ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ファイナルファンタジーVI


ヨミ: ファイナルファンタジーシックス
掲示板をミル!
471カキコ!

タイトル画面

ファイナルファンタジーVIとは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)がスーパーファミコン向けに1994年4月2日に発売したゲームソフト略称はFF6、FFVI。

ファイナルファンタジーシリーズ本編第6作であり、そしてシリーズ最後のスーパーファミコンタイトルである。

ニコニコ動画タグ検索FF6[動]FFVI[動]

概要

これまではただの戦闘手段の一つでしかなかった魔法ストーリー世界観の中心に組み込んでいる。
今作ではそれに関連し、魔石システムを採用。ほとんどのキャラクターは元々魔法が使えないが、魔石を装備して戦闘をこなして行くことで対応した魔法を習得する。
プレイヤーキャラクターの人数はFF史上最多の14人(隠しキャラ含む)であり、そのキャラクター数の多さを生かし、3パーティに分かれて攻略するダンジョンや、敵の大群と戦うイベントも存在する。フルメンバーだと2人お留守番になるのは言わない約束
当時では最高レベルの2Dグラフィック音楽も魅のひとつである。

ファイナルファンタジーシリーズとしての特徴

これまでのシリーズタイトル中世ファンタジーベースにした世界観がフォーマットになっていた。
しかし今作は本格的に機械文明を導入した作品である。
一応、飛船などのメカニック的存在は初代のFF1から登場しており、FF3では戦艦クラスの船で飛んだり、FF4では宇宙船まで登場したりと、SFを感じさせる要素は登場していた。
が、今作でのオープニングは、

蒸気機関による掘削によって蒸気が立ち込める炭鉱に、ロボット兵器である魔導アーマーが進軍する」

という情から始まり、それまでの作品と明確に異なる本作のカラーを与示している。その後の7、8でもこの傾向は強く継続されていく事になる。

メインストーリー群像劇であり、他の作品と違って明確な主人公が設定されていない。ロゴに描かれ、エンディングで必ず登場するティナですら、崩壊後の加入は任意。
また「物語の進行に応じて操作キャラクターが代わり、視点が切り替わる」という手法もこの作品から始まった。

他にもアルテマウェポン(武器、及びモンスター)やコマンド力技スロットなど、その後の作品でも登場・活躍する要素が多く初登場した。特定条件でのキャラ固有技や、ビックス&ウェッジも本作が初登場である。

本作も他のFFシリーズと同じくBGMの評価が高く、特にストーリー前半のフィールドBGMティナのテーマ」、ストーリー後半のフィールドBGM仲間を求めて」、ボス戦の1つである「決戦」、全4楽章で構成され、形態チェンジごとに次の楽章に進んでいくラスボスBGM妖星乱舞」等が代表的な人気曲となっている。

1999年3月11日にはプレイステーション移植2006年11月30日にはゲームボーイアドバンスで初めてリメイクされた。また、SFC版がWiiWiiUバーチャルコンソールで、PS版PS3PSPゲームアーカイブスで配信されている。2014年10月24日にはGBAベースグラフィックを描きなおしたiOS/Android版が発売。


システム等


メインキャラクターすべてに「オリジナルコマンド」と呼ばれる独自のコマンドが1つ設定されており、これがキャラクターの個性付けとなっている。基本的にキャラクター独自の手段で敵を攻撃するコマンドであり、これが強かどうかも、キャラクターの使い易さを決める標である。
単純に強いのがエドガーマッシュのフィガロ兄弟、使い込めば強いのがガウと言った所だろうか。

RPG難易度としては、わりと簡単・楽な部類に入るゲームである。
一部には妙に悪な「隠しザコ」が存在し、「暇だからうろついてみた→エンカウント事故って死ぬ」と言うケースが結構ある(特に後半)ものの、「隠しボス」や「裏ボス」といったやりこみ要素を存分に叩きつける強敵はなく、ラスボスも連戦とはいえHPが低い(SFCハード仕様)為、難易度は低い。
特に前述の強ザコ達を軽くあしらえるプレイヤーには「ラスボスが弱くて拍子抜け」とよく言われる。

魔石

物語システム両面で重要な役割を持っており、これを装備する事で幻獣の召喚、魔法の習得、レベルアップ時のステータス上昇ボーナスを得る事が出来る。

特に重要なのはレベルアップボーナス。魔石なしレベルアップで上がるのはHPMPのみで、
本作における「ちから」「まりょく」「すばやさ」といった基礎ステータスは、魔石のレベルアップボーナスを用いない限り一切成長しない
のである。
これを知らないと、いつまで経っても通常攻撃や魔法の威が上がらない。
この為、一般的なプレイでは「きかい(ドリル)」や「必殺技(ばくれつけん、むげんとうぶ)」等のレベル依存で威が大きく変動するオリジナルコマンド(後述)や、アルテマウェポンバリアントナイフ等の自分のHP依存で攻撃が変動する武器などが活躍し易い。

こうしたシステムの為、やりこみプレイヤーの中にはストーリー後半で入手できる、ボーナスの優秀な魔石を手に入れるまでは低レベルプレイを行い、強な魔石を入手してから一気にレベルを上げる、などといった手段が取られる事がある。
またそこまでせずとも、レベルアップタイミングを見計らい、優秀な魔石をパーティ内で使い回すだけでも十分に効果的である。

魔法の習得に関しても(一部キャラを除いて)全て魔石を装備し、戦闘勝利する事で得られる魔法修得値」を溜めることで修得することが出来る、という、前作FF5アビリティ習得システムに近いものになっている。こちらも魔石によって覚える魔法、修得速度に違いがあり、強な魔石ほど強魔法を素く修得できる傾向にある。

従来の召喚獣にあたる本作の「幻獣」は1戦闘ごとに1回しか使えず、基本的に前述のオリジナルコマンドや、育成した物理攻撃や魔法攻撃の方が強であることが多い。この為、サポート系の幻獣以外(=攻撃系の幻獣)はあまり使われず、あくまでキャラクターを育成するためのパーツとしての側面が強い。
一般的に、ストーリー前半では魔法が強く(敵の魔法攻撃で大ダメージ~即死したりする)、キャラクターが育ってくると物理攻撃の方がぶっちぎる。

登場人物


プレイヤーキャラクター



次へ»
最終更新日: 17/02/10 12:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ