ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ファイナルファンタジーX


ヨミ: ファイナルファンタジーテン
掲示板をミル!
910カキコ!

わたし、『シン』を倒します
必ず倒します」

ファイナルファンタジーXとは、プレイステーション2ソフトとしてスクウェア(現・スクウェア・エニックス)が発売したRPGである。 略称はFF10、FFXである。


概要


日本国内では2001年7月19日に発売。後にFFシリーズで初めて物語上での続編となる作品『ファイナルファンタジーX-2』が作られ、2003年3月13日に発売された。

内の販売本数は265万本(内インターナショナル版が30万本)で、全世界累計販売本数は800万本。

この作品はこれまでのFFシリーズとはさまざまな点が異なっていたり、特徴的なシステムの導入などがある。例を挙げると、

 などである。

キャラクターボイスを採用しておりながら、主人公の名前は変えられるため、ボイスのないキャラクターを除きゲーム内で“ティーダ”と呼ばれることはない。

上記の独自仕様により、よく「一本道ゲー」と批判されるが、その過程で展開するドラマの数々、飛空挺入手後のやりこみ性の高さなどがそれを大きく払拭している。

特に最強武器・防具にのみデフォルト実装されているアビリティ限界突破」は、従来の作品で最強の値であった9999えるダメージHP叩きだしただし、VIIIショックウェーブパルサーの時点で一撃で5ケタのダメージを与えるという仕様は存在している、当時のプレイヤーに大きな衝撃を与えた。 

2014年には続編であるX-2と併せてHDリマスター化され、PS3およびPSvitaにて販売された(PSvita版のみXとX-2それぞれ個別での販売)。リマスターに際し、全グラフィックリファインリメイクBGMアレンジ版が収録されているほか、X-2のその後を描いたボイスドラマが収録されている。詳しくは後述。

2016年にはPC版Steamで配信され、2019年にはNintendo Switch版とXbox One版が発売される。


ストーリー


機械仕掛けの大都市ザナルカンドで「ブリツボール」と呼ばれるスポーツチーム「ザナルカンド・エイブス」のエースとして活躍するティーダは、試合中に突然現れたの怪物『シン』によって、異世界であるスピラへと飛ばされてしまう。そこでは自分の生きてきた世界とはまるで違う所であり、人々は強大なるを持つ不滅の魔物である『シン』に怯えながら生活していた。その上、ザナルカンドは1000年前に滅ぼされたという話を聞く。

南の孤ビサイドに流れ着いたティーダは、その村で『シン』を倒すための修行に出るという召喚士ユウナと出会い、彼女やそのガード達と共にを出発することになった。


主なキャラクター


ティーダ(Tidus)…主人公。ザナルカンドからスピラに飛ばされてしまった。「ブリツボール」という球技の選手。⇒ティーダ(FF10)

[画像を見る]

[画像を見る]

[画像を見る]

[画像を見る]

[画像を見る]

[画像を見る]

 

[画像を見る]


FFX-3……?


HDリマスター版の特典コンテンツのひとつとして、ユウナ視点られる全新作のボイスドラマが収録されているが、この内容があまりにもアレプレイヤーの間で物議を醸した。

これについては、同時期に発売された小説、「ファイナルファンタジーX-2.5 永遠の代償」のページを参照。


ピコカキコ


ザナルカンドにて

戦闘曲

祈りの歌


関連動画



■sm193795[ニコ動]

■sm4401025[ニコ動]
■sm46339[ニコ動]
■sm659199[ニコ動]


関連商品


■azB000A41FNC
■azB000KK9GIC
■azB00ENA6G1U
■azB00U78SOTY
■azB00FPH9LZS
■azB00FPH9M9S
■azB00025E1UI
■azB0002CHR66
■az4757512155
■az4757512163
■az4757512147
■az4757541597
■azB0002CHR6G


関連項目


ファイナルファンタジー本編リンク
- I - II - III - IV - V - VI - VII - VIII - IX - X - XI - XII - XIII - XIV - XV -

最終更新日: 19/02/07 10:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ