ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フォトカノ


ヨミ: フォトカノ
掲示板をミル!
259カキコ!

フォトカノとは、角川ゲームスから2012年2月2日に発売された恋愛シミュレーションゲームである。
対応機種はPSPで、価格は7,140円。


概要



フォトカノ(PSP用ソフト)


夏休みも終わる日のこと、主人公前田一也』は父親から『デジタル一眼レフカメラ』を誕生日でもないのにプレゼントされるところからストーリーは始まる。
このカメラを使い、メインヒロインの心をつかみつつ、いかにして写真モデルになってくれるか、そこがこのゲームポイントである。
舞台は『河(こうが)学園』。この高校で、夏休み明けの2ヶ間、ゲーム中に様々なヒロイン達と過ごすことになる。

PSPカメラのように使う』といったシステムがある。Rボタンがシャッターとなっており、まさにカメラを思わせる。

キミキス』でお染みのプロデューサー杉山イチロウ氏がプロデュースする角川ゲームス作品。今回は3DCGグラフィックを使用。今回は恐らく全新作となることから、エンターブレインから発売されてきた『キミキス』、『アマガミ』などの繋がりはいと思われる。


フォトカノ Kiss(PS Vita用ソフト)


2013年4月25日PSVITAで新規シナリオ等の追加要素を含めた「フォトカノKiss」が発売された。

ストーリーは基本的にPSPと内容は同一だが、一部演出が変化している。また登場人物のモデルは新しく作り直され、機種のスペック向上もあってグラフィックや演出面のクオリティが上昇、ロード時間なども善されている。

カメラ撮影のモードジャイロセンサーを使ったものやタッチスクリーンを使うものに切り替え可カメラの移動範囲も大きく広がっており、表情などの定もさらに細かくなり撮影の自由度は増した。さらにポイントの基準も変化している。また連続して同じポーズ定したまま撮影も可になり、撮影ごとにいちいちポーズ示をする必要がなくなった。全体的にテンポは向上している。

その他にも「ヒタムキ」ルートに向かうための好感度ポイントは専用のものが用意される、うさパワー仕様が変更されより使いやすくなる、アホ毛あっぴ~の位置が全に入れ替えなど、細かい部分の仕様も変化している。

クリア後のモードに、本編の1/4の分量のシナリオを書き下ろした全新作「ラブラブデイズ」が追加されており、EDを見たキャラクターの学園祭の次の日から一週間の間のシナリオを楽しめる。サブキャラクターとのイベントでのエンカウントは存在するが、それ以外は最初に定したヒロイン以外とのエンカウントはなく、何もしない選択肢以外では確実にヒロインエンカウントし、会話での話題はすべて解放状態で、撮影の際にタッチヒロインに触ることができたりと、まさにヒロインイチイチャしたい人向けのモードである(ただし写真は見せられない)。好感度レベルは最大三段階で、三段階の最大値まで達した状態でストーリーイベントを見ると日曜日イベントが発生する。


メディアミックス


2011年7月6日より『フォトカノ』の魅システムキャラクターなどを紹介するラジオ番組『茉莉也と寿子のフォトカノ撮れたてポートレート』が始まった。パーソナリティ果音役・伊瀬茉莉也早倉舞衣役・金元寿子アニメ化Kiss発売に合わせ『茉莉也と寿子のフォトカノ撮れたてポートレートKiss 稔もいるよ!』にタイトルが変更され、中川行太役・白石稔メインパーソナリティに昇格。2013年12月11日放送でスタジオでの録音分は最終回を迎えた。

キミキスアマガミ同様、コミカライズが複数存在。コミカライズ作品は以下の通り。(全て連載終了)

2013年4月より、アニメTBS系列において放送。


ゲームの目的


フォト部もしくは写真部に所属する主人公を操作して女の子と会話しつつ、時には美しく時にはエロ写真を撮影し、女の子の好感度を徐々に上げていく。そして、2ヶ後の最後の日曜日に行われる学園祭で自分の活動の成果を女の子に見せ、告白を成功させるのが的である。


システム


学校内で休み時間と放課後の計4回まで行動。ヒロインアイコンが表示されている場所に行けばそのヒロインに関連したイベントが発生し、アイコンがない場所に行くと遭遇したヒロインと会話できる(もいない場合や、話しかけても断られる場合もある)。

会話は「バイオリズムマッチング」という独特のシステムで、波状のゲージの上を右から左に流れる様々な色に塗り分けられた?マークと同じ色の話題を選ぶ。ただし、波の上半分に?が来ていないと、相手のテンションを下げてしまう(同じ色の?が複数ある場合左側が優先)。うまく選ぶことができれば、相手の好感度とテンションが上昇していく。テンションを最大近くまで上げればヒロイン写真撮影を頼むことができるようになる。テンションが下がるとヒロインには逃げられてしまう。また、それとは別に「ドキドキハート」というゲージがあり、あまり恥ずかしい話題を振るとこのゲージも上昇していき、こちらがいっぱいになっても逃げられる。話題は5回まで選べるが、写真撮影を頼む「アタック」も一回の行動とされるため、事実上4回まで選べることになる。

写真撮影をOKしてもらえたら「フォトセッション」となる。ポーズを依頼して、そのポーズをとったヒロインに対して自分を動かし、度や距離などを考えながらファインダーをのぞき、ここから傾きやズームなどを調整して理想の写真す。撮影した写真は「ビューティフル」「エロティック」などの評価がされ、点数が付けられる。なお、ヒロインがとることができるポーズ恋愛レベルやドキドキハート、周辺の状態などによって変化する(恋愛レベルが低いと恥ずかしいポーズは取ってくれないなど)。

撮影した写真ヒロインに見せることが可で、話しかける際に会話の代わりとして見せるか、フォトセッションで可な回数(初期値は2回)ポーズを依頼した後に見せられる。ビューティフル写真を見せれば好感度が上昇するだけでなく、ドキドキハートの最大値も増える。もちろん、点数が高ければヒロインの評価も高い。しかし、エロティックな写真を見せるとドン引きされ、好感度が下がってしまう。

また、撮影した写真ポイントは評価の分類ごとに経験値のように累積され、一定以上に達すればフォト部もしくは写真部の部長からご褒美として様々な技術を教えてもらえる。ビューティフルはフォト部、エロティックは写真部からご褒美をもらえる。フォト部からは会話を断られにくくなる・ポーズを断られにくくなるなどで、写真部からはフォトセッションの回数を増やしてもらえるなど。フォト部の教える技術のがエロスの技術のような気が…

ヒロインの好感度が右端まで達すると、行動時にストーリーイベントを示すハートマークを浮かべたアイコンが出るようになり、これを選ぶと好感度のゲージが増える。さらに最大値までためると再びハートマークアイコンが出るようになり、これを選べば恋愛レベルが上昇。こうして学園祭までに好みのヒロインと親密になっていく。恋愛レベルによってヒロインの行動や撮影の自由度は変化する。恋愛レベルの最大値は6で、さらに好感度の状態により「スキ」「ヒタムキ」「ナカヨシ」に分かれ、イベントが変化する(ストーリーイベントは変わらない)。

また、下校時にヒロインを誘う(誘われる)こともあり、うまく誘うことができれば下校時もバイオリズムマッチングが始まる。普段の会話と同じくテンションを上げていき、アタックに成功すれば下校デートに誘える。こちらも恋愛レベルによって内容が変化する。カラオケに誘うと……。

なお、上記のとおり主人公オープニングでフォト部か写真部のどちらかに所属することになるのだが、その時選んだ部によってストーリーの内容が変わる(前者はストーリーL:LOVE 純愛ルート後者ストーリーH:HAPPY コミカルルートと呼ばれる)。


登場キャラクター



メインキャラクター


太字はメインヒロインパッケージヒロイン)。
以下はフォトカノKiss公式サイトメインキャラとして挙げられているキャラ
深角友恵果音大谷桃子は条件を満たさないと攻略出来ない(条件は無印Kissで異なる)。


サブキャラクター



主人公


新見遙佳とは幼馴染間咲ののかとは中学からの同級生果音である。夏休み最後の日に父親からお古のデジイチデジタル一眼レフカメラ)を譲り受けたことで写真興味を持つ。それによって二学期初日に数多くの女性と知り合い、さらに今まで経験したことがなかった部活への所属もするようになるなど、大きく運命を変えることとなった。

姿はゲーム中に全く出てこないが、からも果音とは「全然似てない」と言われるうえに美人な新見とは全く釣り合っていないとからかわれる(それが原因で距離を置くようになった)ことなどからあまりイケメンではないらしい。その割に早倉舞衣柚ノ木梨奈との交流についてはあまり言われないし、特に気にもしないが。
一応、デザインの設定だけは各種コミカライズアンソロジーのために用意されており、ビジュアルワークスでの作家への説明には「前眉毛と同じか少し長い」「気持ち面長」「髪の毛系で果音と似た感じ」とされ、決定稿ではが大きく童顔気味で、中分けの髪型をしている。一方でアニメ版のデザインは初期案に近く、髪型つきが異なる。
明らか理な姿勢で写真を撮影したり、(仕様とはいえ)猛スピードカメラレンズを取り換えたりするので、一部プレイヤーからは「実はサイボーグなんじゃないか」とネタにされたりする。


次へ»
最終更新日: 16/10/22 17:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ