ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


パンツァーシュレック


ヨミ: パンツァーシュレック
掲示板をミル!
5カキコ!

パンツァーシュレックとは、第二次世界大戦においてドイツ軍が使用した対戦車ロケット弾発射器である。


概要


 パンツァーシュレックはドイツ軍アメリカ軍バズーカパクリ手本に開発した8.8cm戦車ロケット弾発射器である。初期には発射したロケットの燃えカスが射手の顔面に吹き付けるという欠点があり、ガスマスク手袋の着用が必要であった。後に小窓つきの製のを取り付ける良でこの問題は解決したが、の重さ(約2kg)を嫌ってガスマスク手袋の着用を続けた兵士もいるアルミニウムという選択肢もあったが、当時のドイツにとってアルミニウムは死ぬほど重だったため却下された。。なお、アメリカ軍の初期のバズーカも同じ欠点と対策を持っていたが、こちらはディフレクターと呼ばれる部品(これがバズーカと呼ばれる原因になる)を口に取り付けて解決した。

 実用上の最大射程はおよそ150m程度とされ、装甲に垂直に着弾した場合の貫通230mmで、理論上は連合軍のあらゆる戦車の正面装甲を貫通可であった。パンツァーシュレック1基(1丁?)に対してロケット弾は7発用意され、また季節による火の燃焼速度の違いを嫌ってロケット弾にはが存在した。そんな変なコダワリを持ってるから生産パンクして戦争に負けるんだよ。

 なお、パンツァーシュレックは専門の訓練を受けた対戦車猟兵用の装備であり、それ以外の兵士には無反動砲に分類されるパンツァーファウストが充てられていた。

 第二次世界大戦欧州戦線を描いた映画ゲームでたびたび登場し、敵役のドイツ兵が味方の連合軍戦車に撃ちこんだり、逆に殺して奪い取ったパンツァーシュレックをドイツ軍戦車叩きこんだりと活躍はいろいろである。


関連動画



■sm10807067[ニコ動]

■sm14321695[ニコ動]


関連商品


■azB004VUL3T2


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 13/06/15 02:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ