ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


パイヌール湖災害


ヨミ: パイヌールコサイガイ
掲示板をミル!
7カキコ!

パイヌール湖災害とは、1980年11月20日米国ルイジアナ州で起きた「が『』」してしまった災害である。


概要


米国ルイジアナ州に存在するパイヌール湖(Lake Peigneur)は、ヴァーミリオン湾(Vermilion Bay)から10数kmほど上流に存在するである。面積は約530ヘクタールで、深は3mほどの淡だった(過去形)。

この付近は地中に多く岩が埋蔵されており、岩の採掘が盛んな地域だった。そのためパイヌール湖付近には多くの岩坑が存在していた。


湖の「水没」


1980年11月20日。石油採掘大手テキサコ社がパイヌール湖上の採掘基地で油田を掘削しようとしていた。掘削ドリルが地下約1230フィート(約340m)ほど掘り進んだその時だった。

誤ってドリルが地下の岩を貫いたのだ。油井の作業員たちは急ぎへと避難した。直後採掘基地はに飲み込まれ、跡形もなく底へと沈み込んでいった。

一方、岩の坑夫たちは奇妙な音を聞いていた。やがてドリルを伝ってが流入してくると坑夫たちは一斉に避難を始めた。幸い坑では日ごろ避難訓練を欠かさなかったこともあって死傷者もなく全員の避難が遂された。

ドリルによって貫かれたを伝って一挙に坑へと流れ、吸い込まれた。上では大きな渦が発生し、圧によっての船、大量の木、26万メートルほどの周辺地域及びそれに付属する自動車などが地下へと飲み込まれ、底は全に陥没してしまった。

更に位が一気に下がったためヴァーミリオン湾からデルカバー運河を伝って大量のが逆流し、に流れ込んだ。は運河沿を蹴散らし、沿全に壊滅してしまった。は高さ50m程のとなってパイヌール湖に丸2日間注ぎ込んだ。

パイヌール湖の災害は、沿地域に甚大な土地や器物の被害をもたらしたが、死傷者は居なかった。


事故の原因・その後


実は事故の原因はよくわかっていない。拠が全て地下へと飲み込まれてしまったせいである。テキサコ社はもちろん岩の存在を把握していて、掘削は坑の位置を念頭に置かれて計画されていた。単純に掘削する位置を間違えた人為的ミスであるという説が一般的である。

を開けたテキサコ社と掘削の請負企業ウィルソンブラザーズ社は岩の持ちであるダイヤモンドクリスタルソルト社及び周辺の住民、企業に合計約4500万ドルを支払った。岩1986年閉鎖された。

パイヌール湖は深さ340mほどのとなった。以前にはなかった種類の植物が棲息するようになり、の生態系は変貌してしまった。現在も飲み込まれた屋根面から出ているなど、当時のあとはGoogle Earthなどによって確認できるようだ。


関連商品


■azB00007MCI5


関連項目



最終更新日: 11/02/17 22:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ