ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ビンス・マクマホン


ヨミ: ビンスマクマホン
掲示板をミル!
19カキコ!

ビンス・マクマホンとは、アメリカプロレス団体・WWEの代表取締役会長兼最高経営責任者(CEO)である。


概要


1945年8月24日ノースカロライナパインハースト出身。

1968年大学経営学部を卒業後、の経営するWWEの前身・WWFの親会社に入社。テレビ登場最初はリングアナウンサーインタビュアー、実況アナといったものだった。
その後1982年からWWFの親会社の式を購入し、社長に就任。1984年以降、ハルク・ホーガンと共にWWFの全進出を果たす。当時タブーとされてきた選手の引き抜きを行い、各地方にあった、およそ30にもなる団体を買収。2001年ライバル団体WCWECWをも買収し、全マット界を全制圧した。
このようにビンスの揮の下で団体が成長した事で、ビル・ゲイツと並んで大学の経営修士学の授業で題材にもなっている。

1998年になると、自らもプロレスラーとして試合に出場する様になる。役どころは「悪のオーナー」。その名のとおり、団体内の中ではトップヒールの部類に入る。試合ではビルドアップされた体を披露する。仕事が終わった11時ごろにジム練習し、翌9時には出勤しているという。

またプライベートでは1968年結婚。1男2女をもうける。このうち長男シェイン・マクマホンと長女のステファニー・マクマホンはと同じ会社に入社し、団体経営に参加している。但し入社時は子供といえど特別扱いはせず、下働きから経験を積ませている。


関連動画



■sm13895213[ニコ動]

■sm2725122[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 18/06/06 12:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ