ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


パワプロクンポケットシリーズ


ヨミ: パワプロクンポケットシリーズ
掲示板をミル!
1466カキコ!
シュールさ注意

この記事はブラックネタを含んだゲームについての記事です
閲覧の際は自己責任でお願いします
動画投稿自己責任でお願いします

パワプロクンポケットシリーズとは、GBCGBAニンテンドーDSにおいて発売されたゲームの総称である。一般的に「パワプロクンポケット」または「パワポケ」と言うとこれをさすことが多い。 

表面上は全年齢対ゲームである。

Q:スタッフ自重する気がないんですか?
A:じゃあ難なゲームになってもいいんですか?
 (パワポケ11公式サイトより)


概要


もともとは「実況パワフルプロ野球5」を別視点からみたゲームとして1作製作されたが、その人気を受けて製作された2作以降は、時系列に沿ってパワプロとは異なった独自の世界観が作られて行くことになり、現在に至る。

BGMシナリオクオリティの高さには定評があり、特にシナリオは後述のように独特の世界観を持ち、ファンも非常に多い。

GBGBAの頃はハード自体の性限界もあり「野球おまけ」的な作りであったが、それが作品を経るごとに徐々に進化
DSに移行してからは「実況付き・3D」で、プロ12球団の選手は顔写真付き、さらにはネット対戦も可と、本家やポータブルシリーズべても遜色のない出来になっている。
そのため、かつては「パワプロ携帯版と思って買うと失敗する」と言われていたが、現在では純野球ゲームとしても評価されている。 

ギャルゲー」「鬱ゲー」「ネタゲー」としても有名で、このシリーズにおける最大の特徴は「全てのシナリオが同一時間軸で繋がっている」ということである。他のロングシリーズFFパワプロロックマンなど)は途中で世界観がリセットされてしまう事が多いが、このシリーズは「1」から「14」まで全てのシナリオが同じ時間軸で繋がっている。特に「11」では今までだったり、またプレイヤー側からは思いもよらぬ伏線が一気に回収される製作の策士ぶり。
2012年1月時点での最新作は「14」だが、この作品を持って、長らく続いた表サクセス世界時系列は区切りを迎えた。 

その一方で、「最近始めたから過去伏線とか意味わからん」というもおおく、新規のプレイヤーにはわからなくなりがちな部分も多い。ちなみに、「1」サクセス開始時点から「14」サクセス開始時点までの劇中の経過年数はなんと20年以上をえている。 

必ず各作品に何らかのバグがあるのも特徴である。内容は軽度なものから有益なものまで様々だが、中には致命的なもの、修理ソフトの交換を必要とするものまである(8の登録バグや12のサブポジバグ)。
事実上最終作の14でも代走自動選択にバグが存在している。
 
アンサイクロペディアの記事[外部]は必見。なんとこの人の記事[外部]の次にが少ない。 

最終作を迎えたにも関わらず、パワプロ公式ツイッターにも、「パワポケ最新作はよ」、「最新作を作ってください」
などと、投稿されているのが多く見受けられる。


これから購入を考える人に


(2chパワポケ総合スレテンプレから一部修正して掲載)

テンプレ通り、野球ゲームとしての出来は、DSにプラットフォームを移して以降は8を除いて安定した質を保っているため、調整が明らかにひどいといったような質の差はない。
実在選手のデータは当年の8月時点の成績を元にしているため、どの作品もだいたい中途半端)

GBGBA時代のものだと、野球盤・ヤキューマンレベルの酷いものもある。
ただサクセス(ゲーム本編シナリオ)に関しては初代から通じて『い』上に出来がよいので気にしなくても良い。 


ゲームモードなど


サクセス
シリーズメイン。まだ綺麗な方だがそれでも本家のそれとべるとアドベンチャーゲームとしての色が非常に濃い。
ほぼ確実に暗躍している組織などが存在し、主人公の活躍を妨げてくる。グッドエンド展開では大体が大団円になるが、バッドエンド展開では悲惨な結果になることが多く、それがトラウマになるユーザーも多い。
あんまり野球せずに育成が進むが、裏をやると気にならなくなる。 
サクセスおまけサクセス
ほぼ確実に野球とは関係なしに進行する。ムリヤリ野球をねじ込んでくるけど。
RPGMMO三国志など”スタッフの本気”が伺えるものもある。
サクセスは表サクセス以上にキャラがどんどん死ぬが、その辺を突っ込まないのはお約束である。 
対戦
CPU、対人、Wi-Fi対戦(10~14)が存在する。設定や球場など細かく選べるが、球場に関しては各チームフランチャイズ球場ではなく架のものから選択することとなる(甲子園球場除く、但し看は架のもの)。 
ナントモード
のペナント(通称ペナ)と通常ペナントの2種類がある。
ペナはサクセスで育てた選手をさらに強化するためのもので、パスワード選手は使えない。
通常ペナントは1年間限定で、ドラフトやケガ等が存在せず、基本的には純140試合を楽しむためのもの。
本家のようなペナントモードを期待してはならない。なぜかって?スタッフが死ぬからである。

シナリオの特徴


サクセスは、本家パワプロ以上に「アドベンチャーゲーム」寄りのつくりになっている。エンディングが多数存在するマルチエンディング形式になっており、フラグ選択肢本家より多い。

基本的には野球で全てが解決すシナリオとなっているが、シリーズが進むに連れ野球している場合じゃないシナリオが本筋になっている。

シリーズの特徴の1つにダーク子供には分からないネタが多い”ということが挙げられる。
重要な場面でフラグ選択肢を間違えた場合、友人や彼女が失踪・死亡するというバッドエンドを迎えてしまうこともあるほか、彼女が心に大きな傷を負っていたり、「ソイヤ!ソイヤ!ソイヤ!」なネタがあったり、デート後は「ホテルPAWA」だったりする。
ダークネタに関しては、「人生は明るいことばかりではないから。それをゲームでも体現した」とスタッフっている。最初の作品が発売されてから10年以上経過した(時代が変わった)こともあり、後年の作品では露死亡ブラックネタは極使わないようにしている。しかし代わりに間接的な描写にを入れている。

またギャルゲエロゲ的要素が強い”こともパワポケをる上では外せない。これはそもそもパワプロ
サクセスの原が「ときめきメモリアル」であることも関係していると思われる。
これにより、強い選手を作る場合は(本家パワプロ以上に)デートやうろつきイベントを駆使する必要がある。
デートやうろつきでフラグを多数立てておくと、イベントで特殊経験値が大量に手に入るのだ。しかし、デートやうろつきばかりを行っていると今度は練習に割く時間が減ってしまう。そのあたりのさじ加減が本家以上に難しいといえるだろう。
中には、フラグ条件等との関係から、ハッピーエンドすためには練習をあきらめなければならない、という彼女すら存在する。一方で開発スタッフ彼女偏重の選手育成スタイルを嘆いている。


ニコニコ動画でのパワプロクンポケットシリーズ


基本的に投稿されている動画には「パワポケ」タグが付けられている。
動画の種類としてはプレイ動画(実況を含む)、TAS動画彼女攻略動画が多い。
またアッー!イベントCERO仕事しろイベントを集めた動画なども投稿されている。

動画が多数投稿される程の人気シリーズであるため、当然の如く信者アンチ自治厨も多く存在している。
動画によってはこれらの人達のせいでしく荒れていることもある。

KONAMIによって削除された動画が以前はあまり存在しなかった・・・がKONAMI側の申立によりパワプロクンポケット12パワプロクンポケット13動画の一部が削除された。
その一方でパワプロクンポケット11以前の動画削除されなかった。Youtubeでも大量に削除されているため、動画の種類によっては権利者削除を喰らう可性が高い。


シリーズ一覧


パワプロGBパワプロの方に分類される。また「パワポケ甲子園」、「あつまれ~」は
 製作スタッフが別なこと等から、パワポケシリーズには含まれない。


次へ»
最終更新日: 19/10/27 17:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ