ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ヒャド


ヨミ: ヒャド
掲示板をミル!
24カキコ!

まほうつかいは ヒャドを となえた!

ヒャドとは、『ドラゴンクエストシリーズの氷系に属する魔法の名前である。


概要


DQ3で初登場。効果範囲は全て敵1体。上位呪文ヒャダルコヒャダインマヒャドマヒャデドスが存在する。

シリーズの消費MPダメージ、習得者については下の通り。

シリーズ 消費 ダメージ 習得者
DQ3 3 30 魔法使い賢者Lv5
DQ4 2 約10 ブライLv1
DQ5 3 30 主人公Lv1
プリズニャンLv1
コロマージLv8
DQ6 3 30 ミレーユLv8
DQ7 3 30 死神貴族1
DQ8 3 30 ゼシカLv10
DQ9 3 30 魔法使いLv6
芸人Lv8
DQ10 3 30 魔法使いLv6
芸人Lv8

見ての通り、DQ4を除き、シリーズ全般を通して消費もダメージも初期呪文であるメラを一回り強化したものといった位置づけになっている。


DQ3


覚えたての頃はやや消費が大きい事、威が大きすぎる事から引き続きメラを使う事が多いが、ロマリアに辿り着いたあたりから出番。
特にイシスに行く際には、「じごくのハサミ」のせいで魔法使いのヒャドは生命線である。

中盤以降でもAIに任せていると(携帯アプリ版ではAI作戦システムがある)、微妙HPが残ったモンスターへの止めとしてちょくちょく使われる。


DQ4


このみメラとほぼ同性になっていると共に、初期習得呪文になっている。
なぜならばヒャド系とそれ以外の系統は習得者が全く違うので差別化が必要ない、と言うよりも同じ性にしないとブライが初期呪文を持たない魔法使いになってしまうからだと思われる。

同性なだけあって立ち位置はメラと似たようなもの。


DQ5以降


ここから急速に影が薄くなっていく。

DQ5ではオリジナルSFC版では敵のみが使用する呪文であり、PS2及びDSリメイク版でも習得者がいずれも中盤以降に参入するキャラと言う事で、活躍するチャンス皆無

DQ6ではミレーユが覚えてくれるものの、バーバラが参入するまではミレーユ一のリレミト役&メインの回復要員であるため、AIに任せてヒャドを連発させると困ったことになりかねない。そのためミレーユに意図して攻撃呪文を使わせないようにしていた人も多いと思われる。

DQ7に至っては「幻の呪文にはしたくないのでここに席用意しました」レベルに習得が難しい。
死神貴族の職とかクリアまでおにかからない人の方が圧倒的に多いんじゃないだろうか?


関連項目



最終更新日: 13/08/11 22:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ