ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


バンプレスト


ヨミ: バンプレスト
掲示板をミル!
39カキコ!

バンプレスト (BANPRESTO) とは、

  1. かつて存在したゲーム会社。
  2. バンダイナムコエンターテインメントがかつて展開していたレーベルブランド)の一つ。
  3. かつてバンダイナムコグループに属し、プライズゲームおよびコンビニくじ(一番くじ)用品の企画・販売を行っていた企業
  4. BANDAI SPIRITSプライズ事業部のブランド名。

概要


1977年に豊栄産業株式会社として設立。1982年にはコアランドテクノロジー株式会社に商号変更。当時はセガとの関わりが深く、多くのゲームセガから発売されていた。が、1986年コナミ販売の『WEC ル・マン24』を発売したことからセガとの関係が悪化。アミューズメント業界への活路を探っていたバンダイの援助を受けるも、15億円以上の赤字を抱える。結局多額の資援助をしたバンダイは引くに引けない形となり、まるごとコアランドを買収する。これが株式会社バンプレストとなった。

その後、バンダイの強みである版権を生かした品をクレーンゲームに導入することで負債はすぐにくなったものの、コアランド時代のようなオリジナルゲームくなり、専らアーケードでは版権を用いたゲームの開発、販売のみを行うようになる。

一方、コンシューマーでは多数の版権を持つ強みを生かし、『コンパチヒーローシリーズ』を発売。これが後の『スーパーロボット大戦』の企画へと繋がり、ゲームメーカーとして一定の認知を得るようになった。が、開発に関しては委託することも多くなり、パブリッシャーとしての側面が強くなっていく。

2006年に親会社バンダイゲーム部門がナムコに統合されバンダイナムコゲームス(後のバンダイナムコエンターテインメント)となったことを受けて、バンダイナムコホールディングス株式公開買い付けにより同社の100%子会社となり、2008年4月1日にはバンダイナムコゲームスゲーム事業を移管すると同時に吸収合併され、バンプレストは同社のレーベルの一つとなった(2014年止)。同時にプライズゲームおよび一番くじ企画・販売を行う同名の新社が設立された。ちなみに、コンシューマーゲームの開発を担当するバンプソフトはその後もしばらく残留し、ベックとの統合によりB.B.スタジオとなった今でも、合併前とは実質的に変わっていない状態といえる。

一番くじを担当するロトディビジョンは、2018年4月1日よりバンダイのホビー事業部およびコレクターズ事業部との統合の形で新会社「BANDAI SPIRITS」に事業譲渡された。

2019年4月1日BANDAI SPIRITSが(新)バンプレストを吸収合併して事業を継承し、バンプレストの名称はプライズ事業部のブランドとして存続。企業としてのバンプレストは歴史に幕を下ろすことになった。


主なゲーム



関連商品


■azB00ANI276O
■azB000T0PCNQ
■azB003M69TPQ
■azB00BIYSF7C


関連チャンネル


■ch346


関連項目



外部リンク



最終更新日: 19/09/03 11:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ