ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フミちゃん


ヨミ: コダマフミカチャン
掲示板をミル!
109カキコ!

フミちゃん(木霊文花 コダマ フミカ)とは、クロスメディア作品『妖怪ウォッチ』の女の子主人公である。 
ちゃお」で連載の漫画版では主人公TVアニメ版ではメインヒロインである。 CV:遠藤綾

■im3911327(静画)


概要


レベルファイブ恒例タカヒロイン勝ち気で行動のある、しかしちょっと天然気味な性格で他人より霊感が強い。

ゲーム版(無印)では男の子主人公天野ケータ君と対になる存在。ストーリーはだいたい同じだが、
や親はケータ君と違う。
あるの日に出会った妖怪執事ウィスパーからもらった時計妖怪ウォッチ」で中にはびこる妖怪を視ることができるようになった。この時からジバニャン妖怪の面々と交流を深めていく。
フミちゃんを主人公にしてゲームを開始すると、ケータ君は「普通クラスメイト」という立ち位置となる。 

手にした妖怪ウォッチケータ君腕時計とは違い、 首から下げる懐中時計
探知レンズを開ける時はピンク色を開くが、ちゃお版での初期はレンズのみが開いていた。

玩具化を望むファンもおり、2014年9月発売の食玩である「妖怪ウォッチ ふしぎアイテムズ」へのラインナップ入りという形で念願の商品化を果たしている。

翌年2015年4月下旬にはようやく「DX妖怪ウォッチ フミちゃんVer.」が発売予定。
アニメの設定に基づいているとはいえ、ゲーム本編でフミちゃんでプレイしている女の子大きいお友達にとっては
少し遅い発売となった。

2での「妖怪ウォッチ零式」はケータ君同様に腕時計となっている。 


アニメ版では


ケータ君主人公なので必然的にヒロインポジションとなったが・・・
時折取り憑く妖怪の仕業によって体重増を気にするだの、「オラオラカモカモン!!」と熱血化だの、関西弁で長話だの、授業中におならや踊り未遂だの給食の時間に牛乳吹きだのモノマネで「さよおならプゥ~」と言い放つ、そしてとうとう妖怪のせいとはいえ、ケータ君の前でおならをしてしまい「てへぺろ」とごまかすだのと、とてもじゃないがヒロインらしくない散々なに遭ってしまう。
霊感があるという設定は作中ほとんどく、妖怪ウォッチは所有していない。

おまけにEDクレジットには一応主人公友達なのに、名前が出てこない事が多発。
これもCV遠藤さんの兼役であるコマさんとその他妖怪たち、つまり「
妖怪の仕業」である。
トホホギス(CV遠藤綾)「トホホ~ホケキョ・・・」

しかし、ケータ君ではなく妖怪役となるパートの一つ「キュウビのキュンキュン大作戦」ではメインキャラに抜
妖怪キュウビキュンとさせられる事で出る「キュン玉」を狙われ色々アプローチを受けるも、これを
天然スルー
逆にキュウビ視聴者キュンとさせるのだった。


おフミ


妖怪ウォッチ2真打」限定クエスト妖怪軍師ウィスベェ」に登場する「之助」のの近所に住んでいる町
フミちゃんでプレイすると安土桃山時代タイムスリップしたウィスパー妖怪「シッタカブリ」)に憑りつかれたのが
之助からおフミに差し替わる。

之助同様、「シッタカブリウィスパー)」に憑りつかれた台詞知ったかぶり話の後に、
歌舞伎調で「間違いなぁーい!!」とおフミもしっかりポーズをとる。

残念ながらアニメには近所の町としてですら登場しなかった。


ちゃお版では


フミちゃんが主人公ということで、こちらでは必然的にケータ君とはアニメ版から逆転させたような立ち位置に。
妖怪の仕業による被害者担当がケータ君であることもしばしば。
少女漫画誌連載ということもあってかおませな女の子としての面が強調されており、
ケータ君子供扱いしてみたり、異性キャラに対して赤面する場面などが見られる。
キュウビオロチといったイケメン妖怪と関わるエピソードも多い。

基本的に元気で明るい性格だが、ケータ君に対しては「優しいけどフツーすぎて付き合うにはつまらない」と本人のの前でサラッと言ったり、期待通りのリアクションを返さない彼に対してあわれみとともに
「ホントダメだねケータ君…」などと言い放ったり、ませてるという言葉で済ませていいのか微妙なほど妙に辛辣で
オールカラーコミックス第2弾では「しっかり者だけど、ドSな一面も!?と紹介された。

とは言え二人でお花見に行っていたり、彼が妖怪に取り憑かれたりした時は本気で慌てていたりなど、
仲がいいのは確かな模様。一種のツンデレという可性もなくはない…か?
念のため重ねて言っておくが、基本的には元気で明るいいい女の子である。

パートナー妖怪であるジバニャンからは初っ端から「見たオジサンだったら通報してる」レベルセクハラを受けたりしており、反面ウィスパーからは執事らしいさりげないフォローが入ることが多い(ゲーム版1的なポジション)。
…というかむしろウィスパーの方がフミちゃんからの悪意のない被害を受けることも。

パートナー妖怪は新たにコマさんコマじろうが加わった。

アニメ版におけるキュン玉のエピソードとは違うが、フミちゃんが回りしているキュウビキュンとさせる場面も。
またキュウビとは関係ないが、妖怪「キュン太郎」がフミちゃんと「ハートにキュン」対決をする話がある。


関連動画


 
■sm23394476[ニコ動]

■sm23828623[ニコ動]


関連商品


■azB00CDIHUE6
■az4091065260
■azB00JOYB31S
■azB00JOYB34K
■azB00OCAIZ4M


関連項目



最終更新日: 15/03/03 16:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ