ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ファイナルファンタジーVII


ヨミ: ファイナルファンタジーセブン
掲示板をミル!
2495カキコ!

[画像を見る]ファイナルファンタジーVII』 (FINAL FANTASY VII) とは、スクウェア1997年1月31日プレイステーション向けとして発売したロールプレイングゲームである。 略称はFF7、FFVII。

2009年4月10日ゲームアーカイブスでの配信が開始された。容量は1715MBで、価格は1500円とちょっと高め。内容はインターナショナル版が元になっている。

2015年6月16日E3カンファレンスにてPS4リメイクする事が発表された。詳細は『ファイナルファンタジーVII リメイク』を参照。


概要


スクウェアプレイステーション向けに発表した初のソフト天野喜孝イメージイラストのみ担当になり、野村哲也キャラクターデザインとなった。

ハードPSに変わったことにより、フィールド戦闘画面が3Dになった。町やダンジョンは1枚絵でポリゴンキャラが動くという形である。特にインター版ではシナリオの要所にムービーも入る。ときにはダンジョンの1枚絵がシーレスムービーに代わる演出も。ムービーにはデフォルメの3頭身の場面と、リアルな7-8頭身の場面が混在している。

戦闘システムFFIVVIで採用したATBを搭載。装備品によりアビリティの装着可数が決まるマテリアシステム、敵の攻撃のダメージゲージがたまり、MAXになると必殺技が使えるリミットブレイクシステムが本作の特徴。これにより9999×nダメージを与えられる機会が増え、HP10万越えのモンスターも多数登場するようになった。ミニゲームでもスノーボード取りゲームなどミニゲームも多く搭載。かなりやりこみできる内容である。

世界累計出荷本数1000万本以上。スクウェア・エニックス称の「最も売れたファイナルファンタジー」である。後にインターナショナル版を発売(インター版は後にX、X-2XIIでも発売)。上記のようなムービーの追加に加え、エメラルドウェポンをはじめとする更なるボスモンスターの追加などが施された。

上記の通りVI以前とVII以後で大きく変更された部分が多く、シリーズの転機となった。


メディア効果


FFVIIが発表されたのは、発売から約1年前の1996年1月任天堂は、1995年末にNINTENDO64を発売する予定だったが、ソフトの品質が満足に達してなく、発売を見合わせた。FFVIIが発表されたころには、内でセガサターンプレイステーションが発売から1年ほどで、それぞれ200万台を販売していた。

PS向けということと、CD2枚組で5800円(発表当時。発売時にはCD3枚組で6800円)と前作より定価が約半額と低価格という発表に業界に衝撃が走り、その直後のカプコンの「バイオハザード」の大ヒットと、口コミレベルでの広まりもあいまって、プレイステーションの普及が一気に加速。1997年1月のFFVII発売直前には、エニックスの「ドラゴンクエスト」の続編(ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち)もPSで発売決定となる。このころには、もはやN64が追いつけないほどに普及していた。

1996年8月発売のスクウェアPS第1弾「TOBAL No.1」にFFVII体験版を収録。この体験版当てに本作を購入したユーザーも多いはず。

スクウェアはFFVII発売に伴い、子会社「デジキューブ(2003年業)」を設立。大手コンビニチェーンプレイステーション(のちにセガハードも)ゲームソフトを販売させる体制を整える。発売数か前からデジキューブ提携のコンビニで予約販売を実施、コンビニ予約分はすべて出荷。CDの量産の容易さも手伝い、大人シリーズが避けては通れない発売初期の品切れを解消。初回出荷本数220万本のうち、8割がコンビニ販売分に。取り分が少なかった既存小売店に波紋を残すことに。

日本国内の販売本数は328万本。ベスト盤やインター版を含めると400万本強。「日本RPG海外に受けない」という認識を覆し、FFVIIは海外でも580万本を売り上げた、これをきっかけに他でも日本RPGの認知度が増した。


派生作品


FFVIIの関連作品群「COMPILATION of FINAL FANTASY VII」。


主な登場キャラクター



次へ»
最終更新日: 19/06/11 09:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ