ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ピクサー・アニメーション・スタジオ


ヨミ: ピクサーアニメーションスタジオ
掲示板をミル!
128カキコ!

ピクサー・アニメーション・スタジオ (Pixar Animation Studios) とは、アメリカカリフォルニア州メリービルのアニメーション制作会社である。現在は、ウォルト・ディズニー・カンパニー下。


歴史


1979年に設立されたルーカスフィルムコンピュータアニメーション制作部門が前身である。

1986年アップルコンピュータを退社したスティーブ・ジョブズが、1000万ドルでこの部門を買収したことにより、初めて「ピクサー」と名付けられた。当初はアニメーション制作スタジオではなく、「ピクサー・イメージコンピュータ」という政府機関や医療機関などを顧客にCG専用の高級コンピュータを販売する会社であった。この頃の顧客のひとつが、当時アニメーション制作CGを使った手法である「CAPS」への切り替えをしていたディズニーであった。

この頃からピクサーに在籍していたジョン・ラセターは、売り上げ促進のためにコンピュータの性デモンストレーションする短編CGアニメ「ルクソJr.」を制作し、SIGGRAPH86で開した (ちなみにこの短編に登場する電気スタンドは、「PIXAR」の「I」を踏みつぶすことでおなじみである)。また、「ピクサー・イメージコンピュータ」のソフトウェア部分のみを抜き出した「RenderMan」の販売を始めた。

しかし当初の売り上げは芳しくなく、会社の業績は悪化する一方であった。そこで外部の企業コマーシャルCG制作する事業を始めるが、この間もディズニーとの関係を継続し、CAPSへの切り替えを支援する重要な技術参加企業となった。

その後の1994年、ピクサーは、2600万ドルでディズニーアニメーション映画制作契約を交わす。こうしてはじめて制作され、1995年開されたピクサーの長編映画作品が、ピクサーの名を決定づけた世界初のフルCG長編映画トイ・ストーリー」である。本作はジョン・ラセターが監督を務め、RenderManで制作された。

この契約は「10年間で5作品を制作し、行収入は均等に2分配する」という内容であったが、この間ディズニー映画制作部門は大ゴケ連発といっていいほど振るわず、2004年には手描きアニメーションから撤退して大量のアニメータを解雇する壊滅的な自体に。その一方でピクサーは世に出した映画のすべてが大ヒット作となり、ディズニーの稼ぎ頭になるまでに大躍進していた。そして10年が経過し契約が切れる頃、お互いの制作方針の違いや、「ピクサーを手放したくないディズニー」と「ディズニーから離れて自立したいピクサー」との行き違いにより、関係がこじれるようになった。

一時は悪い形で縁が切れかけ、当時のディズニーCEOであったマイケル・D・アイズナー (不仲だったのはだいたいこいつのせい) によって、嫌がらせのようにピクサー抜きで「トイ・ストーリー3」の制作企画されるところまで来ていたが、稼ぎ頭のピクサーを手放すことにディズニーは猛反発。ディズニーCEOの交代劇 (正確には任期切れの前倒し) にまで発展し、これに伴い双方の関係は修復。

最終的にピクサーはディズニー下となり、かわりにスティーブ・ジョブズディズニーの筆頭と役員、エド・キャットムル (ピクサーの共同設立者、RenderManの要開発者) がウォルト・ディズニーアニメーションスタジオ社長ジョン・ラセターが同スタジオ制作部門すべてを統括する立場を兼務することになり、実質的にピクサーがディズニー制作部門の実権を握るという形に落ち着いた。

なお、ピクサー抜きで制作が進んでいた「トイ・ストーリー3」はピクサーの子会社化により白紙撤回となった。2010年開された同作は、もちろんピクサー自身の手によって制作されたものであり、「ピクサー最高傑作」と名高い。

ちなみに、ラセターはディズニーの前経営者が一度撤退させた手描きアニメーションの復を宣言し、解雇されていたアニメータたちを再雇用して新作長編アニメ制作を進めている。2009年に全開された「プリンセスと魔法のキス」は、5年ぶりのディズニー長編手描きアニメ作品であり、ラセターによる手描きの成果である。

ただ近年は、現在の親会社直系にあたるウォルト・ディズニーアニメーションスタジオ3DCGアニメーションで記録的ヒット作品を連発したこともあり、一部ではピクサー作品とこちらを混同されている場合がある。『プレーンズ』、『アナと雪の女王』や『ベイマックス』は前者のスタジオ制作によるものであり、ピクサー作品ではない。ただし、どちらも(前述の通り)ラセターが深く制作に関わっているため、これらにピクサー・カラーを彷彿とさせる者は少なくないかもしれない。


評価など


一見、題材などの第一印で「子供向け」というイメージを受ける作品が多いが、12人で分業して2~3年かけて練り込まれるというハートフルな脚本や、非常に個性豊かで魅的なキャラクター、そして職人技ともいえるキャラの豊かな表情付けや、世界最高峰レベルアニメーション技術など、極限まで上質に作り込まれたピクサー作品群は決してただの「子供向け」の範疇ではない。

ストーリーには子供線だけでなく、大人線も持ち合わせており、家族って安心して鑑賞できるのはもちろん、大人の鑑賞に余裕で堪えるどころか、老若男女ハートをがっちりつかんでしまうことで非常に定評がある

通常は字幕で補うことが多い「劇中に映像として登場する文字 (看に書かれた文字など)」は儀にも各国語向けにローカライズされており、さらにはエンドロール用にわざわざ「NGシーン集」を作ったり、予告編用に新しく短編映像を作ったりといったサービスにも満ちあふれている。

これまで制作した長編映画作品のその全てがスマッシュヒットを記録していて、作品としての評価も総じて高い。「ピクサー映画ハズレなし」の栄冠をほしいままにしている制作スタジオである。


豆知識



制作作品



長編



短編



次へ»
最終更新日: 18/11/13 10:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ