ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ピエール・ブーレーズ


ヨミ: ピエールブーレーズ

ピエール・ブーレーズ19252016)とは、現代音楽にセリー(セリエル音楽に傾倒していた作曲であり、揮者としても活躍した人物である。


概要


シュトックハウゼンノーノと並ぶ三羽と呼ばれたセリー義の第一人者で、ジョン・ケージに匹敵する現代音楽の重鎮。ダルムシュタット現代音楽講習会の初期から活躍している第2次世界大戦後の現代音楽に属する人物では初期の世代にあたる。

オリヴィエ・メシアンパリ音楽院で学ぶが中退、その後12音技法の唱者だったルネ・レイヴィッツの師事を受けヴェーベルン音楽技法を推し進めたセリー義を確立させた。彼のピアノソナタ第2番が「演奏できる最後のピアノソナタ」とも呼ばれるほど、ポリーニなど従来のクラシック音楽演奏にもかろうじて取り上げられる人物ではあるが、その前衛性は聞けばわかる通りで、「オペラハウスを爆破しろ」など過な発言も多かった人物である。

一方セリー義とはっ向から逆をいく偶然性の音楽にも理解を示し、ピアノソナタ第3番はケージの影を受けている。

作曲技法とは別に、詩人マラルメをしばしば取り上げたことも特徴である。

揮者としてもくから活動し、ドビュッシーストラヴィンスキーなど近代音楽揮に定評があるBBC交響楽団ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団の常任揮者を務めるなど揮者としても卓越した実を持っていた。


関連動画





■sm19416692[ニコ動]


指揮


■sm869645[ニコ動]
■sm1125005[ニコ動]
■sm14241969[ニコ動]


その他


■sm8348299[ニコ動]


関連商品


■azB00005GA00
■azB003YANSSE


関連項目



最終更新日: 16/12/17 18:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ