ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ファイナルファンタジーVII リメイク


ヨミ: ファイナルファンタジーセブンリメイク
掲示板をミル!
149カキコ!

ファイナルファンタジーVII リメイク(FINAL FANTASY VII REMAKE)とは、スクウェア・エニックス2020年3月3日PS4で発売を予定しているロールプレイングゲーム
FF7フルリメイク作品となる。略称は、FF7R、FFVII REMAKE等。

オリジナル版の記事はこちら→ファイナルファンタジーVII


概要


ファイナルファンタジーVIIリメイク
基本情報
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 PlayStation 4
開発元 スクウェア・エニックス
発売元 スクウェア・エニックス
発売日 2020年3月3日(予定)
価格 ¥8,980円(税抜き)
年齢 CERO:審予定
その他
ゲームソフトテンプレート

本作は、スクウェア(現:スクウェア・エニックス)が1997年プレイステーションソフトとして発売した「ファイナルファンタジーVII」(以下FF7)のリメイクである。
コマンドバトルと直感的アクション融合することで戦略性の高いバトルを実現し、20年前には不可能だったグラフィック技術によってFF7世界リアル再現、再生する。
開発には、オリジナルスタッフ北瀬佳範野村哲也野島一成の3人が参加する。

オリジナル版の密度を保ったままHDリメイクを行うため、1作では完結せず分作でリリースされる。
最終的に何部作になるのかは不明。(2019年6月11日現在)

アクションとの融合

本作は、リアルタイム性の強いアクション寄りのシーレスバトルを採用している。グラフィック以上にゲーム性を重視しているとのこと。

FFXV」を開発していた頃の野村哲也氏の「FF」の定義として「数値を考えつつ、パーティーで戦う」とあり、戦闘中で操作するキャラクターを変更することが可になっている。そのため、で届かない優先して倒したい敵をガンナーに切り替えて時に対応すると言った具合のことが出来る模様。

アクションの度合いも「ディシディア」や「キングダムハーツ」よりも低めで、テクニックを要するアクションではなく、新システムを駆使して戦略を考えながら戦うアクションバトルとしている。そのため、シミュレーション要素の強い作品になるだろう。

また、ATBリミットブレイク・マテリア等の要素も進化させつつ継承しており、他にも特有のシステムがあるようだ。

そして、グラフィック進化ゲームシステムの変化に伴いリアリティを上げるため、潜入するようなイベントではカバーアクション手榴弾を投げることが出来るようになる等の変更も行われている。

リメイクに当たって、エピソードを深く掘り下げるような描写も追加し、コンピレーション作品の設定を活かし、繋がりを強くした上で現在社会情勢に合わせたストーリーの再調整が行われている。(女装デートイベントも収録される。)

1作では、ミッドガルでの物語を中心に描かれる。


ストーリー


から吸い上げた生命エネルギー《魔》。

《ミッドガル》――八基の魔炉を有する階層都市
によって世界握した巨大企業神羅カンパニー》と を守るために立ち上がった反羅組織《アバランチ》が突する。

ソルジャークラウドは、傭兵として アバランチの《番魔炉爆破作戦》に参加していた。

炉爆破の余韻く八番
炎に包まれるで、死んだはずの宿敵の幻影が揺らめく。

消し去りたい過去の幻影に導かれ、彼女と出会う。

売りの女性が差し出した黄色
言葉は――《再会》 その刹那、ふたりを取り囲むい影――《運命の番人》。

今、想いが再びを巡る。


歴史



スタッフ



関連動画



トレーラー



■sm26499550[ニコ動]

■sm27736266[ニコ動]

■sm35102186[ニコ動]
■sm35244959[ニコ動]


関連商品


■azB07SFY368H


外部リンク



関連項目


ファイナルファンタジー本編リンク
- I - II - III - IV - V - VI - VII - VIII - IX - X - XI - XII - XIII - XIV - XV -

最終更新日: 19/06/13 17:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ