ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ファミリーコンピュータ ロボット


ヨミ: ファミリーコンピュータロボット
掲示板をミル!
100カキコ!

ファミリーコンピュータ ロボット」とはファミコン周辺機器である。
略称は「ファミコンロボ」、海外名は「R.O.B.(Robotic Operating Buddy)」。
しかし周辺機器ながらも、いくつかの作品に出演しているため、キャラクターとも認識することはできる。


ファミリーコンピュータの周辺機器としての概要


1985年7月26日発売。当時の希望小売価格は9,800円

画面からの信号をロボットが受信し、それにあわせて動作するという仕組みである。構造上、ブラウン管でないと作動しないのでもし購入する場合には十分注意しよう。
「ブロックセット」と「ジャイロセット」の2種類のモジュールセットがあった。ロボットの体の色は日本では紅白ファミコンカラーであるが、海外ファミコン(NES)は紅白ではないのでNESの色に合わせての部分が灰色になっている。

↓発売当時のCM


■sm15290951[ニコ動]


ファミリーコンピュータ ロボットの対応ソフト


ファミリーコンピュータ ロボットには、2つの専用ソフトが発売されている。上にも書いてある通り「ブロックセット」と「ジャイロセット」である。ちなみにゲームではプレイヤーキャラクターであるヘクター博士(2Pの場合はベクター博士)が登場する。ここでは、その2つのソフトを解説する。

ブロックセット

発売日は1985年7月26日、価格は4,800円番は「HVC-BLS」。欧では「STACK-UP」という名前で発売された。ちなみに、ファミリーコンピュータ ロボットのパッケージにはこのセットブロックハンドが使われている。
セット内容はブロック5個、ブロックレイ5個、ブロックハンド2個、専用カセットブロック」。
ゲーム内容はロボットが5個のブロックを積み替え、崩さずにゲーム上での示通り配置できたかを競うというもの。ただし、実際にブロックが正しく配置されたかを確認するのはプレイヤー自身である。 

動画
■sm15773916[ニコ動]
 

ジャイロセット

発売日は1985年8月13日、価格は5,800円番は「HVC-GYS」。欧では「GYROMITE」という名前で発売された。
セット内容はコマ2個、コマホルダー1個、コマレイ1個、コマスピナー1個(要単一乾電池)、コマハンド2個、専用カセットジャイロ」。
ゲーム内容はコマレイファミコン本体のコントローラセットし、A・Bボタンと連動する部分をロボットが持ったコマスピナーで回転させたコマを設置し押し下げる事でゲーム画面上のゲートが上下するというもの。

動画
■sm14605255[ニコ動]

これらの要素は当時としては、ハイテクで新なものだった。
それ故に幅広く受け入れられず、知る人ぞ知る存在になった…。

しかし時代は進み…


レーサーとしての概要


マリオカートDSにて、「HVC-012」名義でまさかの参戦。
明らかハンドルを握っていないように見えるが、腕を左右に振ることでステアリング操作をしている。
専用カートとして「HVC-BLS」と「HVC-LGS」 がある。

海外版では「R.O.B」名義として参戦、専用カートも「ROB-BLS」、「ROB-LGS」になっている。


スマブラ参戦者としての概要


そして、大乱闘スマッシュブラザーズXにも参戦(名義は「ロボット」)。ゲーム中では隠しキャラクターとして登場。
本作では目からビームを出す「ロボビーム」と、機体下部からジェット噴射でを飛ぶ「ホバリング」を習得した。
他にも、両腕を振り回したりジャイロセットのコマを発射したりといった攻撃パターンもある。
特に「ホバリング」の中移動は他のキャラクター較してもを見るものがあり、その気になればニューポークティを端から端までから移動できるほどである。
最後の切りふだは、一定時から射程距離の短い渦巻き状のビームを常時発射し続ける「拡散ロボビーム」。
攻撃しながら移動もできるという点に関してはアイテム激辛カレー」に近いものの、こちらは発動中は無敵状態となっており、尚且つロボビーム以外の攻撃も自由に繰り出せるため、かなり強
しかも崖にぶら下がっている相手には、崖際でしゃがむだけでビームが当たるので崖っぷちに逃げても確実に追撃できる。
地味」「微妙」などと評価されがちな義であるが、敵に回すと他のキャラ最後の切りふだ以上にタチが悪く厄介である事を認識した方がいいだろう。

亜空の使者」ではキーキャラクターの1人でもある。詳しく書くとネタバレになりかねないのでここでは割愛
また、同モードではロボット色違いな容姿を持つ敵キャラクターも登場し、接近して格闘戦を繰り出す「ロボットアタッカー」、離れた場所からミサイルで攻撃してくる「ロボットランチャー」、同じく遠距離からビームで攻撃してくる「ロボットブラスター」などといったタイプが存在する。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii Uでも隠しキャラとして続投。
体がさらに大きくなり、横必殺ワザに締めの一撃が追加されるなどの変更点がある他、上にもあげたように地味といわれることが多かった最後の切りふだが「スーパー拡散ロボビーム」にパワーアップ
体を変形させて極太レーザーを放つという、サムスゼロレーザーに近い快な技に変更された。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALでも隠しキャラとして続投。
基本技に関しては下投げで相手を埋めるようになったり脊髄に上必殺ワザ用の燃料の残量確認メーターが追加されるといった変更が為された他、最後の切りふだが「誘導ロボビーム」にパワーアップ
対戦相手をロックオンして追尾ビームを数発撃ち、最後にスーパー拡散ロボビームを放つ技となっている。

他にも、F-ZERO GXモチーフとした対戦ステージ「ポートタウン エアロダイブ」でも、ファミコンロボットを思わせる背景が時折登場する。


そのほかの外部出演



関連商品


■azB016OAKUSG
■azB00GZ8HL2Q
■azB00F9ARJ00
■azB00BG5ERHA


関連項目



最終更新日: 19/01/12 15:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ