ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


パンツ


ヨミ: パンツ
掲示板をミル!
129カキコ!

パンツ(Pants)・概要


パンツ(Pants)はPantaloonsの省略形であり、

1.a.の意味として「= パンタロン。その後、トラウザーズをして用いられた。男性女性両方が着用する。アメリカ

1.b.の意味として「ドラワーズの口店員言葉;現在アンダーパンツやパンティ、または外穿きとして着用するショートパンツに用いられる。例:ホットパンツ」とある。Trousersは長ズボンのこと。Drawersは、日本では訛って「ズロース」と呼ばれている、ズボンのような古い形式の下着女性専用のイメージが強いが、元々は男女両用である。記録に残った"pants" の使用例で、もっとも古いものは1840年。


歴史 


  1. コール発行の『下着の事典』を見ると、下着の起は紀元前3000年。ルーブル博物館に収蔵されている、シュメールのテラコッタ像とレリーフに描かれた2人の婦人のうち、一方がはいている「パンティ」が最初といえる。
    元々の皮で作られた布が、太ももにまとわりついて邪魔だという理由から、その「端を固定しよう」という発想で生まれたものなのだそうだ。 
  2. パンツのとなったpantaloonsは、様々な時代に様々な衣服して用いられているが、元は16世紀のイタリア喜劇に登場するキャラクターの一種、痩せて愚かで嫉妬深くてケチな老商人、パンタローネキャラクター穿いていた細い長ズボンが、のちのパンタロンの由来となる。因みに元ネタは、4世紀頃活躍したベネチアの守護パンタレオーネ(だぶだぶズボントレードマーク)だそう。因みにパンタレオーネイタリア語で「全ての獅子」という意味。
  3. その後、女性達がこのズボンスカートの下に着用しはじめた。これは流行で女性装が軽装になった流れから生まれ、もっぱら若い女性が着用した。
  4. その後、時代がたつにつれ、このズボン下着の地位を確立し、そしてより小化して現在にいたる。
  5. 日本で「パンティ」という名前が登場したのは、昭和31年に発表された「ウィークリーパンティ」と呼ばれるもの。その日の気分にあわせてショーツの色をかえるよう、7色のパンティセットにしたもので、大変なセンセーショナルだったそうだ。
  6. 日本では1980年代までは(成人)女性下着し示す言葉としてパンティ(panties)が一般的であったが、 1980年代後半ぐらいから「パンティ」はきがいやらしく、男性側からの性的な見方を含んだ呼称とされるようになり、男女・年齢の区別なく使われる「パンツ」が広まり現在にいたる。
  7. 現在ではビリー・ヘリントンティアナしまじろうニコニコ三大パンツとして君臨している。

関連コミュニティ


■co113716


関連項目



 外部参考リンク



最終更新日: 19/03/11 17:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ