ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


パワプロクンポケット6


ヨミ: パワプロクンポケットシックス
掲示板をミル!
77カキコ!

パワプロクンポケット6とは、コナミより発売されたパワプロクンポケットシリーズの6作である。
略称は「パワポケ6」


概要


パワプロクンポケットシリーズ6作。今作もサクセスは表と裏の二種類がある。
過去シリーズとは異なり、裏サクセス舞台異世界ファンタジーものではく、表サクセスと同じ世界舞台としている。
後に公式から、裏こそが正史だと言う事が決定する。(厳密に言えば、表は大帝国キラーズ戦までが正史で、それ以降がパラレル)。

表では潰れかけの町工場和製作所を救うことが的。裏では、表で借返済に失敗すると送られるしあわせ舞台となる。

なお、今作から空気を読んだイベントがさらに多くなった。
(例えば特定の場合で良いイベントが起きればチャンス○やムード○、失敗したら×系等)
シリーズから見て、具体的な部分が二つ変わった。
1つは、今作からパワポケポイント(以下パワポケP)システムが取り入れられ、作中に登場したアレンジチームの他、作った選手の背番号や顔を変えられるようになった。このシステムは最新作まで採用されている。
また、パワポケPを使うことでサクセス開始時にアイテムを持ち込んだりすることも出来る。
しかし、パワポケPによって全体的に強い選手が作りにくくなっている。

余談だが全シリーズ中、ラブホテルpawa」の背景回数が多い。

最後の選択肢未来に帰ればポイントが溜まり、現代に残れば選手登録される。
2つは、会話時の画面などが今作から大きく変わった。
5までは色の回りにキャラと場所があったが、色の部分が背景に変わり、
背景を確認しながら、別の絵を見ることが出来るようになった。
(分かりにくい人は5と6のゲーム画面を見べれば分かります。)

 


表サクセス


タイムトロールの一員である主人公
今回の任務は未来に大きなを残すことになる和製作所を救うこと。
製作所が後に開発するワギリバッテリーの開発を阻止すべく、何者かが過去に行き和製作所を潰そうとしていたのである。
犯人を捕まえればいいだけかと思われたが、任務はそれだけではなかった。
それは、借まみれの和製作所がワギリバッテリー製作できるよう経営を救うこと。
犯人を探すどころではなくなった主人公は、和製作所を救うべく草野球チーム「和バブルス」に入る。

さあ借返済の為に全てを野球で解決だ! 負けたら送りにしてもいいぜ!


考察


6の表は全シリーズ中、最も強い選手を作りにくい。
オールBがいいところと言われているほど。

大帝を倒した後に、裏大会を制覇しても難しい。
5でオールAを作った人でも、可性は0とまで言われている。
今作で始まった、パワポケPシステムは後のシリーズでも好評であるが、残念である。

野球大会以外の試合(大帝国キラーズ戦まで)で負けると即ゲームオーバーとなる。
野球大会は高校野球編における甲子園とでも思ってもらったほうが分かりやすい。

他に、キャッチャーポジションが多すぎたり、いなかったりいろいろとややこしいことになっている。
余談だが、未来に返った後「パッパラパーン!!」って良い音楽が出た後に、ゲームオーバーの表示が即座に流れるのにはもがやられたのではいか?


主要人物


主人公

タイムトロールの一人。何度も事件を解決している凄腕であり、歴代主人公の中でも精年齢も高い方。
野球が得意であり、タイムトロールになる前はスカウトもされたことがある。
色々と未来で知識を叩き込まれているが、どのような生き方をしていたかは不明。
製作所の借返済をすべく、自らの命を賭けて野球で戦わねばならなくなった。
だが、仲間たちと共に過ごすうちに、現代に着を持ってしまう。
最後まで進めて、未来に戻るか現代に残るか決断しなければならない。

山田平吉

右投右打。ポジション:投手(主人公投手の場合捕手/外野手)

4では大神と共に、甲子園の一人として戦い続けた選手で矢部一族の一人。
(大神投手だと璧に空気になるので、4の主人公投手と考えよう)
おもちゃの費用と就職探しのために、日の出からここに就職した。
甲子園経験者は出場禁止とある大会に何故か普通に出てくるところを見ると…(二行)
彼の話によると、4の駄菓子屋おばちゃんは死んでいるらしく遺品であるおもちゃを貰っているらしい。
言うまでもいが、給料の半分はおもちゃ代になっており主人公から借りることもある。
過去シリーズ主人公相棒となった田も草野球からスカウトされたので十分チャンスはあったが、山田より若い湯田が8でプロに入ってしまったため、ほぼチャンスを失う。

裏のメガネである落田と出会い、パワポケ14では落田と湯田と一緒に14主人公を拾って野球バカとして育てている。

和桐社長

赤字&借まみれの和製作所の社長
独自のバッテリー技術を開発段階まで来ているが、それを作れそうにい。
後にそのバッテリー未来で大を及ぼす偉人であるが、現在は借で悩んでいる。
お人よしで素性がよくわからない主人公ホイホイ雇ってしまう。
一人がいるが、母親と別れたせいか親子仲は良くない。

犯人

未来から現在に来て、和製作所を潰そうとした人物。度々、和製作所に妨を仕掛けてくる。
鈴音ルートで正体が明らかになるが、動機は不明のまま。
普通ルートで捕まえたときには「あんな未来など認めない」と言う辺り、
バッテリーを悪利用した人物によって不幸にあったのだと思われる。
10以降では和製作所で開発されたWGバッテリーによって戦争が起きたり戦闘サイボーグに転用されたりしたことを見ると、彼の「別の正義」の原動も察しが着く。

ほるひす

右投右打。ポジション:外野手

いろんな意味で主人公えた存在。部屋に住んでたり人形だったりが多い。
キャラ選びのデザイナーが悩んだときにコロコロコミックでの応募作品から採用したキャラなのだが、
デザイン変やパワポケに作り変えたりせず、そのまんまコピーして登場させたという
シリーズ始まって以来どころか全てのゲーム視した暴挙である。

最初に言うセリフが「ほーむらんをうつけど、ひっともうつよ」というシリーズインパクトで有名。
しかしパワーアップ後はシリーズ最強クラスパワーとなる。
他にも、アルベルト同様の皆勤賞を手に入れたり、パワポケシリーズからおみくじイベント関連では、
イタチ人形不幸呼び、ほるひす人形は幸運を呼ぶという、位置付けとなった。

パワプロ2012ソーシャルゲームカードゲーム「パワスタ」にてパワポケからのキャラとして登場。
後に2013年に配信された「パワプロスタジアム」にもひきつづき登場。
しかし、はパワスタよりも弱体化してしまった。

パワプロ2013」では限定デッキで登場。選手ではなく一般人突然主人公の前に現れる。


仲間


村山はじめ

右投両打。ポジション:遊撃手/外野手

五郎同様、中学卒業後、すぐに和製作所に就職。17歳
マザコン。まじめだがあまり疑うことを知らないようで、キャッチセールスや美女に騙されることも。

8でプロ野球選手になっていたことが判明。新人王を獲得したが、スランプ女性問題もあってすでに引退しているらしい。
11ではマスコット中の人村山と名乗るイベントがあり、おそらく彼だと思われる。挫折を経験しかなり逞しくなっている。というか逞しくなりすぎて彼に主人公彼女寝取られ

三船剛一

右投左打。ポジション:外野手

趣味であるが、ドライブストレス発散のためにしている模様。
アダルト的なことが周囲にばれていくことで、変わっていくあわれな男。
後に和製作所をやめてフ○バ図書みたいなことを始めるが、8でバッテリー完成したEDにおいて、和社長の後ろにいることからそのまま製作所に勤めている模様。

漁火剛

右投右打。ポジション:外野手/二塁手(パワーアップ後は外野手のみ)

感情が昂ると近くのものに火がつくという超能力を持つ。
ほるひす同様コロコロ学園卒業者(コロコロ応募)。

正史ではそのを見出されて後にテロリストになる。

カビンダ・スメルアゴル

右投右打。ポジション:一塁手/外野手(パワーアップ後は外野手)

インドからやって来た出稼ぎ労働者。27歳で来日3年
故郷の物価は日本の1/200で、給料をほとんど故郷に送って土地を買い、宮殿のような邸と広大牧場を買い、帰後は働かずに々自適に暮らそうと考えている。
そのため質素倹約を極めたような生活をしており、他人から日用品を奪うほどケチ。

後に帰して大富豪となり、孫達とのんびり暮らしてる模様。

智林五郎

右投右打。ポジション:二塁手/遊撃手

中卒で和製作所に就職、まじめに働いている。
の印が強すぎるため、多少変わっててもインパクトがない。

青野柴夫

右投右打。ポジション:三塁手/捕手

大学時代アメフトをやっており、それ故に高いパワーと肩の強さを持つ。
教え上手でもあり、野球部の後輩コーチングをしている。
基本的にな好青年だが、瞳がらみになると奇行に走ることも。

智林昭雄

右投左打。ポジション:外野手

五郎ニート
かつてはを養おうと高校をやめ一生懸命働いていた。
後に父親が借でしあわせ送りになり死亡したことを知り、血まみれになるほど暴行された状態で発見された。その際に世の中の闇を知ったためか世直しや世界征服に傾倒する性格になった。
野球センスはバツグンで、チームの皆を然とさせるほど。
後に海外に渡り
、強面のドイツ人とイタリア人とで何やら話し込む姿がエピローグられるが、どうみても三(ry

かなり濃いキャラのため、のちの裏サクセスにたびたび登場する。

貴田隆男

左投左打。ポジション:投手

沙耶同級生告白ごっこでからかわれた沙耶に本気でをする男。
沙耶ルートに入らないと仲間にならないため割と空気
真実を知り吹っ切れアルベルト野球を教わり仲間になる。
アルバムでは様々な女の子ナンパをしている、。

本山遊馬

右投右打。ポジション:捕手/遊撃手/二塁手

38歳。元々は野々村耕造(2で登場したドリルモグラーズ2軍監督)が現役だった頃、モグラーズにドラフト1位で入る予定だったらしいが、頭に打球を受けて記憶喪失になる。その際、レア物を見つける特殊覚める。
登録名は「ゆうま」。パワーアップすると俊足になるが肩が若干弱くなるというの成長をする。

彼のアルバムいため、その後どうなったかは不明。

守田憲次

右投右打。ポジション:捕手/外野手(パワーアップ後は外野手のみ)

警察官、実は野球の試合をを見ているうちに野球好きになった。
正義感が強く、悪犯を捕まえるのが夢だが、ややそそっかしい性格で回りしてしまうことも多々。

いとこで全く同じ顔をした警察官がいる。

奥野次郎

右投右打。ポジション:投手

フローラ融社員。19歳。黒松分で、彼を「アニキ」と呼んで慕う。
高校球児で、150km/hえの速球を投げる凄腕ピッチャー
ちなみに、彼のパワーアップデータは存在するが肝心のパワーアップイベントが用意されていない為、 文字通り幻のデータとなっている。


彼女


和桐沙耶

某エロゲーは全く関係ない。あったら怖い
本編ではられないが、料理も勉強も運動も出来る優等生である。
社長の実ので、母親出したために父親とは仲が悪い。
主人公と始めに好意を持ち、「デートみたい」と本人はデート気分。
修行デート(告白ごっこ)で男に誤解をさせたことがある。
(なお、デートは好きな者同士じゃなくても、主人公みたいにしています)
後に母親浮気相手を殺して、刑務所にいることを知る。
世界への価値観が代わり、「自分が変わっても世界は変わらない」ことを実感させられる。
未来に変えるときに人になっていると、セリフが大きく変わる。
なお、バッドEDで彼女の女になってしまうが、現実的にはこんなもんだろう。
(イベント中にあやしい仕事をかせげとか言う辺り、何気にフラグ)

木岡鈴音

次へ»
最終更新日: 19/07/28 03:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ