ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


パンダ


ヨミ: パンダ
掲示板をミル!
170カキコ!
曖昧さ回避 パンダ (panda)とは、

パンダ (panda) とは、ネコクマ科の動物である。


序説


パンダとはネパール語で「を食べるもの」意味する言葉であり、姿形がまったく異なるレッサーパンダとジャイアントパンダに「パンダ」という名がついている。

そもそも、先に発見されたのはレッサーパンダであり、当時はレッサーパンダだけを「パンダ」と呼んでいたが、後にジャイアントパンダが発見されたためにジャイアントパンダが「パンダ」と呼ばれ、先にそう呼ばれていたパンダは頭に「小さい」を意味する「lesser」が付けられレッサーパンダとして今に至る。

先にパンダと呼ばれていたにも関わらず通常「パンダ」といえばレッサーパンダではなくジャイアントパンダをすようになっているのだから皮である。

もっとも、当事者であるレッサーパンダにとってはどうでも良いことであろうけれども。

以下、日本でパンダというとジャイアントパンダをす場合が多いためこの記事ではそれについて解説する。


概要


[画像を見る]

パンダは四が原産地として知られ、中国語では大熊猫(ターシュンマオ)と表記する。
これは元々レッサーパンダの中間のような姿だったため「熊猫」と呼ばれていた事に由来するもので、後に見つかったこちらのパンダはには似てない。
元々地元民には「白熊」と呼ばれていたらしく、唐王朝以前の古い文献には「貘」の説明としてジャイアントパンダそのものと思える記述が存在する(後に、「を食べる」→「矢を食べる」→「を食べる」に変化し、外見に関しての記述もマレーバクとの混同から消える)。曾て中国華北平原と南丘地域の広域で生息していたため、中国の古籍におけるパンダの名前と思われる単30種以上。

白黒らしい貌で動物園人気者であるが、成長すると150kgの巨体になり、外見とは裏にかなり獰猛である。鳴きは「パンダパンダー!」・・ではなく繁殖期などは「メェー」と鳴き、オスが喧をする時などには「ワン」とのような鳴き方をする。質がかなり甲高いため、「メェー」という感じより切りに近い。
また、を食べる印が強いが、実は雑食であり、野生のパンダが畜を襲うの報道もたまにある。

白黒のはっきりしない、曖昧なものの例えとしてパンダを用いることがある。また警察車両パトカー)が白黒である事からパンダと呼ぶ場合もある。また、日本にパンダが来た際に非常に動物園が繁盛したことから、客、人気を集める為の人や物を(実が伴っていないというニュアンスを時には込めて)「客寄せパンダ」と揶揄することがある。

中国にしか生息しないため、中国徴するような動物とされることもある。しかも見た一応らしいため、中国の外交カード(パンダ外交)として使われることが多い。しかし①動物園で飼育される動物の中でもトップクラス食い、②外交の具にされることがあり、「リース」の名の元多額の中国に支払われている(ちなみに死んだり子供が生まれても中国が流れる。生まれた子供の所有権は中国)③後述するように生きる気があるとは思えない、・・・とそこまでしてパンダが必要かと政治的に問題視されることもある動物でもある。


生態と保護


ワシントン条約で「絶滅の恐れがある」動物として定され、中国内でも保護を受けている。パンダの密猟は重罪である。が、反面パンダは

などの「本当に野生で繁殖する気があるのか」とツッコミたくなるような生態をしている。
とある学者は「通常の野生動物は餌を食べていれば生存には困らない。しかしパンダは栄養価が低い植物が好物なため、勝手に弱って死んでいく。しかも繁殖サイクルが特殊なため、繁殖効率が極めて悪い。こんな動物を保護する価値があるのか?他の動物を保護した方がよっぽど合理的だ。」と言ったとか。

・・・こんなんだがかつては巨大類人ギガントピテクスと競合しており、その競合に勝ってギガントピテクス絶滅させたという説もある。


6本目の親指


パンダの手には本来の5本の他に、親側の手首に6本のように見える突起があり、これを使ってパンダは物をつかんでいる。しかし実はこれは親ではなく、親の付け根側の手首の(種子)が肥大したものである。この偽の親を、小側の手首の(副手根)に押し付けることで物をつかむ・挟むことが出来る。

ヒトサルの手と違い、クマの手は5本のすべてが同じ方向に生えており親が他の4本と対行していない。そのため物をしっかりつかむという芸当が出来ない。クマに近い動物であるパンダの本来の親も同様であり、物をつかむのには適さない。しかしある時期から食とし始めたパンダの先祖は親の代わりに手首のを使ってをつかめる方向に進化していき、結果として現在のパンダの手の形となったと考えられる。

このことは「最初から現在の形に設計されたのではなく、長い時間の中で、その場その場の環境に適応してきた」という進化の特徴を説明する好例とされる。また、元は「手首」のであるのに人間の「親」に似た機・構造を備えていることから、いわゆる「収斂進化(同じ役割を果たすために、由来が違うにもかかわらず互いに類似の形態に進化すること)」の例としても挙げられる。

このパンダの偽の親についてはスティーヴン・ジェイグールドという古生物学者が進化に関する科学エッセイのなかで触れ、そのエッセイが収録された「パンダの親」という著作は1981年の全図書賞科学部門を受賞した。グールド自身も進化という学術分野における有名人であるので、このパンダの偽の親については広く知られている。

「反進化論」に対して反論するために、科学からこの「パンダの偽の親」が引き合いに出されることもある。

キリスト教イスラム教が盛んな々では「唯一神生物を含めた全世界を創造した。特に人間が注して創った特別な生物である」という教義から、進化論を否定しようとする動きが根強い。それらの々では、「何者か( or 宇宙人 or スパゲッティ)が現在の形に生物を設計し創造した」とする、進化論を否定する半宗教的学説も存在している(「インテリジェント・デザイン」や「創造科学」など。時に疑似科学とされる)。

そういったに対して、科学(つまり進化論側)から「設計したって言うのなら、なんでパンダを普通に親でつかめるように作ってあげなかったんだよ?」という反論がされる、というわけである。そういった「反進化論への反論」を的としたサイトとして、そのものズバリ「The Panda's Thumb(パンダの親指)」という名前のブログサイト[外部]もある。


日本でパンダを見ることが出来る施設



関連動画



■sm8775744[ニコ動]

■sm2801009[ニコ動]
■sm1910843[ニコ動]
■sm11593139[ニコ動]
■sm9702260[ニコ動]
■sm373341[ニコ動]
■sm2183191[ニコ動]

世の中とんでもないものを盗んでいくやつもいるもんです

■sm12313175[ニコ動]


関連立体



関連項目



最終更新日: 19/01/24 15:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ