ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ビギナ・ギナ


ヨミ: ビギナギナ
掲示板をミル!
3カキコ!

ビギナ・ギナとは、「機動戦士ガンダムF91」に登場した機動兵器MS(モビルスーツ)である。デザイナー大河原邦男

同記事は生機体に付いても記述する。


概要


XM-07(XM-07A)
頭頂高 15.8m
重量 8.9t(本体)
4,790kw
ラスター総推 99,720kg(総推
装甲 チタンハイセラミック複合材
搭乗者 ベラ・ロナ(セシリー・フェアチャイルド)
兵装 ビーム・ライフル
ビームサーベル
ビームシールド
ビームランチャー

[画像][外部]

クロスボーンバンガード(C.V.)の高級士官(貴族)用試作高機動MSであり、同組織のフラグシップ機に相当している。同組織の中核であるロナの長女であるベラ・ロナ専用機体として用意され、劇中で運用されている。

機体設計としてC.V.指揮官用高機動偵察機であるダギ・イルスをベースC.V.運営体であるブッホ・コンツェルンの航空・航宙機器開発企業ブッホ・エアロダイナミクス社が同社の持つあらゆる技術を投入して完成させた高性機。

特徴はジェネレーター直結の可動式スラスター「フィン・ノズル」で、指揮官兵戦MSであるベルガシリーズの「シェルフ・ノズル」を発展させたあらゆる方向へ推偏向を行える自由度の高さを持ち、機動性と運動性を高い次元で両立、後の他社の高機動MSに発展した技術が採用されるなど先進性が高い。

かつ高出ビームシールド、ダギ・イルス譲りの長距離索敵に付随する長射程のビームライフルに加えて、サナリィのフォーミュラシリーズの装備であるビームランチャー改造で運用できる汎用性の高さも持ち合わせておりスタンダードな武装に圧倒的な機動性というシンプルで優れたバランスを誇る。

ビギナ・ギナ ベラ・ロナスペシャル

初出は『機動戦士ガンダムシルエットフォーミュラ91ネオガンダムプラモ同梱のガイブックより。形式番号XM-07S。機体名通りベラ・ロナ搭乗前提のカスタム仕様の全身にのエングレービングが施された姿で頭部ユニットゴーグではなくデナンシリーズ、ベルガシリーズ同様の丸眼鏡ハイブリッドデュアルセンサーになっている。

2018年のRE/100(リボーンワンハンドレット)シリーズでのビギナ・ギナ発売の際、プレミアムバンダイ限定受注で立体化している。


派生機体


ビギナ・ギナⅡ

[画像][外部]

ビギナ・ギナの発展機。形式番号はXM-07B。ビーム兵器体の元機体と違い、ヘビマシンガン装備のショットランサー兵装にしたC.V.戦闘MSに近い。また背面のスラスターに筒状のウイングノズルや肩部にフィン状のサブラスターを採用。より高出ビームシールドを装備した兵戦体の調整がされている。頭部デザイン連邦軍のガンダムタイプに似たツインアイとスリットを持ち同時期に運用されていたF91に近いフォルムになっている(ブッホ・エアロダイナミクス社は劇中前後からサナリィと接触していた形跡があり、フォーミュラ計画のデータを入手していた)

F91本編では未登場だったが、続編の『機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼の七人』でコスモバビニア戦争後サナリィに接取されていた同機体が登場。ビームシールドを外し、左腕に木星帝国MSクァバーゼのスネークハンドを搭載(上記の静画がこの状態)元・木星帝国エースパイロットだったギリ・ガデューカ・アピナスが搭乗。同作での最終決戦「鋼の七人作戦」に参加し戦を繰り広げる。

長らく立体化に恵まれなかったが、2019年5月、RE1/100シリーズで初のプラキットとしてリリース

ビギナ・ゼラ

機動戦士ガンダムシルエットフォーミュラ91』に登場。形式番号XM-07G。ビギナ・ギナと並行して開発されていた。ダギ・イルスの火力強化MS開発中アナハイムエレクトロニクス社のシルエットフォーミュラプロジェクト(SFP)を把握しており、同時期にサナリィのフォーミュラ計画(F91)の情報も入手、この機体に技術検証も兼ねて投入している。ビギナ・ギナⅡと機体形状が酷似しており、ビギナ・ギナⅡのプロトタイプとの説も散見される。

最大の特徴は背面に搭載されたヴェスバー(V.S.B.R)。ただ、アナハイムシルエットガンダム同様サナリィの機密情報であるヴェスバーの大容量コンデンサが解析出来ず機体本体に固定装備されている。その代替案として同機のヴェスバー身の上下にそれぞれ照準機構を設け、更に基部の可動範囲を広く取り射撃精度を引き上げ、ロケットモーターの増設をするなどしてを持たせることでビギナ・ギナⅡのウイングノズルに匹敵する高機動ユニットとして完成。総合性においてF91(の通常形態)をぐとされている。ビギナ・ギナⅡと形状は異なるがガンダムタイプの頭部ユニットが用意されており、一説にはC.V.フラグシップMSとしての運用も視野に入れていたとも。

シルエットフォーミュラ91」劇中でC.V.MS試験部隊ダークタイガー隊に配備。同部隊長でありエースパイロットであるシェルフ・シェフィールド大尉が搭乗し、ネオガンダムと交戦している。

2019年8月21日、RE/100シリーズとしてプレミアムバンダイで予約開始。ビギナ・ギナⅡをベースにしている

ビギナ・ロナ

[画像][外部]

SDガンダムGジェネレーションシリーズに登場するゲームオリジナルMS。初出は『SDガンダム GGENERATION SPIRITSデザインは他のシリーズ機同様大河原邦男。形式番号はXM-07R

ロナの親衛隊専用機(ロイヤルガード)としてコスト度外視して開発されたとされる(ビギナシリーズは想定しているパイロットからして高コストだが、同機は更に突き詰めた仕様になっている)

F91や後継機であるクロスボーン・ガンダム同様のフェイスオープン機構を持ち(但しゲーム中ではバイオコンピュータは装備されてない)、背面のウイングノズルやその周辺に搭載された連装式ショットランサーバスターランサー」やヴェスバーの技術を転用したC.V.版G-B.R.D「ヴァリアブル・メガビームランチャー」など非常に攻撃的かつ手な装飾が特徴。


関連動画



■sm33506848[ニコ動]

■sm12785510[ニコ動]

■sm14659855[ニコ動]


関連商品


劇場開時にシリーズ第一弾としてGキャノンと共に登場。2018年にはRE/100入りしている。

■azB000GQMP6U
■azB07B3KQHT5

■yskenbill_4902425363684st
■azB07P5QVFXG


関連項目



最終更新日: 19/08/23 07:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ