ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フュリー


ヨミ: イガイトオモイオンナ
掲示板をミル!
7カキコ!

ノースアメリカン社のジェット戦闘機をお探しの方は もしかしてFJフューリー


[画像][外部]

フュリーとはゲームファイアーエムブレム 聖戦の系譜」に登場するキャラクターである。


概要


北方シレジア出身の天馬騎士ペガサスにまたがって大る長緑髪女騎士で、シレジア天馬騎士の一人である。

初登場は第2章。王位継承とそれに伴うお家騒動を嫌って出奔し、行方不明となった自王子であるレヴィンを探してシグルド軍と戦争中のアグストリアを訪れる。一時はレヴィンシグルド軍に捕らえられているというを信じてシグルド軍を攻撃するが、実際にはシグルド軍に協していたレヴィンの説得に応じ、シグルド軍に加わることになる。


ユニットとして


クラスペガサスナイトファルコンナイト。

使用可な武器はBB。敵によってを使い分けることもできるが、たいていは手勇者を使うと思われる。クラスチェンジ後はAAに加え、Cも使用可になり、トルバドール同様に走り回る回復役にもなれる。前作『紋章の謎』のペガサスナイトと違い、クラスチェンジしてもドラゴン乗り換えることはない為、魔法防御が落ちるなどのデメリットなくクラスチェンジができるのはうれしいところ。

民出身で戦士の血を引かず、成長率は低めだがパラメータはまとまっており、十分に戦として計算できる。個人スキルは『追撃』。クラスチェンジ後には兵種スキルとして『連続』も追加される。攻撃回数を増やすスキルのおかげで安定してダメージを出せる。

前半一の飛行系ユニットであり、地形に影されずに移動できる。その移動を生かして、遠く離れた村の救出や孤立したユニットの救援に駆けつけるなど、彼女でしか出来ない行動が多々あり、シグルド軍になくてはならない存在となる。

最大の役割はやはり盗賊に襲われている村の救出である。他のユニットでは侵入不可能や山のマスを軽々と飛び越え村に直進できる彼女のおかげで、最小限の被害で盗賊を倒し村からもらえるゴールドアイテムを温存することができるようになる。そのため、速に盗賊を倒すために彼女には勇者を持たせるプレイヤーが多かった。君から授かったを取られたフィン涙目である。


母親として


第1部にてカップリンクが成立した場合、第2部では彼女子供としてセティフィーが登場する。だれが父親になるかによって子供の性には違いが出てくるが、母親のフュリーから『追撃』スキルは確実に受け継げるので安定した活躍は約束されている。

セティ魔法ユニットのセイジであり、出来れば魔法ユニット父親にしたい。しかし、フィーはフュリーと同じく飛行ユニットペガサスナイトのため出来れば物理攻撃を強化できる戦士ユニット父親にしたいという二律背反を背負っている。

セティ重視の場合、おすすめされる父親補はストーリーもオススメしてくる正統派レヴィンか、あるいは魔魔法防御の高さを見込んでのクロードとなる。

を選ぶにせよ、フィーには魔法を渡しておく、勇者を引き継ぐなどのフォローをしておきたいところである。

フィー重視の場合、攻撃の手数を増やす『突撃』やダメージを増やす『必殺』が欲しいところ。ペガサスナイトの弱点であるの攻撃を効化する『見切り』があってもよい。これらの条件を満たすのはジャムカノイッシュアレクなどになる。

セティ重視の場合と違って、セティに対してのフォローが難しいのが痛い。セティには軽いライトニング魔道書などで攻撃数を増やして頑ってもらおう。


キャラクターとして


には同じシレジア天馬騎士筆頭のマーニャがいる。

な性格であり、レヴィンからはあか抜けないと言われてしまう。その割に人の言うことを素直に信じてしまったりもする。その性格が災いしてか、好意を寄せるレヴィンに対して素直に自分の気持ちを言い出せなかったりもする。

その一方でレヴィンが囚われていると聞けば敵の本に突っ込むし、レヴィンが帰らないと聞けば押しかけ女房と化すし、レヴィンが別の女の名前を口にすればそれを聞き逃さず追究したりするなど、意外と行動は重かったりする。

レヴィンを巡ってはシルヴィアと傷沙汰に及びかけたこともあり傷沙汰と言ってもシルヴィアがを振り回してきたのを避けた……までが周回を重ねたOPで見られる全てである。その後どうなったかはガクブル…カップリングが推奨され恋愛イベントが多い本作においても特にドロドロした恋愛劇を見せてくれる。

なお、第4章のマーニャ戦死後のレヴィンとの会話を発生させた場合、それまでの他のユニットとの恋愛感情を視して一発レヴィン人関係になれる。

ちなみに、フュリーが結婚しようが、彼女息子セティという名前である。セティという名前は伝説戦士の一人で、なおかつシレジアを建した初代国王から採られているのであるが、それはすなわちレヴィンのご先祖様ということにもなるが、戦士の名前だし旦那も何も思うまい。

カップリングが成立している場合の第2部では、フュリーの子供たちから第1部後の彼女末がられる。また、続編の『トラキア776』でも息子セティシレジアからセティを探しにやって来たカリンの会話で、セティが王妃であり、(トラキアでは)病気で亡くなったということがわかる。セティ母親のフュリーが王妃であることから『トラキア776』ではフュリーとレヴィンとの結婚が確定している。


カップリングは成立できるか?


聖戦の系譜』のカップリングシステムの要は、隣接である。ユニット同士を隣のマスにおくと、それだけでカップル成立に一歩近づく。会話などでのブーストはあるものの、わずかな例外を除き、隣接によるポイント稼ぎはカップル成立に不可欠である。

しかし、フュリーの場合、意中の相手との隣接がなかなかできない。ユニットの項で述べたが、彼女のお仕事は単独で遠方の敵を倒すことであり、他のユニットと並べて運用することはできないのである。お仕事を終えてから隣接させようと思っても仕様上隣接して恋愛感情が上がるのはその章が開始してから50ターンの間と決められており、どうしても他のユニットべるとその隣接時間は短くなる。クリア評価Aをしてターンを短縮したい場合はさらにそれに拍がかかる。………遠距離恋愛が実りにくいのは現実世界と変わらないのがなんとも心苦しい仕様ではなかろうか。

さて、そんな彼女に与えられた救済こそ、キャラクターの項で書いたレヴィンとのカップリング一発成立の会話である。わずかな例外と言ったが、その例外こそがフュリーとレヴィンである。一発成立はこのカップルを除けば、イベント会話のシグルドディアドラにしか発生しない。


名前の由来についての謎


任天堂サイトにあるファイアーエムブレムミュージアム内で暗黒竜と光の剣から蒼炎の軌跡までの作品が解説されており、聖戦の系譜キャラクター紹介では各キャラクターりも表示されているので、そこから推測出来そうに思えるが……

フュリーのりは『FERRY』。英語での船のフェリーである……何故そこでフェリー???
初出はおそらくNTT出版から発売されていたトレーディングカードゲームに記載されていたものからで、FEスタッフがどれだけ責任を持って関与していたかは不明ではあるが、何はともあれ最新の公式情報としては『FERRY』とされている。
ひとまずフェリー問題は棚に上げてフュリーの由来を考えてみる。

いくら考えようが相は闇の中で、聖戦の系譜リメイク+海外でも……となったりした際にポロッと新しくりが設定し直される感もある。

ちなみに海外ファン聖戦の系譜を勝手に翻訳したもの(いわゆるファンサブ的なハックロムもしくはエミュレータ改造データ)では「Erin」とされている。ローマ神話フリアエの元であるギリシャ神話エリーニュス(Erinyes)からと考えられている。海外FEコミュニティを覗くとフュリーが「Erin」扱いされている場所もあり、なかなかに面い。


関連動画



■sm2485618[ニコ動]

■nm6569251[ニコ動]


関連静画


■im6172494(静画)


関連商品


■azB0045GB2OS
■azB000065V6S


関連コミュニティ


■co525


関連項目



最終更新日: 18/10/08 04:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ