ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


パトリック・ザラ


ヨミ: パトリックザラ
掲示板をミル!
1カキコ!

パトリック・ザラとは、アニメ機動戦士ガンダムSEED」の登場人物である。
CV有本欽隆


概要


もしかして →  パトリック・コーラサワー

「勝つために戦っているのだ!皆、覚悟はあろう!!」

C.E.26年生まれの第一世代のコーディネイター。大西連邦で極秘裏に誕生したと言われている。本編開始時の年齢は45歳。その割には白髪とシワと多いが、おそらく心労によるものだろう。妻にレノア・ザラが、一人息子アスラン・ザラがいる。強面だがで、レノアを心から愛していた。

コーディネイター至上義を掲げており、出生率低下に頭を抱える現状も「々の技術が必ずする」と断言している。それでもレノアと死別するまでは過な思想を行動に移す事はなかった。

クルーゼく、「戦争は勝って終わらねば意味はなかろう」が口癖。


来歴


若い頃は地球に留まり、自身のを活かしてコーディネイターの居場所作りに奔走した。しかし、化する反コーディネイター運動ブルーコスモステロが彼の活動を阻した。根強い反ナチュラル義はこの時の経験によるものと思われる。その後、いつ頃かは不明だがプラントに渡航。ディセンベル教育者を経て、防委員会に所属。要職に就き、プラントの事実上の軍「ザフト」を設立。シーゲルクラインとは旧知の中で、要職に就いてからも親交が続いた。しかし穏健シーゲルタカパトリックとでは意見が合わず、会議の場では常に対立していた。

そんな中、レノアと出会い結婚。一人息子をもうけた。パトリックレノアを愛し幸せな時間が流れた。レノアの心情は不明だが、夫婦円満の生活だったと思われる。しかし地球軍が放った1発の核ミサイルによって「血のバレンタイン」事件が発生。ユニウスセブンにいたレノアはそれに巻き込まれ、死亡。これがきっかけでナチュラルへの憎悪が爆発。以降、強硬姿勢を取り続ける事になる。父親らしさがくなって仕事に傾倒していくようになり、アスランとの関係も冷え切る。その様相は上司と部下のようだった。それでも父親の自覚はあったようで、デスクの上に家族写真を飾っている。

本編では委員長を務め、ザフト軍を揮する立場にいた。このため表舞台に立つ事は少なかったが、巧みな演説手腕により賛同者を増やしつつ強硬路線を推し進めた。ご意見番としてラウ・ル・クルーゼを起用し、前線の情報収集をさせている。やがて最高評議会議長の座に就き、ラクス・クラインフリーダム奪取の手引きをしたという事で、父親シーゲルを暗殺。のラクスも殺しようとしたが、こちらは失敗している。が、政敵を排除したためパトリックの権が更に増大。得意の演説プラン内に流し、市民からの支持も獲得。余談だが、オーブから引っ越してきたシン・アスカパトリック演説を聞いている。

だが現実パトリックの思い通りにはいかなかった。地球軍の反攻によりオペレーションウロボロスの破綻、息子アスランの脱走、クラインの跳梁など頭痛の種が尽きなかった。沈痛な表情で過ごしている場面が多く描写されている。クルーゼの甘言も手伝ってナチュラル殲滅に傾倒していく。物語終盤、地球軍が禁じられた核兵器を使用し、宇宙要塞ボアズを失陥。ナチュラルの野蛮な核に対抗するため、最終兵器ジェネシスを使用。地球軍の艦隊とプトレマイオス基地を殲滅し、その矛先を地球にまで向けた。それを止めようとしたユウキパトリックに撃たれている。射線上の味方を巻き込んでまでジェネシスを撃とうとするパトリックの狂気は留まるところを知らなかったが、瀕死ユウキに撃たれ、致命傷を負う。部に乗り込んできたアスランと最期の顔合わせをするも、今際までナチュラル殲滅を訴え、死亡した。

高山瑞穂コミックでは少々描写が異なる。第二次キンドゥーエ攻防戦にて、アスランが乗るジャスティス数の暴力で撃墜する活躍(?)を見せる。しかし今までの強硬路線が祟り、部下に反乱を起こされて失脚。プラントと地球は停戦条約を結ぶことになった。失脚だけなので生存している。

続編のSEED DESTINYでは名前だけ登場。パトリックの強硬路線に賛同していたザフト軍脱走兵が登場し、彼らはザラと呼ばれていた。

「何故気付かぬか!?

らコーディネイターにとって、パトリック・ザラの取ったこそが一正しきものと!!」


関連項目



最終更新日: 19/06/10 19:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ