ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ヒュンダイ・アクセント


ヨミ: ヒュンダイアクセント
掲示板をミル!
23カキコ!

ヒュンダイ・アクセントとは、韓国自動車メーカー現代自動車ヒュンダイ)が製造/販売している小である。


概要


エクセルの後継モデルとして1994年に発売を開始された。
韓国では2代目より「ヴェルナ」の名称で販売されている。

なお、日本市場では販売されることはかった。

初代(開発コード:X3)

1994年4月に発売を開始。
ボディタイプは4ドアセダン(アクセント)、3ドアハッチバックプロアクセント)、5ドアハッチバックユーロアクセント)の3種類。
搭載エンジン1300ccSOHC、1500ccSOHCの2種類。
1995年3月9日には5ドアに追加グレード「1.3MULTI」を追加。
1997年にはフェイスリフトを実施、旧モデルと区別するため「ニューアクセント」と呼ばれる。
搭載エンジン1500ccDOHCも追加された。
1998年にはリーンバーンエンジン仕様が追加された。

2代目(開発コード:LC)

1999年7月韓国内にて販売を開始、韓国ではこのモデルから「ヴェルナ(Verna)」の名称で販売される。
ボディタイプは4ドアセダンヴェルナ)、3ドアハッチバックヴェルナスポーティ)、5ドアハッチバックヴェルセンス)の3種類。
エンジン1300ccSOHC(4ドア/5ドア)、1500ccSOHC(4ドア)、1500ccDOHC(全モデル)、1500ccDOHCリーンバーン(4ドア/5ドア)の4種類を設定していた。(海外仕様ではこのほかにディーゼルも設定)
2002年にはフェイスリフトを実施、韓国内では前モデルとの区別のため「ニューヴェルナ」と呼ばれる。
ヒュンダイはこのモデルベースとした競技用モデルWRCに参戦したが、成績は振るわず2003年シーズン途中で突然、参戦を中止してしまう。
モータースポーツは全戦参戦が義務付けられているため、FIAより100万ドルの罰支払いを命じられたが、ヒュンダイはこの罰すらも未だに支払っていない。
FIAの怒りを買ったため、今後ヒュンダイモータースポーツに再参戦することは困難と考えられたが、しれっとそれ以降もi20で参加している。

3代目(開発コード:MC)

2005年9月に発売を開始、メキシコなどではダッジ・アティチュードとして、韓国及びインドではヴェルナとして販売されている。
ボディタイプは4ドアセダンのみ、後に3ドアハッチバック(スポーティ)が追加された。
韓国内初のハイブリッドカーガソリン電気)のベースともなった。(このハイブリッドカー販化されたものの、納入先は官庁や地方自治体などにとどまった)
2009年フェイスリフトを実施、旧モデルとの区別のために「ヴェルトランスフォーム」と呼ばれることが多い。

4代目(開発コード:RB,RC)

2010年ヴェルセダン(RC)が北京モーターショーで発表。中国市場にも進出しだしたモデル
その後フロントマスクが違うモデルRBソラリスとして発表された。
ちなみに2012年ロシアカーオブ・ザ・イヤー2012を獲得した。
しかし、米国道路安全保険協会(IIHS)が発表した報告書[外部]によれば、米国内では登録台数100万台あたり104死亡事故が発生するなど本当にヒュンダイ・アクシデントであること4ドアコンパクトカーの中でも安全性に難があることが報告されている。(ちなみに次点は同じくトップギアこき下ろされたネタにされた起亜・リオ102件。リオとほぼ同じくらいの登録台数であるマツダ・2(デミオ)の2倍以上という数値)


トップ・ギアとの関係


アクセントは英国自動車番組「トップ・ギア」においてたびたびネタにされている。

初代:グリーンの5ドアでバンガーレースに参加、ボコボコにした上でスクラップにした。

2代目アジアカー特集にて取り上げられるが、

などの理由により「と呼べるほど良いものではない」と評された。
さらに会者2人からは「ヒュンダイ・アクシデント」などと呼ばれる。


キャッチコピー


初代:「新世代・新感覚」(アクセント)
2代目:「Think Family」(ヴェルナ)


関連動画



■sm3799781[ニコ動]

■sm4010000[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 17/09/30 15:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ