ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フェラーリ


ヨミ: フェラーリ
掲示板をミル!
60カキコ!

フェラーリとは、フィアット下の、イタリアの高級スポーツカーを製造している自動車メーカーである。
現在社長セルジオ・マルキオンネ(フィアットグループおよびクライスラーCEOを兼務)。


概要


他の自動車メーカーとは異なり、創業者のエンツォ・フェラーリが自身のレース活動を運営する為に設立(スクーデリア・フェラーリ)、1950年から行われているF1世界選手権に、初年度から現在まで参戦してる一のコンストラクターである。

また、様々な名を製造し、自動車歴史伝説を築いている。これもレースを得るためにレース車両ロードカー用に再調整されたもので、当初は性べて品質の悪さもあった。
しかしレースでの活躍がフェラーリのブランドイメージを向上させ、高価であったものの、世界中のセレブリティ用されるようになった。

1960年代に経営危機に陥ったが、同じイタリアフィアットが買収、エンツォはレース活動に専念し、部門はフィアットの下で整理されて自動車メーカーらしくなっていった。

1988年にエンツォが亡くなると、彼の自社フィアットが買い取り、全部門がフィアットの管理下となった。

1991年ルカ・ディ・モンテゼーモロ社長に就任すると、リストラを含む革を行った。その結果、は大幅な品質向上に成功させ、売り上げにもつながった。さらにレース部門では、F11999年から2004年までコンストラクタータイトルを手にするなど、最古の参加チームながらもトップクラスを維持し続けた。

しかし2007年タイトルを最後にF1ではチャンピオン獲得には至らず、依然と300億円以上を予算としてかける状況に、フィアットCEOのセルジオ・マルキオンネと対立構造が生まれ、ついに2014年にモンテゼーモロが更迭され、マルキオンネが新社長となった。

2009年3月9日自動車業界初のニコニコチャンネルFerrari チャンネル[外部] 」が開設された。


 現行車種


12気筒モデル

8気筒モデル

スペシャルモデル


過去車種


※数がものすごいので一部抜


スクーデリア・フェラーリ


ここでは、フェラーリのレース部門であるスクーデリア・フェラーリの歴史を挙げていく。あまりにも膨大なので、エンツォ・フェラーリが存命中の時代を中心に、要な出来事を書くに留める。詳しく知りたければ、専門的な書物やサイトが山のようにあるのでその辺は苦労しないはずである。


黎明期~戦前


エンツォ・フェラーリのレース活動は、当時のイタリア自動車メーカーにレーシングドライバーとして参加することから始まる。やがて、名門アルファロメオに所属、1923年にラベングランリレースで初優勝を遂げる。この時の縁で、地元の名士バラッカ氏の息子である第1次世界大戦でのイタリア軍の撃墜王、フランチェスコ・バラッカのトレードマークである「キャバリーノ・ランパンテ(跳ね)」の紋章を譲られる。これが今に続く「い跳ね伝説の始まりであった。

やがて、アルファロメオムッソリーニ政権による自由への抑圧の中でグランリレースから一時撤退を余儀なくされるが、スポーツカーを切ることになる。この中で、エンツォは1929年にアルファロメオセミワークスチームスクーデリア・フェラーリ」を結成した。長男ディーノが生まれたことでレーサーとしては身を引いたエンツォだったが、彼のエントリーさせたマシンはミッレ・ミリアタルガ・フローリオル・マン24時間レースといったクラシックイベントで暴れまわった。しかしやがてナチス・ドイツ威発揚を的に台頭してきたメルセデスアウトウニオンを相手に苦戦するようになり、業を煮やしたアルファロメオ本社がスクーデリア・フェラーリを解散することを命じ、やがて対立したエンツォを追放してしまう。
この時の契約で、4年間フェラーリの名を使えなくなったエンツォは、ティーポ815を製作し、戦争前の最後のレースとなったミッレ・ミリアに参戦。これが、フェラーリ初のオリジナルカーであった。


戦後~1950年代


第2次世界大戦が終わり、再びスクーデリア・フェラーリを名乗れることになった上で、初のフェラーリの名を冠したマシンティーポ125完成させた。これのグランプリカバージョンである125F-1が記念すべきフェラーリ初のF1マシンとなった。

1950年からF1グランプリが開始され、エンツォの標はかつて自分を袖にしたアルファロメオを打ち破ることとなった。この年は、直接対決での勝利は果たせなかったものの彼らの欠場したレース勝利し、手応えを掴んだ。翌年、シルバーストンサーキットで行われたイギリスGPで、遂にアルファロメオを打ち破ることに成功。狂喜したエンツォはアルファロメオに対して「今もアルファロメオは私の初恋の相手だ」と賞賛なのか煽りなのかわからないメッセージを送る。後に、エンツォはこの時の気持ちをこうっている。

「私は嬉しくて泣いたが、悲しくもあった、なぜなら自分の母親を殺してしまったのだから…」

この年のイタリアGPで、フェラーリはまたも1-2フィニッシュでアルファロメオを破り、観客たちは新たなグランプリの役誕生に「これからはフェラーリの時代だ!」と熱狂した。現在まで続くフェラーリファンティフォシ」の始まりである。もっとも、結局タイトルアルファロメオにさらわれてしまったのだが。

1952年、フェラーリは圧倒的な強さで初のワールドチャンピオンを獲得する。(当時はドライバーチャンピオンのみ)
その後は1953年も制して連覇し、その後やや低迷するが1956年1958年ドライバータイトルを獲得。しかし1958年ミッドシップマシンが現れ、FRフォーミュラカーは時代遅れになりつつあった上、この年から始まったコンストラクターチャンピオンシップの初代タイトルを獲り損ねてしまう。翌年もミッドシップマシンが立たなかったフェラーリは、いよいよ自らもミッドシップマシンを作る必要に迫られていた。


1960年代



次へ»
最終更新日: 18/07/22 03:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ