ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フォウ・ムラサメ


ヨミ: フォウムラサメ
掲示板をミル!
27カキコ!

フォウ・ムラサメとは、『機動戦士Zガンダム』に登場する人物の一人である。
CV島津冴子TV版)/ゆかな劇場版


概要


地球連邦軍のニュータイプ研究所の一つであるムラサメ研究所において強化人間として改造された女性。フォウ・ムラサメという名前は『ムラサメ研究所の4番の被検体』として便宜的に付けられたもので、こうした点からニュータイプ研究所において彼女人間として扱われていない事がえる。
元々は一年戦争による戦災孤児だったとされるが、本人は強化人間の処置を受ける際に自身の名前を含めた過去の記憶全てを失っている。

作中ではサイコガンダムパイロットとして、アウドムラ追撃中のスードリに合流。一時的にスードリを離れ、ニューホンコンに素性を隠して上陸した際にカミーユ・ビダンと出会い、お互いが敵同士であることを知らずに惹かれあうことになる。
ニューホンコンではお互いがガンダムを駆り実際に戦い合う事になるが、幾度かの戦闘と説得を経て互いの胸中をさらけ出し、めて解り合うことに成功する。そしてカミーユの大気圏離脱を支援するためスードリに搭載されていたシャトル用ブースターを起動させるべくサイコガンダムスードリに突入するが、当然これはティターンズに対する裏切りであった。ブースター起動作業中にアウドムラ撃墜のため特攻を仕掛けていたスードリの指揮官であるベン・ウッダーより撃を受け、打ち上げには成功するものの、劇場版では頭部を撃ち抜かれて死亡する。

TV版では死亡しておらず、回収の上再調整が施され、キリマンジャロ基地でカミーユと再会する。当初はカミーユの説得にも応じていたが、再調整のから戦火をの当たりにして変し、サイコガンダム2号機に搭乗して戦う事になる。
カミーユ必死の説得により再び正気を取り戻すが、その直後、ジェリド・メサの駆るバイアランの攻撃から彼をい、死亡彼女の死はその場に居合わせたアムロ・レイクワトロ・バジーナにとって、一年戦争当時のララァ・スンの死を思い起こさせる苦いものだった。また、その魂は最終決戦において他の死者の魂と共にカミーユの側に寄り添っている。

ストーリー上の立ち位置としては先述の通り、ファーストガンダムにおけるララァ・スンポジションにあるキャラクターなのだが、ララァとは異なりフォウは人工的(かつ非人的)な処置を受けた強化人間であることから、その悲劇性が際立つ形となっている。また、結末はどうあれカミーユの説得に応じたことから、『スーパーロボット大戦シリーズ等のクロスオーバー作品では、条件次第で味方キャラとして使用可となることが多い。


声優交代に関して


『新訳』とも呼ばれる劇場版Zガンダム制作に際して、TV版から複数のキャスト変更が行われ、フォウに関しても島津冴子からゆかなキャスト変更がされた。
論、声優引退している等の事情もあるし、劇場版Zガンダムカミーユ役の飛田展男めてオーディションで選び直すなどしていたため、キャスト変更それ自体は決して不自然なことではない。
にも拘らずフォウキャスト変更が話題になった≒荒れた理由としては、総音響監督である藤野貞義が「島津冴子引退した」という間違った情報富野監督に伝えたことや、富野自身が島津冴子に対し「フォウを変更するつもりはなかった」と発言したことが挙げられる。こういった経緯から、このキャスト変更、ひいてはゆかなの起用自体に否定的なファンも一部では見られる。


関連動画



■sm993111[ニコ動]

 ■sm14957671[ニコ動]


関連商品


■azB00030EUXA
 ■azB000CS4IM6


関連項目



最終更新日: 16/03/27 02:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ