ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


パンドラMAXシリーズ


ヨミ: パンドラマックスシリーズ
掲示板をミル!
7カキコ!

パンドラMAXシリーズとは、株式会社パンドラボックスが開発・発売した、プレイステーションゲームシリーズの名称である。


概要


株式会社パンドラボックスが自社ブランドとして発表したシリーズ
全作とも、同社社長である飯島健男(現:飯島多紀哉)がプロデューサーを務めた。

発表された6作品すべてが全新作で、シリーズ共通のキャッチコピーは「1980円超大作」。
そのコピーが示すとおり、すべてのタイトルが1980円という安さで発売された。
飯島社長が「子供の小遣いでも簡単に買えるように」という販売戦略を構想した為である。

また、他にはあまり見られないシリーズ共通のシステムとして、「コンバート」というものがある。
これは同シリーズソフトセーブデータ読み込ませることによって、隠しイベント出現、レアアイテム入手など様々な特典を得られるというシステムである。
同じタイトルナンバリングシリーズ(ガンダム系、サクラ大戦系)などでは、後発ソフトセーブデータ先発ソフトセーブデータを反映させるシステムは存在した。
しかしRPGアドベンチャー等、ジャンルの違うゲームへのデータ反映は割としい。


タイトル一覧


リンク先:株式会社シャノン

vol.1 「ドラゴンナイツ グロリアス」[外部]

ジャンルアドベンチャーRPG。("Dragon Knights Glorious" 以下、DKG)
重厚かつ本格的ファンタジーシナリオと、25パターンもあるマルチエンドが特徴。
クリアデータを引き継いでの周回プレイが可であり、2週以降でないと達成出来ないエンディングもある。
飯島健男が3年を費やして書き上げたシナリオデータの量は、実に60万字にものぼり、この作品およびパンドラマックスシリーズへの強い意気込みを感じられる。


vol.2 「死者の呼ぶ館」[外部]

ジャンルアドベンチャー
公式発表はアドベンチャーだが、システムサウンドノベルに近い。
元々パンドラボックスは「学校であった怖い話」の開発を手掛けていた経歴があり、名作ゲームを作ったスタッフが再集結!・・・と一部で話題になった。
本編シナリオパンドラボックス社員:大池叙子、オマケシナリオを同社長飯島健男が執筆している。

特定エンディングセーブが出来ない」「プレイステーション2だと途中でフリーズする」など不具合がある。
後発ソフトで修正パッチが出されたり、バグを修正したディスクが配布されたりした。
ディスク赤色だと修正前、青色だと修正済みのディスクなので、中古ショップで購入する時は、店員に頼んで中身を確認させてもらう事をお勧めする。


vol.3 「ラビッシュブレイズン」[外部]

ジャンルコミカルRPG。("Rubbish Blazon" 以下、RB)
DKGに出てきた「カグランテス王」の隣である、「カーレイル王」が舞台
隣がカグランテス王という事で、DKGに出演した名称やキャラクターがちょくちょく出てくる。
ただしゲームシステム(特に戦闘コマンド)は仕様が一部変更され、併せて「連係技」「連係魔法」などの新要素が追加されている。
また、DKGにはない「女の子ナンパシステム」も注度が高かった。
シナリオパンドラボックス社員:和田慶子、キャラクターデザインは同社員:珠やすゆき女性)が担当している。
DKGと同様、クリアデータを引き継いでの周回プレイが可


vol.4 「Catch! ~気持ちセンセーション~」[外部]

ジャンル恋愛アドベンチャー
シナリオパンドラボックス社員:大池叙子、キャラクターデザイン漫画家:瀬口たかひろが担当している。
ミニゲームプレイしながらストーリーを進める形式を取っており、シナリオの都合上、ミニゲームクリア失敗=ゲームオーバーとなっている。
エンディングは全部で12パターンあり、周回プレイをしないとコンプリート出来ない。


vol.5 「ごちゃちる」[外部]

ジャンルアドベンチャー
元々はシリーズ恒例のおまけとして収録されてきたが、予想以上に好評だった為、一本のゲームとして発売された、ある意味ファンディスク的な意味合いを持つ作品である。
一応ストーリーは存在するが、STGクイズなどのミニゲームプレイするのがな内容だ。
ミニゲームは基本的に何度でもプレイであり、エンディング後も引き続き楽しむことが出来る。

パンドラマックスシリーズセーブデータメモリーカード内にある場合に限り、先発タイトルセーブデータを修正するパッチを、利用することが出来るようになっている。

今作のみ、ディスクのみの通常版と、おまけがついた限定版が発売されている。
限定版にはそれまでに発売されたシリーズ5本を収納できるボックスと、シリーズ5本分をまとめた攻略本「連動の書」が付いてきた。


vol.6 「ONI零 復活」[外部]

ジャンルRPG
パンドラマックスシリーズ最新作であり、純和風RPGONIシリーズ」最新作として発売された。
それまでプロデュース参加をしてきたONIシリーズにおいて、飯島健男が今作で始めてシナリオを執筆している。
10万本以上を売り上げた今作は、パンドラマックスシリーズで最も売れたゲームであり、結果的にシリーズ最後の作品となった・・・。

飯島社長チェックミスが原因で、普通にプレイすると退魔仲介所の仕事コンプリートできない。
これを回避するにはデータをコンバートするしかなく、修正パッチなども開されていない。


パンドラボックス消滅&シャノン設立


パンドラマックスシリーズは低価格が売りであったが、売れ行きは伸び悩んだ。
この売り上げ不振により、株式会社パンドラボックス赤字経営へと転落し、発表予定だったシリーズリストラ』『闇の』『ONI 流転』などのタイトルは、日のを見ることなく自然消滅してしまった。
さらに2001年には、飯島健男が創作活動の休止を宣言。
社長不在のパンドラボックス事実上の活動休止状態となり、長きに渡り名前だけの存在となった。

そして2006年飯島健男は飯島多紀哉名し、新たに株式会社シャノンを設立。
現在パンドラマックスシリーズの版権は、株式会社シャノンへと受け継がれている。


ゲームアーカイブス配信


シャノン設立後、パンドラマックスシリーズゲームアーカイブスタイトルとして、ソフト発売順に順次配信開始。
2009年11月以降、6作品は全て600円で購入できるようになった。


関連動画



■sm98208[ニコ動]

■sm97149[ニコ動]
■sm236763[ニコ動]

関連商品


■azB00005OV0V
■azB00005OV0W
■azB00005OV0X
■azB00005OV0Y
■azB00005OV0Z
■azB00005OVA8
■azB00005OV10

関連項目



関連リンク



最終更新日: 16/10/17 02:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ