ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


フライパン


ヨミ: フライパン
掲示板をミル!
19カキコ!

フライパン(frying pan)とは、フライや炒め物を調理する際に利用される径が大きく浅い片手である。

概要

他の較して、深さがないので容積は小さい。
一般的には"炒める"や"焼く"のに用いるが、餃子目玉焼きを調理する際にはフタも使って"蒸す"こともある。
たいていフタは使わないが、工夫次第で煮たり茹でたりも揚げたりも出来る万である。

パンパンでも食べられないパンってなーに?』というなぞなぞの解答の一つとしても有名。

フライパン選びのコツ

フライパン選びのポイント大きさ(重さ)材質の2つ。

大きさ

コンロ・IHクッキングヒーターの火力・加熱出来る範囲でフライパンの最大半径が決まる。小さなコンロに大きな直径のフライパンで料理をしても、フライパン全体が均一に温まらず、炒め物、焼き物料理が上手く行かない。加熱調理器具の大きさに合った大きさのフライパンを選ぼう。

又、大きくて重い金属製のフライパンを振り回すのも大変である。体格と体にあったサイズと重さのフライパン選びは大変重要である。

材質

フライパンの材質は・(フッ素脂系加工した)アルミニウムステンレスが一般的だがチタンなどの金属やホーロー・耐熱ガラスなども使われる。アルミの場合焦げ付きやすいのでテフロン加工されているものが人気である。ここではフライパンの材質として一般的な

  1. フロンなどのフッ素脂系加工したアルミ
  2. ステンレス

の3種類の材質の特徴と料理やコンロとの相性について見てみよう。

は油となじみやすいく、熱に強い。他方他の金属較して重い。また錆による腐食に弱い。使用後は気をよく拭いておかなければならない。ただし、焚きして高熱を加えることで錆(四三鉄)が表面に被膜(錆被膜)を形成、これによって腐食を防ぐことができる。使い込めば使い込むほど油と錆被膜が染んできて長期間使用が可である。

よって、強い火力で一気に炒める野菜等の炒め物料理や、最初に表面を強火で焼いて汁を封じ込めるステーキ等の焼き物料理では製のフライパンとガスコンロが使い勝手が良い。製フライパンは、高熱環境でも他の金属製のフライパンより長持ちがする。

逆にフライパンを焼きをして、錆皮膜を生成出来ない、IHクッキングヒーターと製フライパンは、組み合わせとしては良いとは言えない。錆皮膜を事前に生成加工済みの製フライパンが発売されてはいるが、焼きのお手入れが出来ない以上お薦めは出来ない。

フッ素脂系加工したアルミ製のフライパンは手入れが簡単である。丁寧に使えば油を敷かなくとも焦げ付くことはない。較して軽いというメリットもある。他方高熱に弱く、耐用年数が短い。製で必要だった焚きをフッ素脂加工したもので行うと、フッ素脂が変性してはがれやすくなる。さらに焚きを続けると異臭を伴うガス(有)が発生することもあるので注意が必要である。また摩擦にも弱いので研磨剤のあるクレンザーやだわし、金属製のヘラ等の使用は控えなければならない。一旦剥げてしまった脂は元には戻らない。専門の業者に委託して再加工してもらうことも可ではあるが、較的安価であるため再購入することが通常である。

よって、卵料理パンケーキの様な、強火を使わない料理は、軽くて洗浄の容易な、フッ素脂系加工のアルミ製フライパンが取り回しが良いと言える。特に卵料理パンケーキ専用のフライパンを通常料理のフライパン以外に用意しておくと便利である。またリゾット魚介ムニエルのように弱火で柔らかく火を通す料理にも有効である。

他方、チャーハンのように強火でいためる料理をつくる場合、気が残ってしまい、どうしてもべチャットした感じになってしまう難点がある。

ステンレスは保温性がよい。手順さえ踏めば蒸し焼きをしても製のように焦げ付くことはない。フッ素脂系加工のように寿命は短くない。錆びない。他方焦げ付き防止のための手順が若干煩雑である。手順とは1、フライパンを焚きし滴を落とした時が転がるくらいまで加熱する、2、まんべんなく油を敷いて火を止める、3、濡れ布巾の上において2分ほど放置し温度を均一にする、4、調理を始める、である。

錆被膜の形成が不要であるため、IHクッキングヒーターを使って料理する場合には使い勝手がよい。また高温による劣化を心配する必要はないのでステーキなどの調理も可である。

上述のように使用前の手順がやや煩雑であり、これをおろそかにすると以上に焦げ付きやすい材質である。手間を惜しまない人に向いているフライパンなのかもしれない。

フライパンでの調理のコツ

じっくり中低温の熱を加えるのではなく、強火で手く加熱する料理はフライパン一杯に食材を入れて加熱調理するのではなく、出来るだけフライパンの大きさを考慮して少なに食材を投入し、加熱調理すべきである。フライパン一杯に野菜を入れて野菜炒めとかお米を大量に入れてのピラフチャーハンとかは加熱が中途半端になり、分が大量に出たり、べとついてぱらぱらに仕上がらない原因となる。自分の料理の腕とコンロ・ヒーターの火力に合わせた食材の分量調節がフライパン料理勝利の鍵となる。

フライパンのお手入れ・収納

お手入れはどの材質も必要以上に洗い過ぎないことが大切である。の場合は錆被膜や染んだ油を落としてしまい錆びの原因になる。フッ素脂加工の場合は必要以上にごしごし洗うことでテフロンを傷つけてしまう。ステンレスの場合も油の膜を落としてしまい、次回使うときの焦げ付きの原因になる。

フライパンは面積が大きくかつ片手であるため、重ねづらくて収納に難がある。レストランなどではコンロの近くにぶら下げていることも多い。なお「取っ手のとれるティファール」でお染みのT-fal社から出てるフライパンはこの点を見事にしている。

ゲームでの役割

RPGアクションゲームで、装備品や状態異常(睡眠や混乱)からの回復アイテムとしてたびたび登場する。

武器としての強さはゲームによってまちまちで、初期装備の場合もあれば最強の装備という扱いの場合もある。
眠り状態から覚醒させる場合にはおたまセットになることしばしば。。
もちろん、生産スキル料理用の装備などとしてっ当な使用方法で登場することもある。

関連動画


■sm10918219[ニコ動]

■sm6598108[ニコ動]

関連商品

■azB000R8KIRA
■azB000X24SL2
■azB000LZK7DO
■azB0000DIJ12

関連コミュニティ

■co23976
■co358606

関連項目


最終更新日: 11/09/24 19:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ