ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


パーソロン


ヨミ: パーソロン
掲示板をミル!
1カキコ!

パーソロン(Partholon)とは、1960年まれのアイルランドサラブレッド

として1970~80年代日本競馬界を牽引した大種である。
名前はアイルランド神話に登場する、アイルランドに初めて上陸したパーソロン族から。


前半生


Milesian、PaleoPharisという血統。

のマイリージャン熟のスプリンターで、種として2歳リーディングになった事がある。は不出走だが生産者はフランスの名マルセル・ブサックであり、近親にはフランスの重賞が複数いる。は3戦3勝ながらダービーパリ大賞典を快勝した優駿にして名種である。6代世界的名系の祖であるフリゼットがおり、総合すると結構な良血である。
因みに3代コロニスはトウルビヨンにそのトウルビヨンダーバーの全姉妹であるエルディファンを持ち、ダーバーエルディファンの3×2という強な近親配合を有する。コロネーション同様、マルセル・ブサックが行った近親配合の一つである。

アイルランドで競走入りし、3戦アイルランドの2歳戦であるアイルランドナショナルS(芝7F)に参戦し、ここを勝って初勝利を挙げ、英国へ遠征しタイムフォー杯(芝8F)を2着に入った。
2歳時は4戦1勝2着3回の成績を残し、アイルランドの2歳の中で屈の評価を得ていた。

しかし3歳になってからクラシックを意識すると成績が落ち、2000ギニーを前戦大敗を受け回避。ダービーは6着。セントレジャーは4着と成績を残すには至らず。3歳シーズンエボアH(芝14F)を勝ち、12F戦2つを2着に入るなど中長距離でそこそこ頑っていた。

通算成績は14戦2勝2着5回。距離延長でも頑っていたが、本質的には仕上がりの短距離だろう。


種牡馬入り後


引退後、シンボリ牧場総帥の和田メジロ牧場総帥の北野豊吉によって購買され、日本へ輸入。
シンボリ牧場にて繋養され、種生活を送ることとなった。
実は、本は当初購買される予定はかったが、和田が買おうとしていたダービーヴァルドロワール、英セントレジャーヘザーセットが交渉で折り合いが付かず、結果パーソロンを発掘してきたという事である。後にヴァルドロワールはリーディング3回、ヘザーセットは英ダービーブレイクニーを送り出すなど、種として活躍した。

初年度産駒から京成杯3歳Sを制したヤマトダケを出し、種入り6年に、2年の産駒であるメジロアサマ天皇賞(秋)勝利。その翌年以降にはカネヒムロ、タケフブキナスノチグサ、トウコウエルザと4年連続でオークスを輩出する大活躍を見せた。
パーソロンは長きにわたり活躍を輩出し続け、1975年産からはダービーサクラショウ1981年産には敗の三冠馬シンボリルドルフ桜花賞ダイアナソロンを送り出した。メジロアサマ安田記念から、マティリアルのスプリングSまでの18年連続で産駒の中央重賞勝利を成し遂げている。

初期には「パーソロンは熟の短距離で、フィリーサイアー寄り」という評判があった。後のサクラショウリやシンボリルドルフの活躍を知る々からすればおかしいように見えるが、実際サクラショウリが出てくるまではに活躍が多く、かつ産駒は旧3歳、旧4歳限定重賞での活躍が立っている。メジロアサマ天皇賞(秋)出走までに安田記念マイル~中距離を軸に走っており、出走時には大橋巨泉オーナー北野豊吉に対して「パーソロン産駒じゃ理だよ」と話した事は有名な話である。

としての活躍も特筆もので、地ではGⅠ5勝のメジロドーベルや、シリウスシンボリ、カネミノブ、ビンゴガルーといった八大競走優勝、更にシンリクリエンスやポレールなどの名ジャンパーを送り出しており、1987年にリーディンブルーメアサイアーとなっている。

更に特筆すべきは活躍したが種としても活躍を収めた事か。メジロアサマからはメジロティターンが、サクラショウリからはサクラスターオーが、シンボリルドルフからはトウカイテイオーが出た。特にメジロティターンからはメジロマックイーンが、トウカイテイオーからはGⅠが3頭出ている。

1971年、76年にリーディンサイアーにき、それ以後も日本を代表する種として活躍を続けていたが、1985年22シーズン49頭種付けし42頭が誕生するという老いてなお盛んな精を誇っていたが、10月悪性腫瘍を原因に死亡享年25歳。

2000年中期まではメジロマックイーントウカイテイオーが健在でそこそこ活躍を送り出していたが、サイアーラインを繋げるには至らず、現在では直系は前の火となっている。しかしながら昭和より続く系の中にパーソロンを含むものは多く残り、系に入り日本競馬を支えている。シンボリ牧場と、和田に縁の深い物部牧場に像が建立されている。


八索ロン


和田や野二(ルドルフの管理調教師)は麻雀するときのハウスルールとして、「八索でロンした時は一翻アップする」というものがあったそうな。「パーソーロン」。


関連動画



■sm4050458[ニコ動]


関連コミュニティ


■co374


関連項目



最終更新日: 19/04/20 11:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ