ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フォルテ(ロックマン)


ヨミ: フォルテ
掲示板をミル!
85カキコ!

フォルテとは、ゲームロックマンシリーズ」に登場するキャラクター

CV:戸部爾(パワーバトルパワーファイターズ) / 檜山修之ロックマン8ロックマンバトル&チェイス) / 根本子(ロックマンエグゼ


概要


SWN.001 フォルテ(Forte)

Dr.ワイリー製作ロボット。他のワイリーナンバーズロボットと異なり、スペシャルワイリーナンバーズとして独自の製造番号を当てられている。

Dr.ワイリー偶然発見したフォルテニウムという強エネルギーを使用している。

ロックマンにはラッシュという相棒がいるが、フォルテもゴスペル(SWN.002 Gospel)というロボットを引き連れている。コイルジェットのような機は付いていないようだが、フォルテとの合体が可

初登場はスーパーファミコンの『ロックマン7』だが、『ロックマン8』以降は残念ながら10年以上リリースされなかったため、本家シリーズでの活躍はかなり少ない。そのため、フォルテな活躍の場としては、スピンオフ作品や『ロックマンエグゼシリーズが多い。

イメージカラーは、グレー、そして頭部にあしらっているオレンジ。武器のフォルテバスターは作品によって機が異なる(後述)。


性格・キャラクター


ロックマンライバルを自負し、ロックマンを倒して最強ロボットになることに執着している。

製作者がワイリー故か、プライドが非常に高い。そのため、ときどきワイリーの命に従わないことがある(大抵は、ワイリーの汚いやり方に反発してのものである)。

このように書くと、ドラゴンボールベジータのような立ち位置だが・・・。
役をる作品も多いので、かませ犬とは言い切れない。

ワイリーのことは登場初期では「ワイリー博士」と呼んでいたが、『パワーバトル』の頃から「じじい」呼ばわりするようになった。

以下、各作品ごとの立ち位置について記述する。 ネタバレ注意

ロックマン7

オープニングステージの最後でロックマンに腕試しとして戦いを挑み、独自にDr.ワイリーと戦っているロボット、という印を残し去っていく。

とあるステージで負傷している姿を撃され、ロックマンライト博士修理してもらうように勧める。
かしこれはライト博士の研究所に潜り込むための芝居で、研究所にあった設計図を強奪する。
そして、フォルテDr.ワイリーが製造したロボットだったことが判明する。

ワイリーステージでは中ボスとして2回登場し、ロックマンの行く手を阻む。
2度の戦いではゴスペル合体したスーパーフォルテの姿で現れる。
スーパーロックマン(ラッシュと合体したロックマン)より優れている。

ロックマン8

ロックマンライバルというポジションは変わらず。最強にこだわる性格はこの頃に確立された。

今回もワイリーステージの途中で戦うことになる。

ロックマン9

ファミコン風味への原点回帰を図った作品ということも有るのか、SFC版からの新キャラであるフォルテはこの作品には登場しない(一部で、フォルテの設計図と思われるものが背景に映っているのみである)。

ロックマン10

ダウンロードコンテンツフォルテプレイが可になる(タイトル画面にもフォルテが追加される)。

ショットの性は後述する『ロックマン&フォルテ』の時と同じく8方向ショット
ジャンプは出来ないが、ゴスペルブーストが標準装備となっている。


番外・リメイク


ロックマンバトル&チェイス

扱いはDr.ワイリーの前の中ボスだが、自機として選ぶことも可(その場合、中ボス戦は飛ばされる)。

マシンの性ロックマンと似ている。やや加速重視だがオールマイティで、初心者にも優しい
通常では相手のハンドリングを狂わせる連射の効くショット
ため状態では相手をクラッシュさせるチャージショットを使うことが出来る。
ボディの形状はまんまゴスペル

レースの戦術としては、単発ショットで敵を倒しながらアイテム一発逆転を狙い、射程距離に入ったらチャージショットを当てに行くスタイル
他にもっと強いマシンが有るため強さとしては中堅レベルだが、ステージに左右されない万キャラクターであるため、上手い人が使えば安定して勝てるかもしれない。

ザ・パワーバトル

プレイヤーキャラとして使用できるようになったのは本作が初。
動かし方はロックマンと同じで、8方向弾ではなくチャージショットを撃つ。

スライディング動作は、低ダッシュとなっている。

パワーファイターズ

操作は前作『ザ・パワーバトル』のものを継承。パートナーはゴスペル

エンディングではフォルテに邪魔をされ激怒するDr.ワイリーに対し、ロックマンを倒すのはだから余計なことはするな、と返す。

(以下重大なネタバレにつき、反転・・・このエンディングではゼロと思われるロボットシルエットがある。まだ設計図段階のようだが、ゼロワイリー製のロボットであることを匂わせる描写がされている。ちなみにフォルテは「女のようなロボット」と切り捨てている

ロックマン&フォルテ

主人公の一人として登場。

ロックマンと大きく異なる。
チャージショットが使えない代わりに(下を除く)7方向へショットを撃つ。ロックマンより短い間隔で連射できるが、連射中は移動ができないため敵の攻撃を回避できない。

2段ジャンプが可。スライディングの代わりにダッシュをし、ダッシュ中にジャンプで飛距離伸びる
スペル合体すると、一定時間ゴスペルブーストで自由を飛べる。

ステージ中はロックマンより格段に動きやすいが、ボス戦では弱点を突く特殊武器を使わないと苦戦する。

なおダッシュ及び2段ジャンプの技術は、後にワイリー制作したと思われるとある赤いロボットにも備わっている。


使用武器など


フォルテバスター
フォルテの武器。7やアーケード作品ではチャージショットが可だった。
10やロックマン&フォルテにおいて「チャージできないが7方向に素い連射が可」という独自の性になった。
スペルブースト
ロックマン&フォルテなど。ゴスペル合体し、エネルギーが切れるまでの間、を飛ぶことが可
合体している間は、攻撃が3WAY弾になる。
その他
ロックマンと同じく、倒したボスの特殊武器が使用可である。

ロックマンエグゼのフォルテ


世界初の全自ネットナビとして登場。生みの親はコサック博士
とある事件により人間を強く憎んでおり、胸のナビマークはその際に受けた傷で潰されたままにしている。

倒した敵のを得られる「ゲットアビリティプログラム」を保有しており、数々の技でロックマン達を苦しめた。

戦闘は作中最強といっても過言ではない。必殺技の一つ、アースレイカーインターネット全域が破壊されても生き残ることができる「ダークネスオーラ」を一撃で破壊しかけるほどである。

フォルテGS」「フォルテXX」「フォルテBX」といった彼特有の形態をいくつか持っている。

エグゼシリーズ世界観の中で異質感を出すために一「布地」を使ったデザインになっている。実はエグゼ3まではマントの下のデザインが起こされていなかった。

シリーズ別のフォルテ

シリーズの共通点として、クリア後に戦える隠しボスという扱いがだが「ロックマンエグゼ2」、「ロックマンエグゼ3」ではストーリーに密接に関わってくる。特殊なオーラっていることも多い。

ロックマンエグゼ1

クリア後に戦える隠しボスとしてインターネットの最深部に登場。台詞イベントくただの隠しキャラ扱い。ナビチップは存在したが、イベント配布でのみ入手可だった。

裏設定として、このころWWW内部に潜入しドリームウィルスデータを一部強奪。そのため戦闘中は基本的にオーラ系のバリアを展開している。

ロックマンエグゼ2

ネットマフィア「ゴスペル」の首領、帯広シュンが生んだバグ融合体として登場。しかし、実は本物にかに劣っている。サーバーオーバーロードによりバグ融合体「ゴスペル」に変貌する。
ED後のエピローグオリジナルフォルテが登場。WWWエリアコピー体を始末しエグゼ3へと続くストーリー予感させる登場で幕を閉じた。

クリア後に行けるWWWエリア部におり、ロックマン達に襲い掛かってくる。

ロックマンエグゼ3

ストーリーに大きく関わってくる。マントの下のグラフィック完成したためバトルモーションがほぼすべて刷新された。

彼の出生、生い立ちはこのエグゼ3でられる。クリア後は岬諒氏の漫画フォルテ最強 ~」をぜひ読んでほしい。

ストーリークリア後に条件を満たすとシークレットエリアに出現。記憶をなくしながらもバグの権化との融合を果たしGSとして襲い掛かってくる。

ロックマンエグゼ4以降

4以降のフォルテストーリーに関わってくることはなくなり、1同様にクリア後のボスとして登場。
しかしメインストーリーに関わることがなくなっただけで、シリーズ毎に台詞や登場イベントは存在。攻撃手段やグラフィックもその都度追加変更されるなど、外伝を含めても皆勤賞である。

エグゼ5では条件を満たせば、フォルテを取り込んだ「フォルテクロスロックマン」になることができる。

彼の最終形態であるフォルテXX(エグゼ4、5)、更に電を取り込んだフォルテBX(エグゼ6)は豊富な攻撃手段と他のナビとは一線を画す移動速度を駆使し、本気でプレイヤーを殺しにかかってくる。


主な必殺技


使用してくる技は形態、シリーズによって違ってくる。


次へ»
最終更新日: 16/04/16 13:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ