ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


パルメニデス


ヨミ: パルメニデス

パルメニデス(Parmenidēs、生没年不明)とは、古代ギリシア哲学者である。エレアの祖。


生涯


レアに生まれる。クセノパネス子であり、エレアのゼノンの養師匠であったとされる。

生年については諸説あり、はっきりしない。ディオゲネス・ラエルティオスの『哲学者列伝』には、紀元前504~紀元前501年には40歳頃であったと記されているので、生年は紀元前540年ごろになる。一方プラトン『パルメニデス』には、パルメニデスが65歳の頃(紀元前450年頃)にソクラテスに出会ったとされるので、紀元前515年頃になり、矛盾が生じる。

なお、没年については全く不明である。


パルメニデスの思想



存在論


パルメニデスは存在論を説いたことで知られる。

存在は存在、非存在は非存在。これは論理学でいう「同一」(AはAである)であり、々にとって当然のことに思える。ところが、パルメニデスはさらにこう続ける。

  1. 存在はどのように生成したか。生成の原因とは「存在」か「非存在」かのどちらかである。「存在」だとすれば、ではその「存在」の生成した原因は……と考えると限循環となり、矛盾が生じる。「非存在」だとすれば、非存在から存在が生成することになり、矛盾が生じる。よって、存在が生成することはありえない。
  2. また、存在はどのように消滅するか。存在が消滅とすれば、存在が非存在に変化することになり、矛盾が生じる。よって、存在が消滅することはありえない。
  3. 以上より、存在とは生成も消滅もしないものである。

存在とは生成も消滅もしないものである。存在が変化することはありえない。これがパルメニデスの変化否定論であった。

パルメニデスがこうした存在論をした背景には、ミレトス学タレスアナクシマンドロスアナクシメネス)の「万物の根アルケー)」に関する議論への不信があったと思われる。彼らは、「アルケーである」とし、そこからすべてが生成・消滅するとる。しかし、そもそも「である」「でない」とはどういうことか? 「生成・消滅」とはどういうことか?

こうした疑問からパルメニデスは出発し、存在論・変化否定論に到達したのであろう。


理性主義


もちろん、こうしたパルメニデスの意見には批判もあった。これに対し、彼は次のように述べている。

  1. 々は理性ロゴス)と感覚に基づいて思考することができる。
  2. ロゴスに基づいて思考するものは「真理アレーテイア)」であり、感覚に基づいて思考するものは「臆見(ドクサ)」である。
  3. 世界が変化しているように感じられるのは、々が感覚に基づいて思考しているためである。

彼が感覚による思考よりも理性による思考のほうが勝るとした。彼が「合理義」の祖と呼ばれるのは、こうした理性義的な思考が見られるためである。


後世への影響


パルメニデスのした存在論は、西洋哲学にとって大きな課題の一つとなっている。

存在論の哲学を唱えた人間を列挙するだけでも、プラトンアリストテレスライプニッツカントハイデッガー・ベルクソンと多岐に渡る。

また、パルメニデスの運動否定論に反対する立場の者もおり、その代表例はヘラクレイトスである。


エレアのゼノンとの関係


エレアのゼノンパラドックスを唱えたことで有名だが、これはパルメニデスの変化否定論・理性義を擁護するためであった。

例えば、パラドックスの一つ「アキレスと亀」は、感覚的にはおかしいと感じられる。しかし、これを理論的に論駁することはとても難しい。々が感覚におかしいと感じてしまうのは、々が「臆見」に陥っているからだとゼノンしている。


関連商品


■az4423196301
■az4486014553


関連項目



最終更新日: 13/09/06 12:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ