ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ビーストウォーズリターンズ


ヨミ: ビーストウォーズリターンズ
掲示板をミル!
136カキコ!

ビーストウォーズリターンズとは、海外ビーストウォーズシリーズアニメ最終作(玩具などでは更に続きがある)。

原題は『Beast Machines』(ビーストマシーンズ)。『Beast Wars』の続編であり、通算Season4~5にあたる。


この作品の概要よ、フゥー!!


版の『Beast Machines』は、先に完結したビーストウォーズの続編として製作された。タイトルは『ビーストマシーンズ』であり、「ビーストウォーズマシーンズ」ではない。要するにビーストウォーズは先の52話で完結しており、ビーストマシーンズは新シリーズなのである。

邦題がビーストウォーズリターンズになった理由は定かではない。恐らく「ビーストウォーズ」というタイトル日本でかなり浸透していたことから、すぐにこれが「ビーストシリーズ」だとわかってもらうためにこういうタイトルになったのだろう。たぶん。

ビーストウォーズメタルスの放映からさらに約4年を経た後の放送だった。その理由は後述する。

ビーストマシーンズ、もといビーストウォーズリターンズによって、CGアニメビーストウォーズシリーズは本当の完結となった。ただし玩具では更に『ビーストウォーズ リボーン』という続編がある。


日本への輸入が遅れた理由


実はすでにビーストウォーズメタルス放映時点で、この作品はアメリカで放送されていた。にも関わらず何故日本国内での放送が遅れたのか? それはその奇抜を通り過ぎてぶっちゃけキモイキャラクターデザインに原因がある。

日本語製作の際、声優たちがアドリブで「キモイ」「怖い」と連呼していたことからもわかるように、この作品、ごく一部を除き、ことごとくデザイン気持ち悪い

向けだから仕方ない、きっと欧ではウケたのだろう……と思いきや、アメリカでもこれは大失敗だった。デザインがキモいだけならまだしも、話も総じて屈で、精論に踏み込んだ重苦しい作になっている。元々メタルス時期の時点で物語は結構暗めなのだが、リターンズはそれに輪をかけて暗いのである。

タカラ(現:タカラトミー)も先のアメリカなどでの大失敗から、日本上陸は「理」と言わざるを得なかった、そういう暗さだった。おまけデザイン日本では到底受け入れられないグロテスクさである。 こういった事情から、日本上陸は未来永劫不可能というのが定説になるほどだった。

が、2004年、「モバイル放送という特別な放送形態」で「玩具を売ることを一切度外視」し、「下ネタありきの無法地帯」という物凄く限定的な状況下ということを条件に、日本上陸が決定する。以降、DVDが発売されたり一部の地域ではあるが地上波TV放送がなされたりと、断続的ではあるが視聴できる機会は増えつつある。

なお、変形玩具は(一応)内でも発売されている。トイザらス限定で。


やりたい放題の日本版


一応話の大筋を理解出来る構造にはなっているものの……。

  1. キャラクターの正体を隠す気ゼロの配役&口癖。
  2. 五分以上シリアスを保持出来ない。
  3. 際どい下ネタ乱発。
  4. イボンコ☆ペッタンコ
  5. 機械帝国しているメガトロン揮下において、何故か心を持たない連中が感情豊か。
  6. トランスフォーム」という掛けで変形するというトランスフォーマーシリーズの決まりごとぶち壊し。
  7. 今まで自由アドリブを許されていなかったコンボイ役・子安武人アドリブ(多少)解禁。
  8. 最終回リミックスはもはや画面の整合性視。
  9. 悪のラスボスにおける、アニメ史上最低最悪(褒め言葉)の断末魔

などなど………これまでのような「子供向け」ではなく「ビーストを見ていて、今大人になった君達に送るビーストウォーズ」がコンセプトになっている。これまでのビーストウォーズも、その自由奔放さからトランスフォーマーファンからの評判はあまり良いとはいえなかったが、特に今回はに原ストーリーを好んでいた・望んでいたファンからの評価は最悪としかいいようがない。

しかし、一方で日本語ビーストウォーズファンからは、「待ってました!!」という絶大なる歓迎ので迎えられたのは、言うまでもない。前シリーズ当時よりもはっちゃけたアドリブ、懐かしいネタオンパレード、あのキャラクターのその後など、ファンからすれば正に長年と夢とも言える吹き替え製作ったのである。

モバイル放送ということもあり、放送自体が話題になったとは言いがたいが、DVDでは裏話満載のオーディオコメンタリーが収録されていることもあって、往年のファンから注を浴びた。

出演者自体はこのストーリーにあまり納得がいっていないようで、ビーストウォーズの続編を何らかの形で実現出来ないか、音響監督の岩浪に直談判している。


あらすじ


メタルス』最終回で、古代地球でのビーストウォーズ勝利したコンボイ率いるサイバトロン戦士は、メガトロンセイバートロン星へ連行。これにて一件落着、めでたしめでたし……と思われた。

しかしサイバトロン戦士覚めた時、彼らはなぜかセイバートロン星ドローン軍団に追われていた。しかもボディがビーストウォーズ開始時のただの動物に戻っており、ロボットへの変身もできなくなっていた。ドローンからの逃走中に地下で伝説コンピュータオラクルに出会ったコンボイは、マトリク間のイメージ映像の中でさまざまなお告げを聞かされながらリフォーマットされる。

そして彼は、の中から現れた。新たな姿——テクノオーガニックボディとなって。

チータス「……誰だお前……誰だお前!?


そのあと明らかになったりならなかったりするメガトロンの野望は、「メガトロン音頭」を聞けばだいたい分かるので省略する。


■nm9061196[ニコ動]


いっつも元気な追加キャラクターくんですっ!!



サイバトロン



ヴィーコン(デストロン)


本作では軍団名はデストロンではなくヴィーコンなのであるが、一応わかりやすく併記しておく。


次へ»
最終更新日: 16/06/12 06:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ