ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ビビッドレッド・オペレーション


ヨミ: ビビッドレッドオペレーション
掲示板をミル!
1925カキコ!

ビビッドレッド・オペレーション』とは、A-1 Pictures制作オリジナルテレビアニメである。高村和宏監督作品。
また、同アニメ最終回サブタイトルでもある。 

2013年1月から3月までアニメイズムにて放送された。全12話。

略称としては、公式は『ビビッド』だが、ファンの間では『ビビオペ』や『ビビドレ』、『ビビパン』が用いられている模様。


概要


ジャンル女の子SFアクションキャッチコピー友情世界を守る鍵」

一般的には「『ストライクウィッチーズ』を手掛けた股間督高村和宏監督が満を持して放つ尻アニメオリジナル企画第2弾!」という認識およびプロモーションをされることが多い本作であるが、企画そのものは高村監督2007年から温めていたものであり、実際は本作が『ストライクウィッチーズ』のプロトタイプ企画として位置づけられる。 

本作のビジュアル的特徴は尻アニメの一言に表されており、ぴっちりとしたホットパンツキャラクター学校制服に採用するという相変わらずなスタイルが全てを物語っている。第1話冒頭からいきなり視聴者の度肝を抜くアニメ史上前代未聞の前衛的な構図が描かれ、そこからはビビッドアングルなる言葉も生まれた。


あらすじ


世界中のエネルギーを巡る争いを一挙に解決させた夢の動、示現エンジン
相模の中心に位置する人工ブルーアイランド」に設置されたそれによって、平和な時代が築かれていた。
しかし、エンジンを狙って正体不明の敵・"アローン"が現れる…

世界を救う一の鍵・ビビッドシステムを用いて、少女たちの未来をかけた戦いが始まった。


登場人物



用語・設定



物語の舞台


東京都伊豆大島現実と地形の南北が逆となっている)と、架の人工の2箇所を舞台としている。


示現エンジン


一色健次郎博士を中心としたチームによって開発された、高効率とクリーンさを兼ね備えた革新的なエネルギー炉。
生成されたエネルギーを整流プラントから静止衛星を経由することで、あらゆる用途への線供給を実現した。
このエンジンと供給システム完成により、全世界エネルギー95%を担うまでになっている。


国立新大島学園


登場人物たちが通う学校ブルーアイランド(新大島)の建設にあわせて設立された共学の初・中等部併設校。
最先端の教育リキラムを採用し、入学希望者が多く競争倍率がかなり高い。外からも多くの通学者がいる。
男子の倍率が高いのは別の理由であるのは間違いない。
あかねあおい、ももが転入試しにこの学校に通えているのは特例として許可されたからである。


アローン


示現エンジンを狙って出現するの存在。
通常兵器ではが立たず護衛艦戦闘機を一撃で破壊する兵装を持っているため、ビビッドシステムの他に有効な対抗手段はほぼい。(堅な外装を破壊後であれば通常兵器での有効打撃は可

れいのから放たれるの矢を受けることでく発し、大幅にパワーアップした強化形態となる。
お約束だが変身バンク中は攻撃してこない、盛り上がる会話の間は待っていてくれるなど非常に空気の読める敵。

デザインには一貫性が見受けられないが、何かと元ネタがあるんじゃないかと思わせる姿や攻撃方法をとることが多い。放送開始直後はネウロイ呼ばわりされることが最も多く、それに次いで一部のフロム脳患者から新手のアームズフォートや巨大AMIDAといった意見が見られたが、ストーリーが進んで多様化が進むにつれて使徒モスラ呼ばわりされるようにもなった。


ビビッドシステム


一色健次郎が開発した対アローン兵装システム。"世界を救う一の鍵"。
示現エンジンからのエネルギー供給で稼働し、人的な戦闘を付与するパレットスーツの運用を基本に、
その装着者2名の"ドッキング"による融合強化変身的としたもの。

システム起動(パレットスーツの装着)には各装着者に1本ずつ割り当てられる専用のオペレーションキーが必要。
その本体はあかねに渡されたひとつであり、あおいたちが使用しているのは複製されたキーである。
そのため、システム上の必然としてドッキングオリジナルレプリカの使用者間でのみ可。親機と子機という表現のほうが適切かもしれない。

システムの開発は大島一色研究所において健次郎の独で行われていたが、
これは彼が7年前の示現エンジン実験号機の事故後、責任を負う形で開発チームを去り、予期されたアローンの脅威も唾として受け入れられなかったため。

その存在は本編中で最重要軍事機密の扱いを受けている…ようだがあまり気を使っている描写がみらr

パレットスーツ

イグニッション! テクスチャー・オン

いわゆる変身状態。見たカラーガードデザインの軽装備だが、その実態は着用者の身体を飛躍的に増強し、飛行のほか驚異の防御・耐久を付与するパワードスーツである。ビビッドという言葉通り、変身後は鮮やかなビビッドカラーが印的。

装着者ごとにカラーと武装が異なるが、基本的な形状・はほぼ同一。
必要なエネルギーは示現エンジンから供給されており、第2話の描写から相当量のエネルギーを消費することがえる。(どこかがエネルギー危機に陥ってるんでは…)
先述の通り、装着時にはオペレーションキーを用いる。装着プロセスは例によってエロメカメカしい

どこまでネタかは不明ながら、そもそも人型機動兵器として開発されており、試作初号機の時点では本編で登場するモデルとはまるで似ても似つかぬ形状である。
それこそそちらが出ていたら作品のジャンルが変わるくらいに。しかもデザイン有澤重工有澤寛による。

ちなみに、各キャラパレットスーツや武器にはISSHIKI®”とあり、何気にISSHIKIが商標登録されている模様。軍事機密にならなければ商品展開するつもりだったのだろうか。

ドッキング・オペレーション

2名のパレットスーツ装着者が融合し、より強戦闘を持った形態へ変身するプロセスキマシステム
強化されたアローンをも一撃で破壊する等、パレットスーツ単体時をかにえる出の攻撃が可
武器のセーフティを解除した臨界出で繰り出す、"ファイナル・オペレーション"が必殺技

ドッキングは記憶と心の共有を前提としており、友情が成立していることが必須条件とされる。
なにか後ろめたい思いがある場合など細なことでも、意識の拒否反応からドッキング不可能な事態となることも。

あかねの額にキスすることで発動、身体的な特徴や武装については合体する側のものが色濃く反映される。ドッキング後の身体の導権はあかね側の意識にあるようで、合体する側とは意識内で会話している描写がある。
また、ドッキング後の姿は「ビビッド○○(各カラー)」と呼称される。武装の名称についてもこれと同様。
しかしながら最終回ではパレットスーツ装着者という設定を覆すドッキングが行われた。

200%! ファイナル・オペレーション


登場メカ・兵器


現用兵器と同一形状の物が登場しているが、『世界エネルギー需要の95を示現エンジンが担っている』という設定から、仕様や動まで全に同一であるかは定かではない。


スタッフ



主題歌


オープニングテーマearthmindの「ENERGY」。

エンディングテーマメインキャストの5人が担当し、ストーリーによって毎回歌い手と楽曲が変わる。


次へ»
最終更新日: 19/03/05 18:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ