、各ステージ内でアクションを習うことで探索範囲は徐々に広がっていく。『2』では『1』のアクションを始めから使用可であり、その上で更に高度なアクションを覚えていくため最終的には相当な数のアクションが可になる。

ステージ内に会話できる対が多く、ステージ専用のイベントアイテムも多数存在する。アクションを駆使して的地まで行くというよりも、ステージを解いたり人助けをしたりといった要素が多く盛り込まれている。これらの特徴は『1』と『2』の間にレア社が開発した『ドンキーコング64』も踏襲しており、こちらもほぼ同じ基本システム制作されている。


作品一覧


日本で発売されたタイトルのみ記載。


移植作品


*「大冒険」、「大冒険2」「ガレージ大作戦」収録


主な登場キャラクター


【】内は出ているシリーズを示す。


バンジョーたちの仲間又はヒントをくれるキャラ



グランチルダの一味


※他にも1・2と出ているキャラがいる。詳しくはWikipediaの「バンジョーとカズーイの大冒険[外部]」の記事を参考にすると良いだろう。


箱○より新しいキャラ



アイテム


アイテムを紹介します。キャラ同様に…

【】内は出ているシリーズを示す。


あつめるアイテム



次へ»
最終更新日: 19/11/12 22:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ