ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


パワプロクンポケット13


ヨミ: パワプロクンポケットジュウサン
掲示板をミル!
113カキコ!

パワプロクンポケット13とは2010年11月25日コナミから発売されたニンテンドーDS用の野球ゲームである。


概要


他のシリーズよりも一月近くくに発売された作品。
バグが心配されたが致命的なバグが一つ、細かいバグが多数と従来通り(?)で済んでいる。 

野球面では12よりも強振がやや強化され、守備の際のスピード若干遅くなり、肩も今まで以上に肩依存するようになった。
特に走塁面での変化は著しく、タッチアップの際は従来より初速が非常に速くなり、逆にライナーなどで帰塁する際は初速が非常に遅くなった。

しかし「野球ゲームとしてのパワポケ」という観点で見るとシナリオは基本的に王道、14が魔球という要素を取り入れて賛否両論だったために9と並んで初心者向けパワポケと呼ばれ、ファンからの人気も高い。

地方大会決勝と甲子園に専用の試合曲が使われたのは今作が初めてであり、特に地方大会決勝時に流れるBGM「逆襲の時!」は、シリーズ全体を通しても名曲と名高い。というか甲子園決勝戦より普通に盛り上がる。

表、裏サクセスとは別にセンシュクラッチというスクラッチで選手を作るサクセスも追加された。 
更に通常のパワプロではなく、八頭身で試合ができるリアル野球誰得モードも追加。
しかしミートカーソルストライクゾーンの位置などがパワプロ(通常)時のままなので、シュールを見ることができる。 

12に続いて13も質問コーナーい。


表サクセス(逆襲球児編)



ストーリー


小学生の頃から野球一筋、かつ結果も残していた主人公は、その実を買われ各分野のエリートが集まるマンモス高校「混高校」へ入学野球部での活躍をすが、ある日事故に巻き込まれ大怪を負ってしまう。

野球が出来なくなった主人公は混高校の分校の一つである「開拓高校」への転入を余儀なくされるが、そこで待ち受けていたのは劣悪な野球環境と本校による分校への不条理な支配構造だった。

これまでとの違いに絶望するも、なんとか復活を果たし奮起する主人公。今、”雑草”達の「逆襲」が始まる。

特徴

今作特有のシステムとして根性ゲージ爆弾ゲージと勧誘コマンドがある。
根性ゲージが一定以上あると、試合に負けても根性ゲージを消費することでやり直せる。(ペナルティーなし、ただし甲子園での試合はやり直し不可。)
また、ルートによっては根性ゲージが一定以上いと出てこない選択肢や、根性ゲージが不足していると強制的にゲームオーバーになる展開も存在する。
爆弾ゲージは一杯まで貯まると怪が悪化しゲームオーバーになるが、狙わない限りまず貯まらない。
勧誘コマンドは必要なイベントさえ起こせば直接仲間補に会って勧誘ができるというもの。

練習の表記が従来の「ケガ率」から「成功率」に変わった。
これは見ての通り練習が成功できる確率であり、失敗してしまうと取得経験点が半減してしまうほか、回数ボーナスももらえない。しかし練習を失敗すると根性ゲージく貯まるので場合によっては役に立つことがある。

パワポケ4以来となる部室レベルが復活。
レベルに応じて仲間が上がることに加え、練習成功率にも大きく関わるなど何かと重要。

ちなみ今作も死亡トラウマイベントが多数存在、性欲をもてあましたりしてますがCERO-Aです。
 


主要登場人物


主人公

パワポケ5以来となる(元)エリート主人公
中学時代には県大会優勝を経験し、チーム選手だったりと所謂『野球エリート』な人生を歩んでいたが、上述の怪によって人生で初めての大きな挫折を味わうことになる。
に負けない強い精リーダーとしての器の大きさ、明らか高校生離れした行動の持ち

また、イケメンであることが顕著に描写されており、彼女補が一惚れする、女子校で大量にチョコを貰うなどそのイケメンぶりを示唆するイベントが多い。

お盛んなため、弾道が上がるイベントが従来の主人公より多い。
「実はかに聞かれてる方が燃えてくるんだ。」 

雨崎優輝

今作のライバルキャラ麻美ルートを阻む障物。
主人公幼馴染かつチームメイト。気弱な性格のため主人公の千羽矢に振り回されることが多い。
ストーリー前半はチームとして活躍するが、中盤にチームを離脱。3年の県大会決勝時には敵として対峙することとなり、投手の場合・捕手の場合共にシリーズの強敵として立ちはだかる。

餅田浩紀

シリーズ染みのメガネ一族に見えるが質問コーナーかったので相は不明。
主人公崎の幼馴染チームメイトだったが、一時的に仲間として使える崎とは異なりサクセス中ではずっと敵のままである。遂に全なる敵キャラと化したメガネ君
ポジション投手で、2年では先発、3年時にはクローザーとして登板する。 
嫌味な言動が多いが、怪を負ってしまった主人公のことに気を遣ってくれたりもする。要はかまってちゃん


チームメイト


詰井理人

今作の相棒キャラ
ポジション投手だが、主人公投手を選択していた場合は3年に正捕手になる。
主人公が精的に強い人間であることをすぐ見抜く等、人を見るは中々。後述する木村とは近所の幼馴染。          

軽井紀矢(かるい のりや)

ポジション外野手
その名の通りいい加減な性格で、ストーリー前半は女遊び等を理由に練習もしょっちゅうサボっている。
メインポジション外野手だが試合時には何故か捕手をやっていることがある。 わがバット地とひとつ! 

杉田祐樹

ポジション遊撃手杉田死ねは皆の合い言葉。
性格は主人公含めチームメイトからの信頼は厚いが、上述の2人とべるとどうも影は薄い。                 二回パワーアップイベントがあるのに、頑なにマイナスであるエラーを保持し続ける役立たずしい選手。

広畑完治

勧誘補。ポジション三塁手
中学時代は杉田と共に野球部に所属していたが「ダサい」という理由で高校ではバスケ部に入部。
特殊当てでよく殴られる。

沖田淳

勧誘補。ポジション外野手
見たに反し抜群の運動神経を持つものの、貧乏故に部活をする暇がないという苦学生がっぽがっぽ!がっぽがっぽ!                         

御影京一

勧誘補。ポジション一塁手
 最初のうちは野球部自体にはそこまで興味のない様子だが、イベントを重ねるにつれ次第に好意的に接してくれるようになる。
 リア充爆発しろ

宇佐美保(うさみ たもつ)

勧誘補。ポジションはニ塁手。
所謂カマホモ男(オトメン)で、男の先生恋愛関係を迫るようなイベント描写のある危ないキャラ
裁縫部に入っているが、元野球部でもあるため細かいプレーができる。
パワーアップ時のイベントで恐怖を覚えたプレイヤーは少なくない。

澄原広海

勧誘補。ポジション投手
高校の分校の一つである海底分校のエース女性であるが、彼女補ではない。                                       
チームメイト女性選手で彼女補ではないのはシリーズ初。(3のアンヌ、ダッシュ、12のピンク、パカ、レンなど。9の助っ人vs商店の時は例外として)
パワポケ世界では彼女が史上初の女性球児となるが、その性格も外見もあおいちゃんとはほど遠い。
しかしチームメイトからの信頼は厚く、男女という垣根を越えて最も優れた選手になろうとしている非常にらしい人物。

下山直人

勧誘補。ポジション外野手コストパフォーマンス最高の仲間
元々は主人公たちと同じ混高校の選手で、器用貧乏。なにもかもが通常の3倍の男である。


開拓分校(高校)関係者


村田克哉

開拓分校野球部の監督。通称ムラッチ。
高校時代に甲子園優勝を経験したことが自慢だが、生徒からはイマイチ尊敬されていない様子。
一見頼りなさそうに見えるが、時折的を射た意見が飛び出たりと案外いい導者だったりする。
パワポケ4以来の再登場。当時は選手だったが、好きなのは変わっていない模様。

八坂透

開拓分校の女子生徒で、チームメイト補である御影幼馴染
明るい性格だがどこか抜けていて、御影が世話を焼いていることが多い。
展開によっては応援団を結成したり御影野球部入部に一役買ったりと、野球部に対しては終始好意的。
関連イベントもかなり多いが、彼女補ではないという重大なバグがある。


彼女候補


木村冴花

開拓分校野球部のマネージャー。旧姓は武で昔のあだ名はブサエ。安産型
マネージャー業だけでなく試合では参謀としてもチームサポートする。頭はいいが熱中すると周りが見えなくなるタイプ
複雑な環境で育っており、父親プロ野球編でお染み(?)の木村之助。
グラフィックデザインが他の彼女補とは少々異なっており、開発スタッフからもブサイクネタにされていたとか。 三白眼のブサエかわいいよブサエ。
イベント彼女環境に関するものが多めで、後述するジナイダとの交流がルート分岐の鍵を握る。

雨崎千羽矢

崎優主人公達の1つ年下。ストーリーの途中で混高校野球部のマネージャーとなる。
小悪魔系の美人かつ天才肌であり、運動や勉強をはじめあらゆることをそつなくこなす。
攻略ルートは3通りあり、用意されている結末はバッド1、ビター、バッド2、グッドの4つ。
また、どのルートでも弾道が上がるのが特徴。基本彼女の方から主人公に襲い掛かる。
プレイ1周はバッド1にしかならず、2周以降ルートが分岐する。彼女の正体(※ネタバレのため反転元は「オオガミベビー」と呼ばれる、人工的に作られた生物兵器としての素養を持つアンドロイドであり、遺伝子の設計により長く生きられない。養子であり、とは血が繋がっていない)が明かされ、次回作に繋がる数々の伏線や、今作を代表するトラウマイベを見ることができる。
野球野球野球野球野球野球練習しないと、練習しないと、練習練習練習練習練習練習!」

グッドのアルバムに辿りつくにはバッド1と冴グッドのアルバムを見ていること、そして彼女を助け出すという根性、何よりも彼女に戦わせない判断と覚悟が必要。
14でそっくりさんが登場することから、バッド1以外のどれかのルート正史であると思われる。
 
アルバムを発生させる順番次第でアルバム消失バグが起きるため注意。  

一ノ宮桜華

高校の生徒。青髪縦ロールお嬢様。ただし口調は父親趣味
生徒でありながら混高校の分校の一つである分校の理事長代理を務めており、ルートに入ると1学期の途中で開拓分校に転入してくる。
会うまでの条件が特殊、必須イベント多数、根性ゲージによっては強制ゲームオーバーグッドエンドには甲子園優勝が必須と攻略難易度が非常に高い。
主人公並ならぬ根性があるかどうか、そして彼女との約束を守れるかどうかがグッドへの鍵。
デート時のイベントには過去作の彼女と絡んだものが幾つか存在する。ちなみに今作の野球人伝

尾木靖子

主人公練習風景を見に来ていた一般人20歳の女性。「主人公ファン」を自称する。
イベント較的空気普通なものが多いが・・・?
最後のイベントでその正体が未来から来た主人公の孫というまさかの大穴ぶりを多くのプレイヤーに見せつけた。 さすがパワポケや!
弾道イベントがないのはCEROの良心か。

七島麻美

次へ»
最終更新日: 16/01/21 02:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ