ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


パチュリー・ノーレッジ


ヨミ: パチュリーノーレッジ
掲示板をミル!
1453カキコ!


パチュリー・ノーレッジ(Patchouli Knowledge)とは、ZUN(上海アリス幻樂団)制作弾幕STG東方Project」作品内に登場するキャラクター

東方Projectの登場キャラクター


概要


種族:魔法使い
二つ名:知識と日陰少女紅魔郷)、動かない大図書館萃夢想)、得体の知れない魔法の元(文花帖)、魔女緋想天
登場作品:「東方紅魔郷」4面ボス/Extra中ボス、「東方文花帖」5-2/5-4/5-6/5-8ターゲット、「東方萃夢想」「東方緋想天プレイヤーキャラ、「東方地霊殿霧雨魔理沙支援キャラ
テーマ曲:「ラクトガール ~ 少女密室」、「ヴワル魔法図書館」(ヴワル魔法図書館は本来は中曲でありテーマではいが、アレンジverが萃夢想にてパチュリーステージBGMとして使用されている)

[画像を見る]紅魔館図書館に引き籠っている魔法使い(以前は魔女と呼ばれていたが、求聞史紀から魔法使いと呼ばれるようになった)。そのためか二次創作魔女と呼ばれている場合も多く見られる。しかし基本的には同じものととらえていいだろう。
見た少女だが年齢は100歳ほどである。

引き籠っている理由は本と日光で痛むからだそうだ。
体が病弱喘息持ち、魔は膨大だが身体人間にも劣る。ビタミンAが足りていない。
館のレミリア・スカーレットとは友人で、「レミィ」「パチェ」と称で呼び合う仲である。
身長はやや低めで魔理沙妖夢程度。

二次設定では生まれたときから魔法使いであるとされる事が多いが、公式ではこのことに関する記述があまり明確ではなく、求聞史紀では同じ魔法使いであるアリスは「人間から魔法使いになった」と明言されているのに対し、パチュリーは「生魔法使い」としか書かれていない。
もっとも、「生」とは「素性や出身などに一切の混じりっ気がい」と言う意味であり、そのまま解釈するなら「今まで魔法使いでなかった時期が全くい」、つまり生まれたときから魔法使いだったという事になるが、「種族が魔法使いである事」と「生まれたときから魔法使いである事」は意味が微妙に異なる。
種族が魔法使いになると言うのは捨食や捨魔法を習得し、長命を得る事に成功して人間を辞めた者の事を言うが、阿求によると「生まれたときから魔法使い」と言うのは文字通り生まれたときから魔法を使う事が出来るという意味で、捨食や捨魔法魔法を自で習得しないと全な魔法使いにならないのは、生まれたときに魔法を使えなかった者と同じである。

あまり外出はしないが紅異変の後はやや行動的になったようで、東方萃夢想では萃香神社の宴会を一番楽しみにしていたと評され、東方儚月抄では神社おみくじを引きに来ていたことを自らっている。
ちなみにおみくじの結果は「ゆえきち末吉」だったのだが、実は魔理沙適当に仕込んだものを引いてしまったらしい。

称は「パチ」、ファンからは「パッチさん」と呼ばれることも多いが本名は「パチリー」なので要注意。
パチュ」は問題ない範囲だが、「パチリー」と誤記すると信者毛玉のように涌いて来てピチューンするぞ!
ちなみに、少し前まではGoogleで「オアチュリー」と検索すると「もしかして:パチュリー」と表示された。

また、パチュリーは「シソ科の植物、またはそれから作られる精油、香水」(タミル由来)のことであり、ノーレッジは「知識」(英語由来)である。(knowledgeの発音はレッジに近いのだがツッコんだら負け。)


性格


「動かない大図書館」の名のとおり、図書館内で本を読んで過ごしており、滅多に外出しない。
「本の傍に在る者こそ自分」と考えており本を読む事以上に素晴らしい事はないとも考えている。
口数は少なく暗い。しかし暗いといっても想が悪いだけで性格は暗くない。

静かにひたすら本を読む事が好きで、本を読まれる事を邪魔するととても怒る。
放っておけば一人でいつまでも本を読んでいるが、孤独を好むと言うよりも孤独でも気にならないほど本に熱中すると言ったほうが近い。

また経質で豊富な知識があるせいか、幻想郷の異変に対して敏感な部分がある。
緋想天では最初に気質の異常を感じ取って界に向かったのがパチュリーであるし(萃香などがもっと先に界に行っているが的が違う)、地霊殿でも異変を解決するべく行動を起こしたのはパチュリーである。
それらの関係で最近では外出することも割と多いようだ。

なお知識は豊富であるが、そのどを本に頼っているため微妙にズレているところがある。そのため紅魔館での問題解決役を請け負っているはずが、逆にトラブルメーカーになる事もある。咲夜レミリアにも「知識人はもう間に合っている、これ以上要らない」などと言われる始末。緋想天でも異変の発生には逸く気付いたものの、犯人を間違えてしまっていたりする。
地霊殿においても、異変にはいちく気づいたものの魔理沙と組んで地下に潜ったときには典的な頭でっかちぶりを披露。2ボスパルスィの正体を尋ねられて「すぐには解らない」と返し、3ボス勇儀との会話中にパルスィの正体を調べ終わるという見事なまでの無能マイペースぶりを発揮。魔理沙に「使えない」呼ばわりされてしまった。


能力


水木土日を操る程度の能力

[画像]

西洋魔術師のような名前なのに意外にも五行に日との2属性を加えた属性魔法を使いこなす。
その数から「七曜の魔女」とか「一週間少女」とか呼ばれることもある。
一週間なのに何故「火」から始まっているのかと言うと、五行の相互関係を成す5つの属性に加える形で日とが存在するからである。ただし本来の五行思想に基づくならば「木火土」になるはずであり、その辺はパチュリーオリジナルの「七曜の魔法」であるのだと思われる。
余談だが、日本語において曜日に五行思想が含まれているのは、近代以前より観測可であった5惑星水星金星火星木星土星)の日本語訳に木火土を当てたことによる。これらに太陽(日)を合わせた「(体としての)七曜」を曜日の名称として使用しているだけであり、七曜と五行思想に直接の関係は本来ない。

火…変化と動き  火は土を助け、を阻する。火の燃えカスは降り積もり土を成すが、金属を溶かしてしまう。
…静寂と浄化  は木を助け、火を阻する。は木を育むが、火の勢いを弱めてしまう。
木…成長と覚め  木は火を助け、土を阻する。木は火を燃え盛らせるが、土から養分を吸い取ってしまう。
…丈夫さと豊かさ  を助け、木を阻する。を生み出す(結露のこと)が、木の根を裂いてしまう。
土…基礎と不動  土はを助け、を阻する。土は金属を内包するが、を吸い取ってしまう。
日…動と攻撃
…受動と防御

属性魔法精霊魔法とも言い、文字通り大自然に存在する精霊を借りて行使するである。
自身の魔のみによらないため小さなコストで大きなを得る事が出来るが、きちんとしたやり方で操らないと制御が難しい魔法でもある。
また上記のように五行属性には相互関係が存在し、効率よく組み合わせて使用すればそのを倍増させることができるが、間違えると打ち消しあって効果が低くなる可性もある。これは精霊魔法を操る敵と対峙した時にも言える事で、如何に自分の魔法を効率よく使い、如何に相手の魔法を阻するかの戦いになる。

この五行の性質は魔法だけでなく生き物の存在にも言えるようで、萃夢想では登場キャラクターの五行属性について触れている。
例えば霧雨魔理沙は「」の属性人間である。人間と熱のキノコ魔法ばっかり使っているのはおかしなものであるが、風神録でようやくコールインフェルノと言う魔法を覚えている。

なおパチュリーは2つ以上の属性魔法を同時に使用したスペルカードをも操る。
この複数属性の組み合わせも、やはり上記の相互関係において相性が良いとされる組み合わせの物しか存在しない…はずなのだが、火&符「フロギスティックレイン」や火符「セントエルモラー」など、お互いを阻する属性の組み合わせが割とある。日+も五行ではないので明確に相性が悪いと定められている訳ではいが、逆の特性をるこれらの組み合わせも存在する(日&符「ロイヤルダイアモンドリング」)。これは相性の悪い組み合わせをも操るパチュリーの技量の高さを示すものなのか、はまたた相性についてあまり考えていないだけなのかは不明。求聞史紀では相性の悪い組み合わせについては「弱点をカバーするため」と解説されている。
なお現在の所、五行属性の中での2つの属性の組み合わせとしては「木+土」のみ未だに登場していない。

高度で強魔法なるほど、必要とされる詠唱が長くなる傾向にあるようで、体の調子が悪い時はあまり高度な魔法は使えない。
紅魔郷4面の戦闘後会話では「魔法はまだあるけど貧血のせいで詠唱しきれない」と発言しており、また同Exステージで登場した際は「喘息調子がいいから手加減しない」などと言っている(そしてロイヤルフレアサイレントセレナ賢者の石と言った最高峰のスペカを連発してくる)。

ちなみに、一週間の曜日に合わせて同じ属性魔法を使っていくことをひそかな趣味にしている(萃夢想上海アリス通信.txt)が、にも気づかれない。またそのお陰で曜日を間違える事はまずいが、日付感覚があまりないという奇妙な状態に陥っている。

初登場の紅魔郷においては、選択した自機・装備によって使用するスペルカードが大きく異なると言う特徴を持っていた(これは妖々夢プリズムリバー3姉妹や、地霊殿古明地さとりも受け継ぐ4ボスの特徴とも言える)。この為、別のキャラ・装備で突破した事があったとしても、他のキャラ・装備では新たにパターンを組みなおさなくてはいけない。

スペルカード以外でも、自身を中心としてレーザーを回転させる特徴的な通常弾幕を使う。これは後の作品において魔理沙が「ノンディレクショナルレーザー」としてラーニングして使用している事でも有名。

Exでは、残機、ボムの制限を出来る限りフランドールに残したい状況であるにも関わらず中ボスパチュリー自身も強敵であるので、パチュリーをいかに最小限の被で突破するかがクリアへの大きな課題となる。


弾幕アクションでは


黄昏フロンティア弾幕アクションゲーム東方萃夢想」「東方緋想天」「東方非想天則」でも、魔法を中心とした射撃キャラクター

動きは基本的に鈍い。旋回性トップ3の自由飛翔を持つが、幽々子のようにダッシュ初速が速いわけでも、衣玖さんのように反則的リーチの打撃を持つ訳でもないため、相対的に機動はやや低い。
しかし東方緋想天以降では全キャラ中、パチュリーのみ射撃やスキルを使った後の霊回復ディレイが他キャラより短いと言う特性を備えており、射撃特化のキャラとしての性がよりプッシュされている。
そこそこの強度と誘導性を持つB射撃と高い誘導性を持つ弾を全方位にばら撒くC射撃を始め、相手の弾幕を貫く速射から前方を広くカバーするバリア状の弾、圧倒的強度を持つ火炎弾に扇状に広がる、時間差で降ってくる設置射撃などバリエーションはきわめて豊富。(だが不思議なことにレーザーだけは持っていない)
スペルカードも本体無敵の全画面攻撃・日符「ロイヤルフレア」を始め、様々な射撃がっている。
反面、突撃技やグレイズ付き攻撃など打撃には乏しい。

なおスペカ以外にも、スキルの射撃技にも火水木土の属性が設定されている。
236」「214」「623」「421」「22」の各種コマンド属性1つずつに割り当てられている(例:236コマンドの技は「火」担当であり、デフォスキルも書き換えスキルも全て火。他のコマンドには火属性の技は一切い)ため、どのように書き換えても常に各種コマンドで1つずつ5属性の技が使えるようになっている。
これは、例えば掲示板で「236コマンドは何使ってる?」と聞くところを「火属性は何使ってる?」と雰囲気出した会話が出来るようになる以外は、普通は気にする必要はない。
しかしスペカの火水木土符「賢者の石」を使う時はこれをしっかり理解しなければならない。このスペカ紅魔郷Exの時と同じように5色をる宝石がパチュリーの周りに出現するのだが、いずれかの属性スキル射撃をパチュリーが使うと、対応する属性の宝石が砕けて自動で追尾射撃をしてくれる。砕けた宝石が再生するには少し時間がかかるため、同じ属性スキルを連続使用しても賢者の石の効果は活用できない。

以上のように射撃特化キャラだが、パチュリーの打撃技も中々にワイルド
打撃技も大半は手の先から魔法を出したり、本から出るの塊を相手にぶつけるなど、見た上は射撃技と変わらないものが多いが、一部の技は持っている本で直接相手を殴る。
近Aが漫才の突っ込みを入れるようにして本でくのはいいとして、6Aは仰け反るほど上段に構えて思い切り本の叩き下ろす。当たると相手はまですっ飛んで行く。他にも3Aは正座の姿勢から両横に手を付いて両足スライディングをする技だが、溜めて出すと物凄い滑って前進する。ロックマンのスライディングくらい前進する。世の中にはこのすっごい滑るスライディングの好会があるんだとか何とか。


スペルカード一覧


前述の特徴から、スペカの種類が極めて豊富。


東方紅魔郷



次へ»
最終更新日: 17/01/21 20:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ